2017.01.21

「翻訳できない世界のことば」を読みました。

翻訳できない世界のことばペンや手帳ネタ以外にも、時々「こんな本を読んでます」という感じで本の写真をSNS上に出すことがあるのですが
(「こんなおやつを食べてます」のほうが圧倒的に多いけど...)
最近上げた中で、思いのほか反応が大きかったのがこちら。

近所の書店で偶然手にした本ですが、面白かったです。
売場でどんどん読み進んでしまって、立ち読むのも疲れてきたのでそのまま買って帰ってきました。

翻訳できない世界のことば←Amazon

厚めの絵本のような体裁になっていて、見開きで1語づつが素敵なイラストと解説で飾られている(ので、どこから開いても楽しめる)内容です。
その国の文化や国民性ならではの、ある状態やものごとを表すことばがたくさん載っています。
(原語+読み方のカタカナも表示されてます。)

マレー語で「バナナを食べるときの所用時間」
フィンランド語で「トナカイが休憩なしで、疲れず移動できる距離」
なんてものを表現する単語があるなんて面白い!


上記のような豆知識系も楽しいのですが、どちらかといえば心情を示す言葉を中心に集められています。
おお、良いね!とふとしたときにページを開いてハッとすることが多いです。

曲名や商品名としてなんとなく耳にしたことがある言葉も多いです。
実はこんな深くて繊細な意味合いを持っていたのか...と感動したりも。
(逆に、これから何かに"お洒落な名前"をつけるための便利な辞典として、この本は使えるかもしれないですよ...)

私はSAUDADEという言葉が好きです。
若いときにはあまりわからず、今になって重さをしんしんと味わえる深みあり。
と、しばしぼぅっとページを見つめてしまいました...。

日本語でエントリーされているのは「木漏れ日」や「侘び寂び」「積ん読」等々です。
積ん読って日本独自だとは知りませんでした...。


「日本語ほど、ものごとを繊細かつ的確に表現できる言語は無い」
的な主張を見聞きすること、ありますよね。
四季があるからとか、文字の数が多いからとか。

しかし!
そういう感覚は奢りというものですよ。
実のところ、どの国の人も「自分の言葉が世界一美しい」と感じているはず。
言語として自分が一番理解している(=たくさん引き出しを持っている)から美しく使う方法も一番知っているわけです。

どの地域にも、古来からの歴史や生活を背景にして多彩な言葉が存在しているということに浪漫を感じます...


本書、
この言葉は日本語にも有るんじゃないかな?
こういうふうに翻訳できるんじゃないか?
と思われる表現もいくつかあったのは気になりましたが。
言葉の意味が"腑に落ちる感覚"もまた、読者個人の引き出しの数や人生(?)によって違うのかもね、と思い直しました。

大人になってから外国語を学ぶのはなかなか大変で、どんなに頑張ってもザバザバと記憶がこぼれ落ちていくことに唖然とします。
せめて日本語だけでも、読み書きを長く続けて引き出しが抜け落ちないようにしていきたいものです...

170120

[書籍・雑誌] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | ↑top

2017.01.19

折り畳み布巾ハンガーが便利です。

ひと月ほど前に購入したものですが、けっこう活躍しています。

161215

雑巾サイズの布を掛けるのに適した、スタンド式の干し台なのですが

・使わない時は畳んで薄〜くなる : どこかの隙間に収納しておける
・干し場所を簡単に移動できる : キッチン以外にも、浴室や陽当たりのよい窓際など
・見た目がお洒落、そこそこ重さもありしっかりとした材質

このあたりが良いなと感じているポイントです。

年末の拭き掃除中心の作業には、布類だけでなくゴム手袋やスポンジを置いて干す場所として重宝しました。

見た目は3種類あり、この全パーツ白色版にしたのはこれがAmazonで一番安かったからです...
黒ワイヤー版の他に折り畳み支柱部が木製+白ワイヤーのものもあり、かなり迷いました。
こういう単純なものこそ100均にある何かで代用できそうな予感はするのですが、まあこの使い勝手ならこの値段も仕方ないのかなという感じと見た目満足度はあり。

考慮点は、
ぺったり畳んだ状態でも巾が27センチ、高さが25センチほどあるので、届くと大きく感じると思います。
とはいえ、通常サイズのタオルを干せるほどの高さやひろげ巾はありません。
あと、頑丈な金属素材である分、重めです。
床置きなどした場合、小さいお子様のつまづきにはご注意ください。

山崎実業 折り畳み布巾ハンガー プレート ホワイト 7979

折り畳み布巾ハンガー←黒ワイヤや蝶番部が木製のものもあり。

大掃除シーズンが終わった現在は、窓の結露を拭いた吸水クロスを干す場所として日々稼働中です。
(普通のタオル類でも全く構わないのですが、効率を求めるならばカー用品売場にある洗車用のものが、いろいろ結露対策品を買った中では値段高めなほうなのですが、超オススメです!
水を吸ってどんどん重くなってきて絞るのも大変とのことなので、Sサイズのほうがいいです。

ちなみに上写真のものは、ドラッグストアのマツモトキヨシで2枚198円のマイクロファイバーぞうきんで、日常の拭きもの用。
クイックルワイパーの棒につけてモップ化できるのも便利です。)

加湿機をガンガン使うようになってから、毎朝の念入りなガラス+サッシ溝の拭き上げは、窓まわりのカビ防止に欠かせないと悟りました...。
春まで頑張らなければ。

[物欲&オススメ品 その3] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | ↑top

2017.01.11

フランクリン・プランナー用の赤革バインダーが届きました。

年末近い時期の入手でしたが、フランクリン・プランナー用のバインダーをひとつ新調しました。
1月始まりのリフィル(1日1ページ版)で現在快適に使用中です。

170111

今回は、昨年にノートカバーで注文したことがある楽天のブラン・クチュールでオーダーしました。
さまざまな要望に応えてくれる
(各社手帳やノートに合わせたサイズで相談に乗ってくれ、ポケットや栞や色違い革etc.のカスタマイズも多様に提案されているのでわかりやすい。)
割には価格もリーズナブルで、丈夫なヌメ革製なのが良くて。

下記の過去記事にて詳しく感想を書いているので、ご参考頂ければと思います。
納期は、下記ノートカバーの時は3-4日で届いてその素早さにけっこう驚いたのですが、手帳切り替えシーズンの現在はさすがに「3週間」となっています。

●関連過去記事:ノーブルノート用にB6革カバーを注文しました。

手作り革雑貨 ブラン・クチュール←楽天

フランクリン・プランナー用のコンパクトサイズリフィルの場合、システム手帳(バイブルサイズ)の「ワイド」という、いくらか横幅が大きめになっているバインダーがそれに該当します。

システム手帳 バイブル 革 19mmリング ワイド / フランクリンプランナー / 国産フルタンニンドレザー バイブルサイズ

これを、ずっと欲しいと思っていた「ベルト無し」のデザインへ変更してもらうことが出来ました!
(差額無しでやってもらえました。)
外出に持ち歩くこともなく主に机上で使い、本棚に立てたり他の手帳と一緒に積んだりする使い方が多いので、私はシステム手帳はベルト無し派になりつつあります。

170111

表紙の赤色は、上記過去記事で、茶色のノートカバー裏側用に控えめに使ってみたところ、予想外に深く大人っぽいボルドー赤だったので。
次に何かお願いする時は赤革メインで作ろう!と決意した非常に良い色なんです。
ということなので、この赤気に入りました。使うにつれてもっと濃く暗くなっていく予感もします。

リングサイズは19ミリのまま。
(これでもフランクリンのバインダーの割にはスリムに使えるので有り難いです。
 1日1ページ版で快適に使えそうなのは半年分+といったところでしょうか。
 レビュー欄を読んでみると、15ミリに変更している方も複数。
 純正バインダーは多くが25ミリ程度なので、薄く軽く使いたい気持ちはわかる〜)

ペンホルダーも元々の規格の伸縮式のものです。
(サイズ要望可能な件かとは思いますが、細身の多色ボールペンくらいなら入る程度には直径が引き出せます。
万年筆だと、146のキャップ部分も通せました。←革が厚いのでクリップに掛けず、写真のセルロイドキンギョと同じく内側へ回した状態で。)

別料金カスタマイズでお願いしたのは、内側の革を表紙とお揃いの赤でなく、ナチュラルというベージュ色のものに変更したことです。
ほぼ日手帳時代に使っていた赤革(Rosso)カバーと同じ配色になりました。
開いたときパッと明るくて、これがなかなか良いです。

170111

まだ元旦からの使用開始なので、新品そのもののピンとした硬い手触りですが、ほんのり柔らかい感じも表面にあってこれが楽しいです。
開き角度は、現在時点で完全水平とはいきませんが、近い角度まではいけてます。
そう遠くないうちにぺったりになりそうなので期待。
むしろ、革が厚く硬いので現在時点では、机に置くとちょっと半開きになってしまう...(上写真のように。)
まあこれも、ベルト無しデザインが新しい時にありがちな現象なので、革の馴れを楽しみに待ちたいと思います。

大型リングであるためか、かなりしっかりガチっ!と閉まるので若干怖いのですが....緩くて隙間が空いてるよりは安心感が違います(笑)
フランクリン・プランナー純正よりはいくらか巾も狭いので、無駄のないサイズであることも良いです。

あえて言っておきたいという点があるなら、ここの製品の場合、
縫い目ピッチが大きめかつ糸が太め、更にベージュ(濃いめの革色には限りなく白っぽく見える)糸で、これは何を選んでも共通の仕様です。
このあたりの雰囲気が好きかどうかで評価も違うかなという気がします。
(糸色が革に合わせて選べたりして、目立たないタイプを好む方もいると思うので...
今回内側を、元々の赤でなくベージュ色の革に変更したのもうひとつの理由は、裏側に見える糸目の存在感をやわらげるためだったりします。
わりと成功したように思いますよ!)

170111

以前から持っているオイルクロコのフランクリン純正バインダー(2007年購入なので現在廃番です)も、ここ数ヶ月に渡って書き散らしたシステム手帳リフィルをまとめて格納する場所として便利に使っています。
25ミリのサイズは、インデックスをつけて整理すれば、かなりの枚数放り込んで自前データベースとして管理できます。
ジャストリフィルや小型リングにこだわるのとは対極に、こういう分厚いのもいいんだよなあ。
と、再評価しているところです。

フランクリン・プランナーの使い勝手など、新しい手帳類の感想はまた別の更新に分けようと思います。

●過去記事:来年の1日1ページ手帳はフランクリン・プランナーでやってみます。

---

[文房具--手帳・ノート] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | ↑top

2016.12.31

今年もお世話になりました2016(能率手帳ゴールドの切替とおすすめのペンケースと1年の御礼)

そろそろ年も変わろうとしています。1年早いなあ。
わーどうしよう!

この一年、当ブログをお読み頂いた皆様に御礼申し上げます。
ここをきっかけにして、書籍掲載を初めとして今年も楽しいことがたくさんありました。

というわけで、明日から新しい手帳です。

お仕事の日程など新品のほうにも既に書き込みは始まっているのですが、本日までは16'年版メイン使いです。

●関連過去記事:能率手帳ゴールド、10年目が届きました。

けっこう育ちましたね。
下写真右側のくたびれた感じ(しかし決して破れたり擦り切れたりしない!)
どうもありがとう。

対して、新しい左側は金の鏡のように顔が写る美しさです。

161228

内ポケット装飾も、来年は下のような感じに。
17'年版は今回、表紙に名入れをしたのでイニシャルシールは貼りませんでした。
左側の半透明ポケットは、毎年グラシン紙を加工してくっつけています。
シール類はほとんどいつも「ミセス・グロスマン(Mrs. Grossman's Sticker)」のキラキラしたのが好きで、伊東屋の売場で入手しています。
ロールからちぎって少量安価から買えるのも良いのです。

161228

革の上にはまだまだ新品特有の赤っぽい色のツヤ(名付けて、焼き海苔光)があり。
使い出すといつのまにか消えてしまうんですよね...

161228

これ以外は、今まで綴じ手帳やノートにつけていた件を一斉にシステム手帳へ移行します。
今年思い切っていくつか新調した新しいバインダーのことなども、今後の更新にて感想を書いていく予定です。


下写真は、Instagramのほうにアップした今年1年のベスト9枚ということらしいです。
(ここで自動生成してくれます→2016bestnine - 2016年あなたのInstagramベスト9を作成しよう

手帳とかノートとか、見事にいつもの感じですね!
ちなみに右上のペンケースは、旅行前の準備文具ということで紹介した
リヒトラブ コンパクトペンケース スマートフィット アクタクト レッド(←Amazon)です。
4色あり、汚れにくく丈夫な素材。
「つくしペンケース」的なデザインで、とても使いやすいんです。
軽くて見た目もコンパクトな割に収容力があり(ペンだけでなくメモ用紙や定規/ハサミなども収まり)外出先でとても役立ちました。
今後も定番の旅荷物となりそうです。

※追記:スマートフォンも収納できます。iPhoneの6s+が入りましたよ。


161209


というわけで、沈みたての大晦日の夕陽。
どうぞ良い年をお迎え下さい。
14年目の当ブログを今後ともよろしくお願いいたします。

161231

[文房具--その他のモノ・本, 文房具--手帳・ノート] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | ↑top

2016.12.30

キャップレス デシモが10年ぶりに増えました。

年末、つい最近なのですがお歳暮のような感じで実家から(Amazon経由で)万年筆が送られてきました...。
秋以降ちょっと体調崩し気味だったのでこちら方面への物欲は後回しになっていただけに、嬉しかったよー!
デシモのEFです。

キャップレス デシモ | 製品情報 | PILOT

161230

キャップレスが増えるのは、実に10年ぶりなんですよ。
デシモのシャンパンピンク細字と、レギュラーサイズ軸の中字を2006年に買いました。
光陰矢のごとし!

その後の使用状況を思い起こすと、見かけは両方とても気に入っているけれど、デシモのほうが稼働率多め。
硬いペン先かつかなりの細字なので手帳などに使いやすいというのもあるし、重さも直径も私の好みに合っているんですよね。

手にとってすぐに書けるノック式であることを考えると、ササッと持ちやすい軽量細軸のほうが面倒くさがりの私には都合良し、で。

・・・しかしレギュラー軸は、その後に続々と限定品として発売の色軸や、マットブラック塗装や木軸etc.
どうしようかと今まで心が揺れまくってきたのは確か。
Instagramなど見ていると、今年にかけて「絣(かすり)」の模様軸を入手された方もフォロワーさんに多かったなあ。
あれも相当気になってました。


今回入手のデシモは、エラボーと同じタイプの赤軸なのかもしれないと気付いて以来、いつか欲しいと思ってました。
しかも、念願のEFペン先もあるし。
(エラボーの、キラリと光る奥行き感のあるメタリックレッド、とても気に入ってるんです。
 ●関連過去記事:パイロットのエラボー万年筆を使っています。

下の写真のとおり、形は全く違うけれど同じ赤軸!

161230

というわけで早速、年末の手帳へのこまごました書き込みに大活躍しています。
カチッとした硬めのペン先ということもあり限りなくボールペンぽい感覚で使えるのも、年の瀬のバタバタした机上で役立っています。

シャンパンピンクのほうには青カートリッジを入れているので、今回の赤には同梱の黒カートリッジをそのまま入れました。
これがちょうど、ゲルボールペンで使っているシグノの0.38と区別がつかないくらい同じ線幅。

細字を使っている時点で手帳用としては役立っていたので
「キャップレスにこれ以上細く書けるのは、もう要らないよな〜」と思っていたのですが。

EFの"針先"っぽさは、その極細線だけでなく、手に伝わる感触も独特で面白い!
(それに較べるとFのほうは、先が丸々して紙に「面」でくっついてくる感じ。けっこう違うのだ。)

とはいえペン先個体差や、入れるインクによって、見た目の線幅はけっこう変わってくるかと思います。
私の場合、そんなに変わった性質のインクも持ってないのですが、キャップレスの特殊な仕組みを考えると、サラリと流れやすいパイロット純正インクが(少なくともおろしたて新品な間は)馴らし用にベストな気がしています!

そのうち季節が進んだら、爽やか系の明るい色にも挑戦したいです...

161230

というわけで、いわゆる「忘年筆(その年最後に買う筆記具をこう言うらしいですよ!)」となった赤軸デシモ。

いつもなら当ブログ、買ってすぐでなく、「ある程度の月日で使い込んでから感想を書きたい」方針になりつつあるのですが。
これは即戦力かつ自分への年末年始景気づけとして、久し振りに新品のうちに記録です。
よし、これをお守りにして来年もこまごまと頑張りましょう。

----
パイロット 万年筆 キャップレスデシモ FCT-15SR-R-EF 極細字 レッド←Amazonではこちらです
----

[文房具--万年筆] | 固定リンク | コメント (5) | トラックバック (0) | ↑top

2016.12.28

ボールペン用に、硬筆用ソフト下敷きを使っています。

購入して3年以上になりますが、キーボード下に置ける小さめサイズの革製デスクマット、もうすっかり机上の景色として馴染みました。

●購入時の過去記事:革のデスクマットがお気に入りです。(100% Leather Desk Mat)

上記事にも書きましたが、スチール机なので作業中の手がヒンヤリして置き場が無い...という問題の解決にも大いに役立っているんですよ。

ペンの書き心地もなかなかのもので、便箋やシステム手帳リフィルを1枚置いて万年筆などを使うのはとても楽しいです。
フワフワ柔らかいというわけでもないのに、ペン先がきちんと止まるので、紙に支えられてしっかり書ける感じ。

と、ここまでは良かったんですが、問題なのはボールペンの使用。
ここ1,2年、ペラで置いた紙にこまごま書き込む事務仕事も増えてきた上、システム手帳リフィルに作っている絵日記も、ボールペン使うことが多め。
(いま一番ハマっていて何かと手にとることが多いのは0.38のシグノRT1なんですが、その他どんどん発売される各種ゲルボールペンを試すのは楽しいし...)

ボールペンは、万年筆と違って筆圧をグイッっとかけて書いたほうが気持ち良い気がするんですが、これをやると、あっという間に革の上が凹凸してきちゃうんですよね。
時間が経つとちょっと戻るのですが、それでもだいぶ貫禄がついてきてしまいました。

今のところ、ガタついて筆記に支障があるというほどでは無いんですが、凹みの中にホコリが入り込むとなかなか取れないということも、気になるように。

革が濃いめの焦げ茶なので、埃の白っぽい粒が目立つ時があるんですよね。
凹んだ谷の底にはまりこんでいるので、指で払ってもなかなか取れないんです。
これを掃除用に、柔らかめの古ハブラシに紐をつけて机の脇にぶら下げてます。
キーボードの隙間掃除にも使えるので便利...

161221

というわけで、「ボールペンの時専用」に購入してみたのがこれ。
柔らかい素材の透明な下敷きです。

ORIONS 硬筆用ソフト透明下敷 A4 NO.1204←Amazon

硬筆用の下敷きについては、素材や価格も検索してみるといろいろあることに初めて気が付きました。

(これらを使って絵を描くことも含めて)趣味や仕事に使う方も多いのか、非常に詳しいレビューの数々を読むことが出来たのは有り難かったです。

今回は購入しませんでしたが、素材の違うもうひとつのタイプの下敷き(A4判 ソフト下敷き(事務用) NO.1304)のほうに、筆記感や経年劣化具合などの使い較べレビューを長文でまとめた方がいて、これは大変参考になりました。
あちらのほうが柔らかで薄い感じなので、並行して使ってみようかしらとも思ったり。

今回購入品のものは、PVC:ポリ塩化ビニルで出来ており、無色透明です。
もしかして、テーブルに敷いてあるビニールマットと同じ素材じゃないか...と気付きました。
厚みも2mmあるので、がっしりと重めなのです。
(その分、動きにくいので安定します)
ノートのページの間に挟むというよりは、デスクマット的に机へ直で敷くのが適切な使い方でしょう。

書き味は、想像していたより少々硬いかも?と思いました。
ボールペンのペン先がぐっと沈む程にはソフト感はないのでむしろ疲れにくく、紙も凹みません。

革マットに較べるとペンの走りも滑らかで、いかにも"人工素材"的な感触もある。
革には敵わないなあやっぱり...とは思うのですが、理にかなった使いやすさが抜群です。

購入以来3ヶ月、特にボールペンの用事にはガシガシ使っているのですが、凹みや傷が全く付かない!
裏側のインクなどが転写されて部分的に汚れたときは、台所用洗剤とスポンジでサッと洗えばツルピカの新品同様に戻るのも気持ち良いですよ。

A4サイズなので、使わない時はどこかの隙間に仕舞っておけるのも便利です。

161221

というわけで、
「革のデスクマットは敷居が高い」
と感じている方にも、こういう数百円のものを一枚下に敷くだけでも作業効率や筆記の楽しさがグッと高まるのでオススメです。

[文房具--その他のモノ・本] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | ↑top

2016.12.24

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を観てきました。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー  オリジナル・サウンドトラック17日に行ってきました。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー←公式サイト

とても良かったです。

一応、予備知識として『「エピソード4/新たなる希望」の開始10分前までの話』というのだけ頭に入れて出掛けました。
スター・ウォーズそのものでなく「外伝」としての位置づけのようですが。
ここまで強力に本編を補強してくる話だとは!
エピソード4というのは、日本で78年に公開された1作目のことです。

うちには、だいぶ昔に買ったけど近年は全然見てないエピソード4-6のDVDボックスがありまして(夫が旧三部作のファンなのです)
帰宅後に早速EP4の上映会となりました。

ローグ・ワンの最後とEP4の冒頭、もう完全につながってました。
(頭の中でガッシャーン!と連結音が聴こえました)

EP4、最初のあの黄色い文字が流れていくオープニングクロールなんて、「ローグ・ワン」の中の社会事情をそのまんま解説してるじゃないですか。
もう40年前にネタバレしてたというね...
というか、あの筋書きを今回映画化したということなんだな。

「ローグ・ワン」での多大な辛苦や犠牲や達成を経た後に続いていくEP4は、私にはまるで違う重さのスター・ウォーズになってしまいました...
これまでずっと、デス・スターの意外な脆弱性にほんのり矛盾を感じていたのですが、ここまでが大変だったのよ〜と説得された気分。

予習としてEP4を見る必要はないんですが。
むしろその後につなげて見ると全編・後編的に壮大なスケールを味わえそうです。

アート・オブ・ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーという具合に、外伝ながらも本編との密接度が高いので、昔のスター・ウォーズのことを知らないとちょっと感想は違うかもしれません。
話自体は、「勝ち目のない闘いだけど、後世のためにとにかくやれるだけやる」的な悲惨さがあるし。
目的を遂げるために次々に倒れる仲間や、裂かれる親子、ロボットの人間への献身etc. わりとベタベタに「泣かせたい」路線を踏襲しすぎている感もある。

魅力的な登場人物ばかりですが、そういうストーリーなので...
私の場合は、何回も通って楽しく鑑賞したいというタイプのお話ではないかなあ。

特殊効果もとても良かったです。
今どきのハリウッドSF大作に通じるスーパーリアルな演出はほどほどに封印して、EP4への接続を考えてクラシックな感じにする工夫も感じたし。

フェリシティ・ジョーンズは、インフェルノでもヒロインだったし、現在旬の素敵な女優さんですね。
マッツ・ミケルセンがお父さんとして出演するとは知らなかったので、「おぉ」となりましたが、これがまた良い役なんですよね(涙)
座頭市を思わせる盲目のお坊さんの超人ぶりもなかなか...(そしてやはり涙)

そして今いちばん私が気になるのは、(元)帝国軍ドロイドのK-2SOです。
シュッとしててかっこいいけど、あの立ち位置は完全にタチコマです!
Amazonで検索するとフィギュアはいろいろあるみたいなのでどれにしようかなあと検討しているところですよ!

というわけで、なんだか久々に(ある意味)わかりやすくて、そのぶん心を動かされたスター・ウォーズを見ることが出来たなあ、と満足しています。

[映画・テレビ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0) | ↑top