2022.06.24

「トップガン マーヴェリック」を観てきました。

B09YS59HNG2週間ほど前に、2D吹き替え版で行ってきました。

映画『トップガン マーヴェリック』公式サイト

とても面白かったです。
空中戦シーンでは「これ以上画面が大きかったら酔うだろうな...」と思いましたが、IMAX版への未練が捨てきれません。
もう一回行くか...?

前作「トップガン」は実に36年も前だったのですね。
個人的には、公開後しばらくしてからTV放映で見たのが最初だったかも。
・・・な程度だったので、ストーリー含めて記憶が曖昧。
今回鑑賞の直前に、Amazonプライムビデオで予習しました。

場面の各所をあえて同じような効果で作っていたり、ちょっとした思い出や人間関係をきちんとつなげていることに驚いたので。
こまかい面白さを味わうためにも、後でもよいので「トップガン」を鑑賞することはおすすめです。

前作では、主要人物の皆がぴちぴちに若い!
(特にトム・クルーズなんて二十歳ぐらいにしか見えず。)
だから、若さならではの無理矢理行動で上官からいつも怒られてるとか、恋愛エピソードが前面に来てるなあという感じはあります。

今作になって、主人公が年齢を重ねたからこその渋みも出てきて
(でもやっぱり、相変わらず上官から怒られてはいるんだけど...)
人との関わり方が、より深くなった物語として楽しむことが出来ました。
今回出演がなかったメグ・ライアンやケリー・マクギリスの役柄、今、あの世界の中ではどんな人生なのかな...等と想像したり。

ジェニファー・コネリーは、大昔からいつも綺麗ですね。
今作の中では、かつての美少女っぽい雰囲気も出ていて素敵なのです。

そして最初にトップガンを見たとき、私はトムよりも、優等生キャラなヴァル・キルマー派だったな!
ということも思い出しました。
(彼の実生活での)声を失うほどの闘病は大変なものであったと想像します。
それを乗り越えての主人公との強い結びつき。
美しく描かれていて、とても感動しました。

というわけで人間だけでなく戦闘機も36年分の進化を遂げ、実写にこだわるからこその映像クオリティは本当にすごいのでした。

トム・クルーズの体力といえば、ミッション・インポッシブルの次回作の予告も流れたけど...
そこでも延々と全力疾走していていたなぁ。
彼が主役をする映画にほぼハズレ無し!
という個人的法則が再び更新されたのでした。

[映画・テレビ] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2022.06.11

極小のルーターを1週間使ってみたら快適でした。(BUFFALO WMR-433W2-TB)

先月末まで、1週間ほど入院してました。
(緊急に何かあったわけでなく、半年ぐらい前からうっすらと予告されていた手術をしました。退院後の経過は順調です)
準備にあたり、使いそうなので買ってみた:→実際、役に立った:ものなどを、今後の更新でいくつかご紹介していこうと思います。

入院中も欠かせないであろうと心配していたネット環境ですが、有線LANのポートがついている病室に入れることとなりひと安心。
これを無線化するルーターを探したら、なかなか良かったのでここに記録しておきます。

10年くらい前までの海外旅行でも、Wi-Fiが整っていない(あっても不安定で使いものにならず、有線で繋いだ方が速い)ホテルがまだ多かったので、コンセント直結型のAirMacExpressが重宝したよなあ...などと懐かしい思い出があり...。


というわけで、Amazonで「入院 Wi-Fi」なとといったワードを入れるといろいろ出てくる良い時代です。
旅行や出張などに持っていく小さなルーター、今はたくさんあるんですね!

購入したのは下記の機種。5色もある中からターコイズブルーを選びました。
赤と迷ったんだよなー

WMR-433W2-BK : Wi-Fiルーター : AirStation | バッファロー ←BuffaloのHP

220611

↓Amazonで買いました。どの色もだいたい2000円台で購入できます。
BUFFALO 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 433/150Mbps トラベルルーター ターコイズブルー WMR-433W2-TB【iPhone13メーカー動作確認済み】

BUFFALO WMR-433W2

届いて開封すると驚愕の小ささ!
Amazonの製品画像がやたら大きいので...よくあるポータブルHDD的な規模を予想していたら、指先でつまめる切手みたいなサイズだったのです。
45mm四方とのこと。
重さも19g(って、プラスチック万年筆並み)だって...

さらに、LANケーブル(50㎝)・給電用のUSBケーブル(USB A to Micro Bの25㎝)と、携帯用の巾着袋もついているという親切さがとても有り難い。
※USB電源アダプターはついてません。昔iPhoneに同梱されていた5Vのを持っていったら問題なく使えました。


220611

ビジネスホテルとは違うので...LANポートとコンセントとの微妙な距離感があったものの設置に成功。

接続は特に難しいことはありません。
同梱のカードに書いてあるSSIDを選択し、これもカードに併記されている数字のパスワードを打ち込むだけです。
こんなに小さくてまともに動くのかと心配になっていましたが、1週間つなぎっぱなしでも全く落ちることなく、触ってもほんのり温かい程度。
iPadでのNetflixやYouTubeなどの動画視聴も非常に快適でした。

このルーター、2.4GHz帯と5GHzを手動スイッチで切り替える仕様になっています。
(出張用程度の使い方でそこに不便を感じる人はほぼいないと思うのですが、私の環境の場合KindleOasisは2.4でしか使えないことに気付きました。
クラウド同期したければ切り替える必要が。...入院中にやる余裕なし。

耐久性はどうなんだろうと思っていましたが、このサイズと軽さゆえに自室ルーターとして常設している方も(Amazonのレビューで見る限りでは)少なくないようです。
※「PPPoEによるユーザー認証が必要なプロバイダーをお使いの場合、ルーターとしてはご利用いただけません」
とあるのでご注意ください。

入院は二度とやりたくないですが...
全くかさばらない重さと大きさだし、いろんな場面で使えそう(少なくとも、うちのルーターが壊れたら一時的な予備機として活躍しそう...)な予感もあり、持っていて損はないであろうという機器になりました。

[物欲&オススメ品 その3] | 固定リンク | コメント (2) | ↑top

2022.05.18

ScanSnapを10年ぶりに買い替えました(iX1600)

夫が専門書などの昔からもっている本を大量に整理したいとのことで、ScanSnapを十年ぶりに買い替えることとなりました。
基本、電子書籍に存在するならそちらに買い直してもいるようで、同時進行で廃品回収に出す山を片付けている真っ最中です。

紙本から電子版への変更は、省スペース化という目的もありますが、画面で「拡大して読める」ことが嬉しいとのこと。
(それは私も同感・・・これがKindle化されているか? は重要な購買動機になってしまうなー)

ここ数年で、紙と電子の同時発売が増えてきた感はあります。
しかし頑なに紙のままの書籍もあり、PDF化:いわゆる「自炊」:しておきたい本はまだまだあるとのこと。

それならばと最新のScanSnapの機能を調べてみると、今はすごいんですね。
当たり前にワイヤレス...!

フラッグシップモデル ScanSnap iX1600 | スキャナーならScanSnap | 富士通(Fujitsu Japan)

各クラウドサービスやタブレットにも取り込めるようになっているし、上位機種になるとタッチパネルで操作設定出来るのがとても便利!
ひとむかし前の機種(S1500 を持ってました)で煩わしかったあれこれが解決されていそうなので、本体白色のほうを購入してみました。
B08R8YQY17
富士通 PFU ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600 (ホワイト/両面読取/ADF/4.3インチタッチパネル/Wi-Fi対応) ←Amazon

試運転ということで、私の文庫本を電子化してみましたが、読み取りスピードは笑っちゃうほど速いです。
文庫サイズを白黒両面モードでスタートすると、重力でザーーっと紙が流れる落ちるのとほぼ同じ速さで通り過ぎていって、分厚い本があっという間にPDFに。
(重なりの検知も正確かつ素早い!)

220518

この機種はそこそこ大きめで、筐体サイズは10年前購入のS1500とほとんど変わってません。
しかしそれでも、USBケーブルから解放されて好きなところに置いて作業出来るのは とても有り難い!

ちなみに2014年、下記でレビューした裁断機はクローゼットの中でドッシリと存在感を放ついっぽうで近年はほとんど触ってませんでしたが。
ここにきてやっぱり大活躍中です。
高かったからな!

●過去記事:本の電子化用に、とうとう裁断機を買いました。

数百ページの書籍が、ケーキのごとく美しい断面で(力をかけた一瞬でサックリと!)切れるのは快感...
読み取り機械が進化しまくった今、裁断効率こそが自炊の質を左右するのではないでしょうか!←力説

220518

ScanSnapにはもちろん、もっと手軽でコンパクトな機種もありますから購入時はかなり迷いました。
本の電子化なんて、今後どんどんやらなくなっていく気もするし...

ちなみに、書籍と言えるほどでもない数ページのパンフレットや、1枚ペラの書類や名刺等々のスキャンをしたい用事のほうは結構あります。
そんな時、うちはEvernote Scannableという無料のiOSアプリをiPadやiPhoneに入れてスキャンしてます。

画像スキャナアプリ - モバイル端末から簡単にスキャン、保存、共有

Evernote Scannable クイックスタートガイド – Evernote ヘルプ&参考情報

多少曲がっていたり角度が浅かったりの適当な置き方をしても、自動で探し当ててきちんと解析し、スキャナに入れて読み取ったかのように真っ直ぐな角度で電子化(画像またはPDFの形式を選べます)される機能はすごい。
その名の通りEvernoteへの直送ボタンは便利なので、(毎年Evernoteに課金している私は)重宝していますが。
普通に共有機能でどこにでも飛ばせますし、端末内カメラロールに溜めていくことも可能なので、iOS端末をお持ちなら誰にでもおすすめな感じです。

[電子書籍のこまごま] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2022.05.16

「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」を観てきました。

B09WDZQP4D公開から日にちが経ってしまいましたが、6日に行ってきました。

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』オフィシャルサイト

前作(ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生)の展開が暗くて悲しいものだったので、今度もそんな感じなのか?
...と考えているうちに5月になってしまったのでした。
結論から言えば「面白かった!もっと素早く観に行けばよかった!」であります。
それは、前作の暗い謎が回収されて安堵したり 落胆しても腑に落ちたりという件がいくつかあって、わりとスッキリしたからじゃないかな...

グリンデルバルド役をジョニー・デップが降板してマッツ・ミケルセンになったニュースは当時けっこう衝撃でした。
正直なところファンなので嬉しかったんですが、この2人は全然違う感じなのでは?という思いも有りで。

どちらが良いとかはこの際言いませんが、マッツ・ミケルセンの過去作で見てきた「狂ってるのが当たり前なのでよろしく」みたいな怖さ
(静かにとつぜんグサグサ刺す感じ... それでもって、特定の人との結びつきが心の支えでもあり大きな傷でもある...みたいな影!)
は、ここでも遺憾なく発揮されていました。

ファンタスティックビーストのシリーズが好きな客層に合っている人選なのかは別として、わたし的にはマッツ氏のグリンデルバルドが神々しかったです。
ダンブルドア役のジュード・ロウとのコンビも最強。
次作もこの感じなら絶対公開初日に行くわ...と、うっとりしてシネコンを後にしたのでした。
ジョニー・デップのファンの方、すいません

相変わらずスローモーションで光りものを追いかけるニフラーの場面や、かわいいピケットも出てきますが。
今回の魔法動物、新顔の一匹はキリンです。
(日本的に言うと、ビールの缶に描いてあるほうの麒麟。でも綴りはqilinなのね...)
あんなに可愛いのに意外と関連グッズが無いのが不思議です。

というわけで、NetflixやAmazonプライムで配信している第1作から再度鑑賞をしつつ、次回作を楽しみにしたいと思います。

[映画・テレビ] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2022.04.27

セーラー万年筆「ブラックラスター」を使い始めました。

今年のはじめに購入した万年筆です。
2022年、まだこれ1本しか買ってない奇跡...
SNS上で良い感じの投稿を見かけていたことと、何故かAmazonが繰り返しおすすめしてくる(!)アイテムだったので、以前から検討を重ねていました。

セーラー万年筆に関しては、あくまでも個人的好みの要因で「買うなら21Kペン先の製品で」となんとなく決めて、その内でいくつか持っているのですが。

●過去記事:
「プロフィット21」が届きました。
↑ 今の季節にピッタリな「藤姿」のカートリッジ入れて現役使用中です。実用系パープルインク!

ペンクリニックで買ってきました。 ←当時、マルン軸でEFの製品は無かったのだと思います。
これに入れるなら川口さんおすすめの純正ブルーブラックしかないよな〜という考えがあり、最近カートリッジポチったばかり。そろそろ使用再開かと。

その代表格である「プロフィット21」と「プロフェッショナルギア」だと、バランスや手への収まりなど使いやすい!と感じるのは前者、見た目だと後者を選びたくなるかなあ。
シュッとして、とても美しいかたちのペン先だと思います。
しかし、両軸とも非常に軽いです。
特に私はキャップを後ろにつけない派なので...。

220427

そこへこの「ブラックラスター」、首軸(セーラー社的にパーツ名を言うと 大先)が金属製になっていて重りの役目を果たしているとのこと。
軸が前方重心にもなり、疲れにくさや書き心地の良さを更に加速しているとの評判がとても気になって。

プロフィット ブラックラスター万年筆 | セーラー万年筆 ←セーラー万年筆サイトの製品紹介

実物を見てみると、予想した以上にツヤッツヤでガンメタリック的な光沢感。
ペン先だけでなく、キャップリングなど含む金属パーツにもブラックIP塗装というめっきが施されているので、樹脂部分と一体化した黒の格好良さが際立ちます。

ラミーsafariなどで黒めっきペン先の所有満足感は体験済みですが。
やはりセーラーの21kシリーズのサイズと形状でもって黒めっきだと、もっとカッコいいです。
軸を持った指先が白く綺麗に見えるという情報も加えておきましょう。

字幅は、超スタンダードに細字を選びました。
(このようなペンでこまかくぎっしり書き込みたい..という欲もあったので極細と最後まで迷った)

Amazon買いですが、書き味滑らかでとても良い個体でした。
硬めではありますけれど、細字なりに紙へ接する「面」の吸い付きが感じられるクリーミーさ。素晴らしい。

プロフィット21より5g重くなった原因である金属製首軸ですが、このおかげでキャップ無しで使う派の私の手には格段に安定して本当に書きやすい!
まぁ 総金属軸ではないので「ズッシリ」というほどの重量感ではないんですよ。
しかし、疲れにくいままにどんどん書けてしまう加速をつけるなら、これくらいがちょうど良いんだろうな〜という絶妙な感じはあります。
かつてペンクリニックで川口さんに、「自重だけでインク出ないとダメなんですよ」と何度も言われたものです。
親指と人差し指の間にペンを立て掛け、ススーと紙の上を滑らせると、この軸ではもう当たり前のようにしっかりと濃い線が出てきますから。

後ろからグッと押してくれるような前重心は正直、もしかしたらこういうの好き嫌い分かれるかもね...と思われるほど極端です。
「気がついたらノート1ページ埋まってた」などという現象、このペンなら絶対にあると思うのです。
全く知らない世界ではありますが、大量に手書きするという司法試験用におすすめされるのはそのせいなのでしょう。
私の場合、サッと書き上げたい日記帳用にはちょっと線巾細いかな?と思いつつ使い始めるのですが、いつのまにか終わっている不思議ペン。
「匂菫」のカートリッジを入れたばかりなのに、使用頻度高くてもうインク切れしそう...。
この記事の写真を撮った頃は「蒼天」だったなあ。
これもお気に入りブルー。

そうですね、あえて難点を述べるとすれば「指先が冷えるので冬に向いてない(※個人の体質です)」かな〜!
金属の首軸が結構ヒンヤリするので、そのような感じが苦手な人は冬期使用はつらいかもしれない。
年明けに買ったにもかかわらず、3月位からやっとエンジンかかった感じでこのペンの書き良さに開眼しました。
この春、皆さまにも広くお勧めしたい実用万年筆と言えます。

○Amazonで買いました
セーラー万年筆 万年筆 プロフィット ブラックラスター 細字 11-3048-220

その他に極細と中字があります
セーラー万年筆 ブラックラスター
---

[文房具--万年筆] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2022.04.19

マンガベのシルバーフォックスを育て始めました。

昨年の春にPWが募集した、ラグランジアブライダルシャワーという新種のアジサイの育成モニターに選ばれた話はここにも書きました。

●過去記事:
ラグランジア ブライダルシャワーを初めて育てたまとめ記録(3-6月)

園芸活動専用のシステム手帳を作っています。(ファイロファックス ヘリテージ)

InstagramやGreenSnapなどのSNSを通じて定期的にアンバサダー募集がされているようなので、今年もダメ元で別部門に応募してみたところ。
なんと、当たった...!
私が選んだのはマンガベ部門のシルバーフォックスという品種。

220412

マンガベ | PW ガーデニング|園芸|花苗|低木|多肉植物|花|植物 PROVEN WINNERS プルーブンウィナーズ

マンガベは上記のページに解説されているように、アガベとマンフレダを掛け合わせた植物です。
PWから出ているこれら6種類以外にも、さまざまな品種が存在しています。
日本でも、昨今の多肉植物(特にアガベの)人気と共に認知度が上がってきている感じかな?

実はここ1年ほどで私のなかでも多肉植物ブームが発生し、じわじわと所有数が増えているのです...
マンガベ自体は未経験ですが その「親」であるアガベは、ごく小さいのを(形の整った人気品種は万年筆みたいな値段がついてるので!)いくつか楽しく育てているのですよ。※記事の終わりに画像載せました

シルバーフォックスは、アガベ側の血が濃い姿(肉厚で、いかつい感じ。マンフレダ特有の斑点も薄くて細かい...)をしているので、以前からカッコいいなと思っていたのでした。
葉の紫がかった銀色は、他の小さな多肉植物のように季節特有なのか、または小さいうちだけなのか...
そういうのも全くわからないので、今後検証していきたいと思います。

近所のホームセンターでも少量の取り扱いはあるんです。
しかし置き場所の気温が低すぎるのか、傷んだバナナみたいになっている株ばかりで。
今回、初めて「ちゃんとした形」のシルバーフォックスの現物を見ることが出来て、ぜんぜん違う...と感激しました。

220412


届いた時点では3号くらいのポットに入っていたので、まずは5号鉢に植え込むことに。
張り切って、ちょっとカッコいい(そして、プラ鉢の割にちょっとお高い...)鉢をホームセンターで買ってきたのでした。

リッチェル Richell ボタニー ラウンドポット 15型 ブルー 171614←Amazon

220412

ストーン素材っぽい見た目と厚みに反して、軽くて割れることもなくとても扱いやすいので。
私はボタニー鉢のシリーズをいろいろ持ってるのです。
(とっておきの植物はこれに植えたい気分)

『マンションベランダなので、そこそこコンパクトめに育て、締まった株姿を維持する方針で考えています』
なーんて今回の応募要項へ正直に書いてしまいました。
「大きく元気に育てる」が特長の品種が多いPWに向かってそんなことを...!

220412

そういう計画なので、大きい鉢には植えないし、草花向け培養土でなくアガベ等で使用中の水はけ重視の粒状土を選びました。
元々入っていたビニールポットの培養土はミニ熊手で全部落として、みっしりな根っこをほぐしてから植え込みましたよ。

でも、昨年のラグランジアも1年でだいぶ巨大化しちゃったし、多肉も単鉢で成長させるのが好きだったりします。
そういう育て癖(?)があるので、さてどうなるかなぁ。

220414

去年は「枯らしたら申し訳ない」という過剰な責任感でラグランジアを育てていたので肩に力が入っちゃって、疲れてたときもありました。
私にとって多肉方面は1年かそこらしか経験していないので...まだまだわからないことだらけ。
完全に初心者と開き直って、試行錯誤を楽しもうかと思っています。
枯れたらスイマセンの精神で...。
梅雨が最初の関門かなあ。


以下は、去年から育てているうちのアガベ達。
春になってから、ちょっと大きくなってきたなぁ。

↓ ガルシア・メンドーサ
220418

↓ 笹の雪
220414

↓ 王妃雷神錦
220418

↓ チタノタ・ブルー(とてもちっちゃい仔苗です)
220406

そして2年目を迎えた(落葉した冬の間に植え替えをした)ラグランジアブライダルシャワー、最初の花らしきものが出現しました。
楽しみ!

220414

[ベランダ園芸のこまごま] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2022.03.30

おおきいひきだしポーチ(ウクライナの花)をスクラップ手帖用に使い始めました。

先日、「おおきいひきだしポーチ」を購入しました。
"ウクライナの花" の刺繍が入ったデザインのもので、とても素敵です。

220330


ひきだしポーチの1個目は、2019年の「生活のたのしみ展」で「姉」サイズのを購入しました。
見た目も使い勝手も非常に気に入っていて、現在も愛用中なんです。

●関連過去記事:「生活のたのしみ展」に行ってきました 2019

今回購入のポーチ、「おおきい」とはありますが、A5くらいまでのタブレットがぴったり入る程度。
バッグインバッグとしてじゅうぶん使えるサイズ感と言えます。

おおきいひきだしポーチ - ひきだしポーチ - ほぼ日手帳

内ポケットはこまかくびっしりとついていて、いろんな使い方が出来そうです。
(ただ、厚いマチがついているわけではないので、上の公式ページで紹介されているようにぎっしりと小物を詰め込むとファスナーが閉まらないはず...!)


220330


私の今のところの使い方は「スクラップ(貼りもの手帳)材料の放り込み場所」として。

切りぬき紙片なんて、普通にクリアフォルダに溜めておけば良い話ではありますが。
ひきだしポーチの膨大なポケット数と見た目の可愛さで、これがいつも視界に入ったら楽しそうじゃないかしら。
(そんな感じで現在、机まわり環境のリニューアルを進めてます。)

「ウクライナの花」は麻布の上に刺繍されています。
この布地はネットの画像でイメージしていたより凹凸もワイルドで、麻特有のポコポコした繊維感が個性的です。
色味も(カフェオレ寄りに)濃いめに感じました。
そこへ、糸の高さもじゅうぶんにみっしりとした密度で刺繍が入っていて、一気に可愛くなる感じ!

ファスナーの引き手についている紺色のタッセル、これもオシャレなのですよ。
色違いで使用した経験で言うと、紐が華奢なのでバッグインバッグ的に使うと早々に行方不明になりやすいんですが...。

この「ウクライナの花」は、ほぼ日手帳のカバーとして2003年に登場し、現在までに復刻を繰り返して販売されてきた人気のデザインです。
(革カバー大好きな私としては、布地系はノーマークだったのが悔やまれるところ。
またいつか手帳カバーで出てくれないかしら)

特に今シーズンは、ひきだしポーチのシリーズに展開されているので、使ってみたい欲が高まっているのです。
トートバッグなんかもすごく可愛いじゃないですか!
再販こないかな...!

ひきだしポーチ - ほぼ日手帳


また今回
「ウクライナの花」の売上の一部を国連UNHCR協会を通じてUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に寄付することにいたしました。
という言葉が添えてありました。
連日の戦禍のニュースで知ることになった街の名前も多くて。
この景色がまた元のように美しく賑わうことを祈りたいですね。


ひとつ前の投稿で、ベランダ園芸のいろいろをまとめる紙面をご紹介しました。
それとは別に、日常の買い物や出来事に関するスクラップも月に何度か作ってInstagramに投稿してるんです。
書いたり描いたりをみっちりやるよりラクに作れるし、隙間に文字書いて万年筆も堪能できる良い機会。
貼り込む紙片(包装紙や販売シールも多い..)も生活のなかでちょいちょいつまみ出しては、ひきだしポーチの中にザックリと分類しつつ放り込んでいます。
楽しい!

●過去記事:「たのしみノートのつくりかた」を読みました。

下に掲載の画像は最近の5回分です。
自分にプレッシャーをかけたくないので、「だいたい週1ぐらいのペースが上等」という感じでノンビリ作ってます。

220330


220330


220330


220330


220330

| 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2022.03.17

システム手帳に作ったベランダ園芸まとめリフィル、1年分を載せてみました。

以前「システム手帳STYLE」にちょこっと載せて頂きましたが、システム手帳に記録する園芸活動は現在も継続中です。

●過去記事:「システム手帳STYLE VOL.6」に園芸手帳が載りました。

今年からは普通の手帳やノートでも構わないかな?と思ったこともありますが。
相性のよい記録フォーマットをメーカーの壁を越えて無駄なく組み合わせたり、好きな期間で区切って束ねられる自由度の高さがなかなか良いのです。
(今年も、毎日のお世話メモはBindexの週間。
それを見開き月間で俯瞰できるよう転記したり次年度への伝言を書いておくリフィルはKnoxの月間ブロックインデックス付 で進行中。
園芸店での買い物レシートは、今までの使い損じリフィルに貼り付けて、セリアで買い溜めした紙製バインダーにスクラップしています。
マメだなあ私。)

そのほかに月1ペース程度で、ベランダ内の植物構成を記録しておきたくて、園芸アルバム のようなものを写真入りで作っています。
記述は私にしかわからないような内容が多いですが、毎月刻々とその季節らしい植物が旺盛になり、花も咲き、の移り変わりを眺めるのがとても楽しいです。

↓ つい最近つくった2-3月号 (多肉植物にややハマりつつある...)
2202 03


↓ 1月号 (冬越しした2年目のマーガレットが巨大化して満開に)
2201


↓ 2021年12月号(半額セールで大量購入した球根を植えまくった月)
2112


↓ 2021年11月号 (夏の花がまだまだ余裕で咲いてる)
2111


↓ 2021年10月号 (ペチュニアがものすごい勢いで咲いてる)
2110


↓ 2021年9月号 (コメリの折りたたみ式鉢台の便利さに気付いた月)
2109


↓ 2021年8月号 (大きく育って咲いたラグランジアブライダルシャワー、翌3月現在は続々と新芽展開中)
2108


↓ 2021年7月号 (梅雨シーズンの、株元カビに悩まされている)
2107


↓ 2021年6月号 (梅雨入りは6/14。ハサミ大好きゆえに切り戻しをやりすぎ、いくつかの鉢が星になった)
2106


↓ 2021年5月号 (カーネーションやナデシコが好きなので、母の日シーズンは嬉しい)
2105


↓ 2021年4月号 (アンジェリケという可愛い薄ピンクのチューリップ、2022年はプランターいっぱいに植えたよ)
2104


↓ 2021年3月号 (1年前の植物の数がずいぶんスッキリで、水やりもしやすそうなことに驚き...。)
2103


このように眺めていると
「植物の数が今はずいぶん増えて、一年前とはベランダの密度が違う..」
「それなりに蘊蓄がたまったせいか、すぐ枯らしていたあの植物が長生きしてる..」
等、季節感以外に(自己満足で)わかることもあります。

今まで成功したことが無かったのですが、ももいろハートやいちごシェイク:サントリーフラワーズのペチュニア:、そしてマーガレット:これもサントリーフラワーズのボンザマーガレット:が冬を越して2年目の春を迎えようとしています。
普通ならちいさなポット苗を店で買い集めるシーズンに入りましたが。
冬越しを成功すると大株から咲く花を春から楽しむことが出来るので、育てるのがとてもラクです。

●過去記事:11月の園芸話(ペチュニアの花は ほぼ終了) ←ここに写っているペチュニアは酷寒な季節を乗り越えて、ちょうどいま2022年最初の花がポンポンと咲き始めています。

下の写真はサントリーフラワーズの「ももいろハート」というサフィニア。
大鉢に植え替えたばかりですが、いい感じに可愛く開花が始まりました!
220317

園芸は基本、孤独に進めていく趣味ではありますが、SNSやYouTubeといった場所に助けられています。
コロナ禍関係なく、同好の方々の育成状況を見て勉強させてもらったりコメント欄で交流も出来るのが現代のいいところ。
文具だけでなく植物のお友だちもたくさん出来たらいいな...

YouTubeの「カーメン君 ガーデンチャンネル」のメンバーシップ会員(月980円)になってもう1年くらいになるかも。
毎週ライブ配信をやっていて、Instagramでの投稿もとりあげて感想やら助言をもらったりetc.も出来るのですよ。
ゴハンどきとかぶるので、全部通してリアルタイム参加したことはほとんど無いのですが、とても楽しく勉強になる世界です。
「カーメン君」ガーデンチャンネル - YouTube


園芸はまだまだ未知なことが多く、初心者ですからと開き直りつついろいろと調べては試すのが楽しいです。
私にとっては唯一のアウトドア活動とも言えるし、運動能力維持にも貢献してくれるから、長く続けられたらいいなあ。

そしてこのようにコマゴマと手帳を作ることは、
文具(ペンや手帳)をじっくり使って楽しむ欲も満たされる絶好の機会。
植物を育てることと同等に真剣に取り組みたいです。

[文房具--手帳・ノートベランダ園芸のこまごま] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2022.02.24

4月始まりのWEEKS、今年はエバーグリーン革を使います。

あっという間に今月も終わっていくと同時に、4月始まり手帳ユーザーの皆さんにとっては切替のシーズンに入りました。
ほぼ日WEEKS 4月始まりの場合、2/28の週からが新しいページなのです。
もちろん、ギリギリ3月いっぱい現在の手帳を使って その名の通り4月はじまりで新調するのも有り(というかそれが普通か...?)なので、新品の手帳を前に悩むところかもしれませんね。

現在はワインレッド革のWeeksが終盤に入っているところですが

●過去記事:ウォーターマン カレンについての感想1年目 + ほぼ日手帳をワインレッド革で使い始めました。

220224

次からは同じくほぼ日Weeksのエバーグリーン革で更新していくことに決めました。
さんざん悩んで結局ここに帰ってきたという感じですが、2022年もとてもすてきな革色でお気に入り!

革装のファインクラシックシリーズは、Weeksの商品群の中では値段もハイエンドになるので...だいぶ勇気が要りました。
価値に見合うような使い方したかなぁという反省点、毎回あります。

ファインクラシック / エバーグリーン [weeks] - 手帳ラインナップ - ほぼ日手帳 2022 ← ほぼ日サイト内での製品詳細ページ

エバーグリーンの暗めで濃い緑...私の場合、万年筆インクではいつもこういう色を買ってしまう癖があるので(笑)非常に既視感があります。
ベランダ園芸に励む立場として、今年の気分にピッタリでは? と嬉しくなったのでした。

220224

質感ですが、ワインレッド革のほうは指で押すと僅かにフンワリするのですが、エバーグリーンはけっこうピシッと薄い革で覆っている感じ。
浅くこまかいシボ感はあるけど、ツヤっとした光沢があるんです。
「2022」と押された箔の金色が映えて上品です。

毎回言ってますが、私の場合、革装丁手帳のいいところをリスト化した末尾はかならず「革カバーに悩まなくて済むし」になるんですよね。
純正の透明ビニール製にするという選択肢もありますが、革の本格的なものをどこかで探すかをさんざん調べ、検討しまくるあのエネルギーが節約(というか、先送り)できます。

先に書いたとおり、2/28の新しいページから使ってしまおうかな。
今年に入ってから主に体調管理で躓いてしまったから、気分を一新したいのです。
おそらく今まで通りに、主に週ごとのToDo + やり終わった事項の整理などで毎週のページを埋めていくのだと思います。
淡々と地味だけど、それがいちばん必要な書き方だからな。

Amazon | ほぼ日手帳 2022 weeksファインクラシック/エバーグリーン 4月始まり 週間手帳 ←Amazonではこちらです

220224

もちろん、ワインレッド版の空きページも生かしたいので、しばらくは手の届くところに保管します。
(特に後ろのメモページは75ページ中で20ページしか消費出来ませんでしたから、このあたりも毎度の反省点)
いまだに2018年の茶革の空きページに未練たらたらで、何か書き付けて消化している状態なので、ワインレッド革もそうなるでしょう。 無駄にはしませんよ!

というか、もう来週で2月が終わるなんて。
春がもうすぐですね。

●2018年の茶革weeksを買ったときの過去記事:
4月始まりの手帳をようやく購入しました(ほぼ日WEEKSエスプレッソ革)

220224

[文房具--手帳・ノート] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2022.01.28

「ミドリ70周年限定 MDブロックメモ 3種入」を使い始めました。

すてきな文具・紙ものアイテムでお馴染みのミドリさん、70周年だそうです。

ミドリ70周年スペシャルサイト

限定の記念商品もたくさん出ていまして
70周年を記念した限定アイテムセット | ミドリ70周年スペシャルサイト

そのなかで、心惹かれたもののひとつをAmazonで買ってみました。

ミドリ メモ MDブロックメモ 3種入 ミドリ70周年限定 11816006


220128

10センチ四方の無地・横罫・方眼のMD用紙がそれぞれ500枚づつのメモ用紙なのです!
天糊加工でペリッと剥がすようになっているもので、この500枚ブロックのまとまり感、ほぼ「豆腐」です。
(トーフ呼びはSNS上で何人か見かけて、ホホウ...と納得)

MD用紙は付箋などの形式で持っていますが、ノートとしては近年出番がありませんでした。
「あぁ良いなあ」と、ペン先から実感できる、しっかりと目が詰まった紙。
目にやさしい淡クリーム色も好きです。

今なら500枚綴りで傍らにある!
という"紙束所有満足感"がたまりませんね。

10センチ四方ですとA6サイズのノートや手帳に貼り込んだりするには、数ミリの余白を取って非常に都合良く収まってくれます。
(バイブルのリフィルだと、インデックスとして使えそうなはみ出し具合...まぁ切ってもいいですけど。)


220128

○○用 と使いみちを決め込み過ぎず、なんとなくでも「ちょっと書き付けておきたい」と思った時に気軽に消費していくことにします。

この、幅10センチの紙片をカード的に管理するならば...と手持ちの箱類などをみていたのですが、良いものを見つけました。
無印良品に立ち寄ったときに買っておいた、透明アクリルの仕切りスタンドです。
とても小さなもので、お値段も250円。
(100均に売っているようなものとは違い、きちんとした厚みと透明度があります。
無印のアクリル収納のコーナーはみていて飽きない...)

220128

仕切りは3つあります。
横幅を遮る壁はついてないので、厚み15ミリ以内に収まるものなら何でも立てられるんです。
透明アクリルですから、中身も丸見え。
買った直後は、iPhoneや能率手帳ゴールドなどを立てていたのですよ。
写真のように、メモ用紙を蓄積しておく場所にしても面白いと気付き、今はとりあえず毎日ここに1、2枚づつ放り込んで、見える場所に置いています。楽しい!

まずは、無地のブロックから開封しました。
罫線が無いので見た目がまさに豆腐...

3種類(1500枚!)並べて気の向くままにめくるか、少しづつの厚みで切り取って積んで並行使いするか...という方法もありますが、私は1種類づつブロック単位で使い倒す方針でいきます。

そうそう、紙のブロックの一片を固めている天糊のクオリティも高いです。
ピラーッと剥がすのはなかなかの快感で。
最初の1枚を取るのは勇気が要りましたが。
これからは楽しくMD紙にメモする毎日にしていきたいと思います。

220128

MD用紙の隣は、3Mのポップアップ付箋です。
重量感あるディスペンサーとリフィルのセットで買ったのですが(Amazonでは安いです。1000円しなかったような!)
ティッシュのようにシュッと強粘着付箋が取り出せることが便利すぎて、その後リフィルをまとめ買いしました。
これもまた、日々に欠かせない紙束です。
並べて置くならば、使用上も相性が良いはず。

Amazon | ポストイット 強粘着 付箋 ポップアップ ノート イエロー 75×75mm 30枚×1パッド WD330-WH-Y

220128

[文房具--その他のモノ・本] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top