2019.08.03

「自立収納できるキャリーケース」をシステム手帳リフィルの収納箱にしています(無印良品)

すこし前に、近くのショッピングモール内にけっこう大型な無印良品が開店しまして
(広さを生かして陳列もかっこいい。壁一面に同じものを積んでみたりとか、春先に覗いてみた銀座の旗艦店を思い出すオシャレさ。)
家の中のモノや服の無印購入率がじわじわと上がってきているところなのです。

これは先日店頭で見つけて、ぱかぱかと開閉まで試させてもらい...まずは1個試してみようと買ってきました。

190803

自立収納できるキャリーケース・A4用 約縦28(持ち手含)×横32×厚さ7cm 通販 | 無印良品

サイズ等の仕様は上の公式ページ内に詳しくあります。
私のはうっすら半透明の素材ですが、中が全く見えないホワイトグレー樹脂のも同じ値段で有ります。

トランク型のお道具箱、みたいな感じでしょうか。
外見はこれといった特徴のない、いかにも「無印で売ってそうな収納用品」なんですが。
890円出すほどかな? とすら(100円店の収納ケース売場慣れした目には)思ってしまうシンプル形状です。

しかしこれの使い勝手はなかなかのもので、感心したポイント多数。

構造はいわゆる「画材入れ」に似ています。
あちこちの空間にこまかいものをきちんと(動いたりズレたりしないよう)押さえて収納できる工夫がしてあるため、箱内一杯にモノを整理することが出来、箱を立てた状態で扱えるのです。

私は、システム手帳のリフィルを収納する箱としてとても気に入ってます。

190803

浅いほうの側には、薄いものを差し込んでも倒れないバーが渡してあるため、ケースを立てた状態で開き、ササッと取り出すことが可能。
ガードまんなかの仕切は中蓋のようにしっかり閉じることが出来ます。
そのため、蝶番の両側をそれぞれ独立した箱としてエリア分け収納することが可能。

空間を更に小さな箱で仕切ればコマカイものを分類することが出来るのもよいです。
適当な空き箱を探してもいいとは思いますが、無印内で別売りされている「ポリプロピレンデスク内整理トレー」という商品群が、内部でぴったりとモノがこぼれおちない高さなのです。

ポリプロピレンデスク内整理トレー2 約100x200x40mm 通販 | 無印良品

1〜4まで番号がついたサイズが用意されていて、これらを必要に応じて購入し組み合わせてキャリーケース内を仕切ることが出来ます。
トレー内部に仕切壁をつけられる溝が等間隔でついていて、ここも活用すればかなり細かく収納可能。
(トレーには仕切板は1枚ついていますが、別売りで仕切だけ増やすことも可)

キャリー内の小さなポッチの列や溝は、これらのトレーが位置がズレないように固定する役割もあります。
よく出来てるんだよなあ。
というわけで、専用の内箱として「デスク内整理トレー」を使用するのが是非ともおすすめです。

190803

私の場合、上写真のように「4」をひとつだけ、仕切板なしで試してます。
バイブルサイズのリフィルを収納するのに都合が良いです。
(「2」だとミニ6リフィルを入れてちょうど良い巾でしたよ。)

今まで、似たようなサイズの菓子缶にリフィルを詰めていて、容器ごと取り出す時にしょっちゅう中身を落として床に散乱させていました。
(中身が重すぎて、持ち上げたとき蓋がすぐに外れてしまうため...)

外見の大きな特徴である、ガッシリと太い取っ手と2箇所でパチッと留めるロック機能は、重いものを運び出すには非常に頼もしい存在だと実感しています。

・・・とこんな感じで、システム手帳リフィルの「一軍」を整理できる適切な箱がやっと見つかって安堵しているところです。
だいぶ整理したんですが、ユーザーとしてはかなり年季入ってますので、まだまだいろんなリフィルが「控え」に待機中....
10年以上前に買ったリフィルやバインダーを発見し
「持ってて良かった!ちょうど今欲しかった!」
となるアイテムが度々発生するのがシステム手帳の世界。深い...


このキャリーケースは、その見た目のシンプルさから、複数使いでファイルケースのように棚に並べる人もいるとのこと。
私のところに集まった、既に使用している方々のコメントだけでも
・4つ購入して各種シール・ステッカーやクリアスタンプ等のデコレーション文具を収納
・1つは裁縫箱、1つは文具箱に
・レターセットと切手を収納して手紙箱に
などなど。
私の場合、今回はリフィル収納のためにこれ以上ないほど適切な箱を見つけてうきうきしていますが、まだまだ、きちんと整理したい紙や小物の数々が待っていますのであと2箱分くらいはすぐ使いみちが浮かぶ状態...
次回の「無印良品週間」を狙いたいと思います。

今回、導入にあたって効率的な仕切り方や「次」の使いみちについて考えた時、大いに参考になったのはGoogleの画像検索でした。
達人の方々の収納術、さっそく真似したいと思います!

自立収納できるキャリーケース - Google 検索

---

[文房具--手帳・ノート] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2019.07.29

手帳絵日記:こまごま書いてるスクラップ帖的なもの。

前回の記事からちょっと経ちますが、システム手帳の絵日記は休まず続いているのです。
●過去記事:手帳絵日記 春からゆるっと再開編

しかしもう「絵」日記じゃないな...時々らくがきも混じる、スクラップ帳みたいな感じなのですけれど。
こういう作り方のほうが読み返すのも面白くて。
すきまに万年筆でこまごまと書くのも(拡大メガネ必須だけど)、細字のペンをみっしりと使い込む貴重な機会として、けっこう楽しみにしているのです。
そのわりには毎日コツコツではなく、1週間ぶんをまとめて作ること多め!

1 2


3 4


5 6


7 8

これらを綴じる用は、当初は薄型のブレイリオのバインダーだったのが分厚くなってきたので、今では15mmリングのオーセンに移行されました。
これでまだまだ大丈夫なはず...!

●関連過去記事:
 ・「システム手帳 STYLE vol.2」を読みました。(ノックスブレイン オーセンのバインダーも使ってます。)
 ・コードバン革のシステム手帳バインダーを購入しました。

というわけで、もくもくと作成は続いています。
普段は出来次第でInstagramに載せています。

9

この作業にもよく使うようになったのですが、今年発売されたクリッカートというカラーペン。
水性のフェルトペンのような感じではあるのですが、キャップではなくノック式なのです。

ZEBRA | ゼブラ株式会社 |クリッカート←メーカーのHP

「空気中の水分を吸収する」という新しいインクなのでキャップの開け閉め不要、という画期的なサインペンなのです。
ラクするのが大好きな私としては、ときめく新製品でした。

全36色のなかで、明るめでパステル系のライトカラーの12色セットを使っています。
線巾はけっこう細く、(使いすすめていくと変わっていくかもしれませんが)芯先は硬め。
見出しなどのすこし目立つポジションの文字や、アンダーライン用途としても重宝するでしょう。

未開封時点では栓のようなパーツで密閉されているのですが、それは使い始めたらもう不要。
シャッター的な仕組みが穴の入り口にあるわけでもないんです。
それでもって、普通のキャップ式の如くみずみずしい書き味なのがすごい。
(空気中に水分が特に多い今の時期だからこそ、なのかもしれないので...通年で観察したいと思います)

軸の外見のデザインもなかなか気に入っています。
ノックボタンの色で明確にインク色がわかる(つまり、真上から見ても判別出来る)のに加えて、クリップの無い軸は収納効率がとても良いです。
私は、100円ショップで買った細身のコップに立てています。

というわけで、キャップのつけ外しの手間がないぶん、手持ちのカラーマーカー類の中ではクリッカートばかりに手が伸びがちになっているかもしれません。

190626

ゼブラ クリッカート(楽天でさがす)

----

[文房具--その他筆記具] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2019.07.23

ガラスペンを使い始めました。

先月、丸善の本店で初めてガラスペンを購入しました。
ずーっと使ってみたかったのですが、自分のことだから(筆圧の強さとか、手先の粗さでうっかりどこかにぶつけるetc.の理由で)あっという間に壊すんじゃないか...と、怖くて近寄らなかったんです。
なんとなく「私そんなにインク持ってないし」と自分に言い聞かせてもいました。
確実に2桁数のボトルがある時点で言い訳は無駄だ!

箱を開けた状態で陳列してあったのを眺めているうちに、キラキラ輝く美しさに吸い寄せられてしまい。
1本目として買うには高すぎるかもしれぬと悩みつつ、レジに持って行ってしまいました。

190723

ガラス工房 まつぼっくり のもので「モール」という種類の軸です。
首のところに色が付いているものを含めて何種類か有ったのですが、私は無色の「透明 銀雲母(細字)」を選びました。
※上写真、ペン全体に透明感がありすぎて、色の濃いものの上に置かないとよく見えないのです。

ガラス工房 まつぼっくり ガラスペン モール 透明 銀雲母 ml-cl F(細字) ← Amazon
 楽天ではこちらで購入できます ←ペンハウス

軸の内側に微細なきらきら加工が入っており、ペン先は先端に向かってきゅっと溝がひねられています。
輝く銀雲母の粉がちょっとだけ中空の軸の隅に溜まっており、透かして動かすと、お砂糖のようにサラサラ流れていく景色も実に美しいです。

190723

使用の感想ですが、まずとにかく(その長さから想像するよりずっと)軽い!
ガラスの管を高温の酸素バーナーで加工している製法なのだそうですが、このペンは内部が空洞なのです。

首軸というか指先がちょうど当たる部分は、緩やかな六角形の枕のようになっています。
そのまま机に置いてもインクで汚れないし、転がり止めの役割も果たしているんです。

190723

細字で0.2-0.3ミリとのことですが、かなりの極細線が出ます。
しかも、ちょっとだけシャリっとした書き味がつけられていて、筆圧で僅かに返ってくる(しなるというほどではないのだけれど)ここちよい弾力も。
ガラスでここまでの「筆記具っぽさ」が出せるものなのか!と驚きです。

あと、1度インクに浸すと継ぎ足さなくても大量に書ける長持ち仕様です。
(原稿用紙一枚分ぐらいは書けてしまうそう。これにもびっくり。)

用が済んだら水道の下で3秒くらいザーッとやるだけで跡形もなくペン先は透明に。
この素早さはラクですね〜
手持ちのインクの色見本も簡単に作ることが出来ますし、古典だろうが顔料だろうがラメ入りだろうが(万年筆との相性を気にして手を出しにくかった)面白いインクも試し放題です。

190723

私も早速、インク収納箱の奥地にはまりこんで長期にわたって休眠させていたインクを思い出すべく、「持ってるインクをガラスペンで試してみるよ」シリーズを孤独に続けています。
(ここに載せてる画像がそうなんですがSNSに投稿後は、切り抜いてシステム手帳に貼り付けています)

190723

購入後だいたい1ヶ月経ちましたが、壊さないように気をつけているけど今もけっこうビクビクしてます。
買ったときについてきた細長い箱に入れて、万年筆といっしょに並べていますが、複数になった場合← 増やす気満々、どうやって保管しようかな。などなどのんびり計画しはじめました。

以前から憧れの制作元は他にもあり、川西硝子 や、菅清風 さんのペンもいつか。と思っています。
近年になって数多くの万年筆インクが登場しているので、ガラスペン需要もきっと増えているんだろうな。
ここもまた深そうな沼なのでしょう...しかしなにぶん1本しか持ってない初心者であります。
とても良いものを入手出来たので、長く楽しく使っていこうと思っています。

ガラス工房 まつぼっくり←同社その他のガラスペンはこちらです。(Amazon)

190723

[文房具--その他筆記具] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2019.07.19

ノートパソコン台(主に猫背防止用)がけっこうおすすめです。

これは2月頃に居間のテーブルでノートパソコンやタブレットを使う時用に購入してみたのですが、かなり快適な良いものだったので現在は夫の仕事机に据え置きになっているPCスタンドです。

私は胴が長い長身なのでノート画面を見るとき猫背になりがちで、背中や首の疲労も大きかったのですが、こういうものを使うことで本当にラクになりました。

190719

似たようなものを検索するとそう高額ではないのですが、主に中国などのメーカーから非常に多くの似たような製品が存在するので結構迷いました。

Nulaxy ノートパソコン PC スタンド 10KG荷重可能 7~17インチ対応 放熱対策 折り畳み式 角度調整可能 滑り止め アルミ製 収納便利 ラップトップ/iPad/Macbook Pro/Sony/Lenova/Samsung 灰 ← Amazon

これは、見た目がシンプルな割に簡易な感じがしなくて安定感ありそうというのが購入理由。
実際、想像していたより重厚な金属素材で高級感あり良かったです。


色は、うちのMacBook Proがスペースグレイなので、「銀」ではなく「灰」にしました。
確かに濃いグレーでかなり格好いいのですけれど...Macのほうとはちょっと違う色調です。
(やや青みがかっていて暗い。黒系の筐体とも合うクールな感じ。)

190719

脚の角度をテーブルと垂直にすることで最大11㎝程度に画面が上昇し、目の高さに無理のない位置に来ます。
これが非常に快適!

しかもここまで斜めになると外付けしか無理かなと思っていたのですが、特に問題無くそのままキー入力いけるのが嬉しいポイント。
スタンド下部の「立ち上がり」の部分、ここは他社同様製品よりかなり抑えめの曲がり方になっているので手首にイヤな感じで当たらないんですね。だから普通に打鍵できるのかも。
脚先だけでなく、PCが当たるところにはきちんとシリコンのパーツで保護(+滑り止め)されているのも安心です。

空気穴があるわけではないので放熱対策としてはまあ、金属板に乗ってますし机ベタ置きよりは効率良いんじゃないかなという感じはあります。


耐荷重は10㎏なのでかなり重めかつ大きめ(17インチまでokとあります)のノートでも安定して置けると思います。
写真のは15インチのMacBookProですが、手首ごと置いてキーを直接打ち込んでもしっかり固定して安置できてます。

ただその安定と引き換えに、脚の角度調節はかなり力が要ります。
ロックする機構はなく無段階で回せるんですが、容易とは言い難い腕力が必要。
パタパタ折り畳んで平面的に収納できるような解説がついてますけれど...
スタンドを曲げるのが硬くて面倒なのでそのまままの状態で(引っ掛けたり立てたりして)仕舞う場所を作るか、基本 机据え置きのほうがおすすめの使い方じゃないかなあ。
というのが非力ユーザーとしての正直な感想です。
覚悟を決めれば(笑)畳んですっきりたいらになるのは確かなので、これは筋トレだと思って平面収納すべきなのかも...

というわけで、安定感あるシンプルな作りなので、自然な姿勢で使える書見台(手での書き込みも可能な傾きに調整できるので参考書やノート置きとしても。)や、デジタル・アナログ問わずの絵描き台としてもかなりおすすめな感じです。

[物欲&オススメ品 その3] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2019.07.12

無印良品の「アクリルスマホ小物スタンド」が便利です。

日頃から無印良品のアクリル製収納アイテムにはお世話になっていますが、先日購入した「スマホスタンド」は春頃に出た新製品だったかと思います。
シンプルで便利。こういう"iPhoneを立てる何か"をちょうど探していたので嬉しかったです。

アクリルスマホ小物スタンド・小約幅8.4×奥行8.4×高さ9cm 通販 | 無印良品

190630

これは「小」サイズなのですが、横幅2倍の「大」もあります。

角度は変更不可ですが、絶妙に使いやすい立ち上がり具合で、なおかつ横置きも容易に出来るので充電しながらの閲覧や視聴にも向いています。
よほど厚みのあるカバーでもない限りは問題無く使えると思います。
(後ろをシェルで覆うフタ付き仕様のカバーを着けたiPadPro 12.9インチでもタテヨコ安定して置くことが出来ました。)

190630

上の写真のiPhoneは8+で、立ち角度はこんな感じ。
いま現在、後ろにけっこうたくさん筆記用具を立ててます。
こういうアクリルのペン立て、ボールペンのインクなどで底がすぐ汚れるので、紙などで底敷きを作って入れておくことをおすすめします。
(このシリーズのペンスタンドも持ってるのですが、昨年の夏に油性ボールペンが漏れて大変なことに。
洗剤に浸け置きしたりして、隅までまわったインクの塊を落とすのに苦労しました...。)

190712

このペン立て部分、内寸巾は7.7㎝ほどで、A7サイズのメモなど筆記具以外のものを入れておくにも良いです。
特に、5×3の情報カードを縦収納するとジャストサイズで感動です。
手前のスタンド部分も底が平らな幅広の溝なので、写真のようにペンレストとしても都合良しで。
なかなか良い買いものしちゃったなあ。


ちなみに、これ以外にも「置くだけ充電」のスタンドを愛用しているのですが、あまりにも性能が良いので
(ケーブルに繋ぐより反応が良く、そこそこ厚みのあるカバーをしていても問題無く電気が送り込まれてくる)
ずっとここに置きっ放しにして常時満タンていうのはどうなんだろう...?
というのが素人的な感想としてあるわけです。
なので定位置はアクリルスタンドの方にして、充電スタンドは「iPhoneのお食事処的」な感じで時々乗っけてます。

190712

充電速度も速く、スタンド型で場所もとらないのでおすすめです。
最初に使ったときは、置くだけでいいなんてすごい時代になったなあとびっくりでした。

Anker PowerWave 7.5 Stand←Amazonで買いました。白色も有り。

[物欲&オススメ品 その3] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2019.07.09

アレックスの小さなハサミを使い始めました。(ALLEX スリム140)

ペン類ほど意識はしていなかったのですが、「そう言えば毎日使う用事があるなー」という文具がハサミなどの"切る文具"です。
スクラップ的な趣味に加えて家で事務仕事などもしておりますので、日々、何らかの切り込みを入れたり切り裂いたり切り抜いたりetc.の作業がある感じ?

下リンク先の過去記事に書いたコクヨのペーパーナイフとハサミは、書斎や今など各所に増殖して現在も大活躍しています。
(100均文具で妥協を試みた時もありましたが、結果は全然ダメです。切れなさすぎて別モノです!)

●過去記事:
 ・ペーパーナイフを使い始めました。
 ・チタン色のはさみを買いました。

そして今回、ペンケースに入れたりの持ち運びも容易で手元のすぐ届く場所に置きたい、小さめのハサミを探しました。

190626

確かな性能とデザインの良さで選んだのがこちら、林刃物の名品、アレックスはさみの「スリム140」というサイズのものです。

【林刃物株式会社】家庭用刃物、事務用はさみ、食品加工用刃物から医療器具の分野まで幅広く製品開発を行っております|岐阜県関市

アレックス(ALLEX) はさみ スリム140 フッ素コート レッド 11164R←Amazon

これは、フッ素加工されていて本体色が黒。
とてもカッコいい。
そしてものすごく細くてシュッとしています....

コート無しの銀色本体のを店頭で見たことがありまして、コンパクトなサイズ感に驚いて(アレックスはさみは結構大きいイメージがあったので...)それ以来気になっていたハサミでした。

その名の通り全長は140ミリで、多くの筆記具類とだいたい同じ背の高さ。
ペンケースにも入れやすく、トレイや引き出し収納でも飛び出しません。

穴は小さめなので指先を入れて、シャキシャキこまかく切っていく使い方になります。
軽いので疲れないのも良いところ。

この指穴のパーツは、いろんな色があったけれど私はやっぱり赤で。
一番格好いいのは黒な気がしますが、イエローも旧サファリっぽい配色で好き。

切れ味は素晴らしく、この小ささからは想像できなかった使いやすさに感動しています。
フッ素コートのおかげで、作業中もテープ類が全然くっつきません。
マスキングテープやシール類をシャキッと美しく切りたい方にも是非使って欲しいハサミです。


この小さくほっそいハサミ、先端はけっこう尖っていますのでちょっと怖いし周囲の何かを傷つけないかな?と心配になること、実はあります。
お子様が取り扱うにあたってはご注意を。
私も、なにかカバーっぽいものを自作しようかと、切ったストローの穴に差し込んでみたりして。
まあ見た目は微妙だけど(笑)5秒で作れたし、マステ巻いたりすればいいかもな〜などと考えていました。

ここに装着するカバー、革製の鉛筆キャップがおすすめだとコミミにはさんでいました。
しかしそのようなお洒落アイテムは持ってないし。
と手元の引き出しを探したところ...
もうピッタリの、メーカー純正かしらと思えるような入れ物を発見。

190626

カランダッシュの、XSサイズのペンシルを買った時についてきたペンシースです。

●過去記事:エクリドールの小さなシャープペンシルを買いました。

このケースはずっと使ってなくて勿体なかったのですが、7年ぶりに日の目をみた!
専用寝袋みたいに長さもぴったり合うので、活用していこうと思います。

○フッ素コート加工の有り無しと、指穴の色が選べます。→ アレックス スリム140:Amazon

●その他の関連過去記事:ライヨールのペーパーナイフを使いはじめました。
 ↑ これも手の届くところにおいて、毎日のように使ってます。
  購入当初はコツが掴めなかったのですが、セミ(蜂?)のところに親指を置いてシャーッと動かすと素早く綺麗に切り裂くことが出来ると学習しました。
握りの柔らかい触感とバランスが絶妙なので、いまだに毎度うっとりしてます。

というわけで、切る文具って良いものを使うと楽しいなあ。と実感中です。

[文房具--その他のモノ・本] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2019.06.26

「X-MEN:ダーク・フェニックス」を観てきました。

X-Men: Dark Phoenix (Original Motion Picture Soundtrack)23日にみてきました。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』公式サイト 大ヒット上映中!

X-MENシリーズ、少なくともこの配役では今回が最後とのこと。
好きな俳優さんばかりだったので、もうあと何作か続けて欲しかった。残念です。
いわゆる前日譚から始まり、時系列が行ったり来たりの時もありで、これまでのX-MEN関連作品を思い出すのはちょっと難しい...。
と、サラッと流そうとしたら良い資料を発見。
公式で下記のようなまとめが出来ていました。

X-MENタイムラインまとめ
わかりやすい...!

つい先日最終回を迎えた海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」にはここ数年ハマっていましたので、ジーン役のソフィー・ターナー、すごく好きです。
ドラマでの活躍もあるし美人だし、これからも応援していきたい若手女優さん。

しかしやはり、シリーズの中核となる役柄であるジェームズ・マカヴォイやマイケル・ファスベンダーの存在感と演技の上手さは今回も感動ものでした。
(それに加えて今回の悪役、ジェシカ・チャステインも怖い...眉毛ないし..)

X-MENのシリーズは、今まで仲間だったのに敵味方に分断したり、理不尽に重要人物やその家族が犠牲になったりなどの展開が多いです。
その悲しみや後悔が、行動の原動力になってるパターンが定番というか...。
今回もファスベンダー演じるマグニートーが怒り、涙する場面では心揺さぶられました。
超能力者集団の話なので、特殊効果はもうバリバリにすごいです。
そのなかでマカヴォイ+ファスベンダーのコンビが、ど派手なCGに負けないインパクトで人間味を表現できるところに重鎮を感じました。

というわけで、2時間の上映時間もあっという間で楽しく鑑賞出来ました。
また新しいX-MENシリーズが生まれ続けて欲しいし、今回のキャスト陣もひょっこり顔を出すストーリーもあって欲しいなあ。
その時まで楽しみに待つことにします。

[映画・テレビ] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top