2022.09.27

カヴェコの「イリディセント パール」という万年筆を買いました。

以前から、可愛いなあ...と気になっていたカヴェコの万年筆。
同じ形の色違いのレギュラー品「カヴェコ スポーツ」を既に持っているのですけれど、このイリディセント パールという軸は「カヴェコ コレクション」という限定生産版の軸色なんです。← ...などという言葉にとても弱い。

Kaweco Collection 万年筆 Iridescent Pearl(イリディセント パール) | プリコ株式会社

220927

内部のパーツやカートリッジなどが影のように見える程度の、ほんのり透明軸です。
ピンクとブルーが多めに混ざって見える虹色加工が入った不思議な白で。
あー確かにこれは真珠色ですね!

販売サイトによっては、青っぽい写りの画像をよく見ます。
(くっきりめに画像補正をかけると青色が飛び出てくる不思議な色の混ざりなのです。)
照明や下地の色によって、さまざまな表情が出て来る感じ。
時々、中から発光しているようにも見えるのですよ。

こういう色、最初は「パステルっぽくて若い人向けかな?」と躊躇していたんですが。
実物を見ると、あくまでも白色ベースの薄虹色であることが意外と和風にも見え、何にでも合う雰囲気。

とても小さく軽量なペンですが、後ろにキャップをつけると普通の使いやすい長さに変身するのが面白いですよ。
使用頻度が上がってきたら、キャップに装着する別売のクリップを買うかもしれません。

220927

手帳用としてEFのほうが人気かとは思いますが、たまたま即納在庫があったFニブにしてみました。

このシリーズの特徴なのか?
私がそういう個体を呼んでしまう運なのか?
...は謎ですが、やはり最初のカヴェコと同じく、インク出はわりと渋め。
とはいえ、今回は調整に出したいというほどのレベルではなく、むしろ細字なのに濃淡豊かなので楽しい。
しかも国産メーカーのFとそう変わりない細さで出るので、小さめの手帳用としても快適に使えているのでした。
能率手帳ゴールドや、園芸日誌用のクラシ手帳とも相性良しですよ!

●過去記事:「クラシ手帳」を使い始めました(透明ビニールカバーもつけてみました)

220927

インクは、ヨーロッパ規格のショートカートリッジが対応しています。
コンバーターも専用のものが売ってますが、こういうミニ軸ゆえにとても小さく(短く)て、入る容量も少ないのは仕方がないかな。

カヴェコの純正インクは、「ミッドナイトブルー」がグレーっぽさのある渋めブルーブラックでおすすめです。
何かと使いやすい、こころ落ち着く色なのでカートリッジをリビート買いしています。
日本(セーラー / パイロット /プラチナ)とLAMY「以外」のメーカーならほぼ間違いなく差し込める形状と言えますから便利です。
---
カヴェコ イリディセントパール ←Amazonで買いました。

つい最近、いちばん新しいコレクション軸も発表されました。メロウブルーですって。

Kaweco Collection 万年筆 Mellow Blue(メロウブルー) | プリコ株式会社


●関連過去記事
 ・伊東屋でペン先調整をしてもらいました。 ← 最初のカヴェコ万年筆です。

 ・カヴェコの「ペンシルスペシャル」を買いました。 ← 10年前の記事ですが、今も変わらず愛用している名品。0.5 / 0.7 / 2.0 の3本持ってます。

 ・カヴェコのボールペン(ミント軸)が可愛いです。 ← イリディセント・パールとほとんどお揃いぐらいに馴染むミント色。太軸なので書きやすいですよ。

220927

[文房具--万年筆] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2022.08.29

「クラシ手帳」を使い始めました(透明ビニールカバーもつけてみました)

今の時期「北欧、暮らしの道具店」で買いものをすると、手帳がオマケについてくるとコミミにはさんだので。
サイトを開いてみたら、あらー素敵!なものがたくさん売っていたのでわくわくしました。
YouTubeチャンネルはたまに見てるんですよ。
昔のクウネル(雑誌)のような雰囲気が好き。

手帳の詳細については下記をご覧下さい。
今年もはじまりました!当店オリジナル「クラシ手帳」をお買い物いただいた方、全員にプレゼント! - 北欧、暮らしの道具店

220829
今回は、手帳まわりに便利そうな小さな文具をいくつか買ったのでした。

KURASHI&Trips PUBLISHING/オリジナル手帳サイズノート・手帳カバー・ボールペン - 北欧、暮らしの道具店

回転印は、ミドリで売っているのと同じ仕様のものですが、このお店限定の北欧系な絵柄だそうです。
水性ペンで色つけをしても滲まないインクとのこと。
チェックボックスの代わりになりそうな柄もあって良いなあ。
現在日付時点では売り切れていて、再入荷予定はあるとのこと
「クラシ手帳」をもっとたのしむ、10柄入り回転スタンプ


クリップは、北欧のモビール飾り、ヒンメリのデザイン。
宝石のカットのようで超お気に入りです。
見た感じよりしっかりした厚みがある(ペラペラで簡単に曲がるような薄さではないので)、ノートページや手帳リフィルの栞としても活用できそうです。

北欧のヒンメリモチーフのクリップセット


ブルーグリーン色のボールペンは、振り子式(上に向けた表記の色の芯が出る。LAMYの4色ボールペンなども同じ仕組み)の3色ボールペンです。
替芯の解説をみたところ、OHTOの油性ニードルポイント。
これは書きやすいです!
(黒のみ0.5、赤と青は0.7)
見た目の華奢に反してけっこう重みがあって、グリップ部には細かい溝が彫り込まれて手の中で安定するのもおすすめポイントです。

「わたし時間のおともに」スリムな3色ボールペン


220829

そして、もらえる手帳は「クラシ手帳」という名前で、ここ数年のこの時期のオマケになっているそうです。
なんと9月始まりで、来年の10月いっぱいまでページがあります。
今までとは違う手帳に浮気したくなる、いい時期を狙ってきましたよね...

月間ブロックと週間レフトで構成されていて、紙はトモエリバー。
表紙の箔押しイラストも綺麗です。

バイブルリフィルよりちょっと背が低いサイズ感かな?
ボールペン程度の重さを乗せれば平らに開くので綴じのクオリティも問題なしです。
強いていえば栞紐がついてないのが不便かと思われますが、オマケ手帳なのでこれくらいは自分でなんとかしましょう!
リボンなどを手帳の後ろのほうにマステで固定するとかわいいですよ。

週間部分は8月22日から始まっていたので(早っ)私はもう書き込み始めてます。
ベランダ園芸系の作業記録日誌としてお試し中なのです。
来年用のほぼ日WEEKSで始めようと思ってたけれど、クラシ手帳も同じレフト式。
やや小さめの判型に慣れることが出来れば という課題はありますが、最初の1週間を過ぎた今、快適です。

220829

そして最後に、これは別件で購入したのですが、クラシ手帳につけるビニールカバー。
SNSでこの手帳を画像検索すると、以前からの愛用者さんの投稿で、ほぼ日のカバーオンカバー的なものを装着している画像がちらほら発見できるのです。
純正の別売りカバーは革製でそれなりな価格のものだし。
お試し開始レベルでも気軽に買えそうなあのカバーはどこで入手出来るのだろう...!!
と執念で検索しました。

クツワ クリアーカバー DH003 預金通帳・手帳サイズ ←Amazonで買いました

縦はジャストサイズ過ぎて、あと1ミリくらいはみ出したほうが安心出来るんじゃないか(?)というほどぴったり。
横は4ミリほど余りますが、何か挟んだり貼ったりしているうちに、厚みとして吸収されそうな丁度良さです。
ポケットなどはありませんが、表紙を差し込む部分がかなり広いので、ここに何かを挟みこんだり便利に使えそうです。
送料込みでも300円台で購入出来たので、まずはこのカバーでじゅうぶんです。
白地の手帳を美しくキープしながら楽しく使えそう。

220829

というわけで、来年の手帳発売情報は既に盛り上がりつつある感じですし、先日Loftに寄ってみたら手帳コーナーが出来ている!
また(脳内の)手帳会議室が忙しくなりますよ...

[文房具--手帳・ノート] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2022.08.19

刺繍の旗がついた木軸ボールペンを買いました(PENON)

引きこもり気味な生活の中で久しぶりにリアル文具店に立ち寄ると、どれもキラキラと素敵なものばかりで感動します。
情報多すぎて、ときどき目眩もします。
今回買ってきたボールペンも、「おぉお...」と売場の前でしばらく動けなくなったほど心動かされたもの。

PENONという木軸ボールペンなのですが、そのなかの、ノック部分にお子様ランチのような小さい旗がついているシリーズ。

未来を書き換えるペン、PENON|株式会社ペノン

220819

絵本の1ページのような動植物たちの可愛い図柄は、なんと刺繍で出来ています。
糸の凹凸や光沢感など、(ネットの画像よりも)実物を眺めて初めて気付く繊細なポイント多し。

というわけで、ここから1本だけ買って帰るとしたら、どれなのか?
と悩みまくったのでした。
(けっきょくいつも赤系の配色を選んじゃうのね...)

デザインを担当した刺繍工房さんのサイトに、メイキングも詳しく掲載されています。

刺繍工房ヒナトリエ - 刺繡工房ヒナトリエの公式サイトです

とても小さな面積の中に、可愛さや印象の強さを表現するというのはなかなか大変なことであろうと想像します。

220819

試し書きのペンも置いてあったので手に取って見ると、大好物のニードルポイント芯でした。
インクは油性でなく、ゲルです。
0.5mmということで、国産万年筆のFくらいの細線が引けます。
書いた直後、紙の上で一瞬キラッと光るくらいのフローがあり、とても滑らか。
濃淡も滲みもない、とにかくまっ黒い濃さが印象的。
特にクリーム色の紙の手帳に書いたときの視認性は素晴らしいですよ。
能率手帳でさっそく活躍中です。

220819

こういう華奢でカワイイ感じの軸からこんなに強い線が書けるとはね〜。
という面白い(良い意味での)アンバランスさも感じたのでした。
これならば、おそらくインクの減りも速いであろうと予想。
替芯のパッケージも一緒に購入しました。
紺や赤のインクも発売されないかな...

軸はロングとショートがあり、絵本的な動物デザインの刺繍旗はロングのほうです。
ショートはもっと小さい旗で、鉱物の結晶模様。
これも欲しいな...
鉛筆軸と同じ直径なので、システム手帳やリングノートの輪っかの中に収納出来るのが面白いかも。
旗がヒョコッと飛び出している光景も楽しい!

220819

エコに徹した方針の製品のようで、パッケージもダンボールのような質感の紙製です。
畳まれた構造のケースを分解してみると、型抜き模型のような感じで、専用のペン立てを作ることが出来ます。
机の上に旗が立ってる感じがとてもカワイイんですよ。
(web上に作り方が掲載されています。
組み立ては面白かったですが、茶色地に極小で印刷されている白色の記号を合わせるのが、大人のrogan目には困難)

替え芯のほうも、パッケージを封筒にして送り返せるようになっています。
分解して素材ごとにリサイクル原料へ加工するのだそう。
インクの終わったボールペン芯は何も考えずそのままゴミ箱へ放り込んでいたので、こういう取り組みにはハッとさせられました...

というわけで今のところ黒インクしか無いのは残念ではありますが、まだまだ欲しい旗がある。
....増やしちゃうだろうなあ。
(通販含めて、まだ取り扱い店舗が少ないかもしれません。私はイオンに入っている未来屋書店で購入。)

220819

[文房具--その他筆記具] | 固定リンク | コメント (4) | ↑top

2022.08.12

能率手帳ゴールド、16年目が届きました。

毎年恒例、能率手帳ゴールドの2023年版を購入しました!
8月に入ってすぐ「そろそろかなー」と公式サイトを覗いたら、もう売ってました...早い...

220812

○公式通販ではこちらになります。
2023年1月始まり 手帳 NOLTY 能率手帳ゴールド(黒)[3121] | 手帳,手帳 |NOLTY 能率手帳・書籍・通信教育のJMAM eショップ

日本能率協会マネジメントセンター NOLTY 手帳 2023年 ウィークリー 能率手帳ゴールド 黒 3121 (2022年 12月始まり) ←Amazonでも販売が始まりました。
普及版 / 小型版と判型が2種類ありますのでご注意下さい。
私は毎回大きいほうの普及版ですが、小型もいいなぁ。色違いで出てくれないかしら...

さっそく注文したら、2日後に届いたのでした。
今回、名入れ版のほうのURLに書かれていますが、いつもの業者さんが廃業されたとのこと。
今回こそピンクやグリーンでやってみようかと思っていたので、あらら〜...残念。
数年ぶりに名無し版で買うのも新鮮かもしれないと考え直しましたよ。
金色の明朝体文字では可能です。購入から届け日の一覧も掲載されています。
年末までだいぶ期間がありますので、いつもどおり、(無駄に派手な)見返し側の装飾で名入れっぽい工作もしてみようかと計画しています。

220812

というわけで、今度で16年目なのです。
集合写真も恒例。
SNS投稿したらちょっとだけ盛り上がったのも恒例...うふふ

開封して毎回驚くのは、革の表面や金塗りのコバがピッカピカなこと。
古いほうの手帳のくたびれ加減に気付かされます...

使用開始して8ヶ月を過ぎた2022年版、表紙が早くもフワフワ化が始まってます。
こんなご時世なので旅行もしてないし、たいして外に持ち出してないのですけれど...
でも、かかりつけの病院では毎度のように「たくさん書き込みのある黒い手帳を眺めながら症状を話す患者」として認識されているような気がします。
限られた診察時間を有効に使いたいので、うしろのメモページに問診時のアピール事項を毎回通院前日にまとめているのです。

右ページに通販など含めて買ったものの詳細メモを書いているのは、ここ数年に定まってきたきたことです。
あと、左ページの6時の位置に縦線を入れて、書き込み内容のゾーン分けをしているのも、引き続き来年もやろうと思ってます。
6時というのは、あくまで線を引く目安で。
(時間軸は活用してないのです。)

あとは、もう本当に普通に手帳っぽい使い方しかしていないです。
予定や仕事の進行具合や家事のメモ。
そんな雑記だけでも意外と10年前の手帳を開いて「こんな日だったなぁ」と思い出せることもあるので、日記帳とたいして変わらない役割になるのかも。

220812

今年からちょっと変化が加わったとすれば、買い物についてメモすると同時に小さなラベルを貼り付けるようになりました。
ほとんど園芸関連のもので、苗ポットに貼ってあったりする品種名入りのバーコードシールですね。
後から見返すとそのとき買った植物がひと目でわかるし、季節感あるスクラップとして妙に気に入ってしまい、ベランダ園芸への熱意に比例してけっこうな数に蓄積中。
これが例年になく早まった手帳のフワフワ化を手伝っている気もします。

能率手帳ゴールドを毎回こんなに早く買っているのは、来年間違いなく「使う」と決めているからです。
自分の歴史記録としてずっと捨てない唯一の手帳だから。
(過去2年分くらいは手元の引き出しに入れますが、残りは本棚に格納。)

その他の手帳類は年末までのんびり時間をかけて、他の方の動向や感想も参考にしつつで決めていこうと思ってます。
去年あたりからいろいろなメーカーで見るようになった「週間ブロック」という、1ページを田の字型に区切る見開き8分割レイアウトの手帳も使ってみたい。
綴じ手帳の誘惑に負けず、システム手帳も継続したいし。
それ以前に、ストックしているノートやメモ帳をなんとか活用しなければ。
と、課題は多いですが、楽しく悩みたいと思ってます。

お揃いの皆さま、来年もどうぞよろしくお願いします!

●能率手帳ゴールド関連の過去記事●
・2022年能率手帳ゴールド、15年目が届きました。

・2021年能率手帳ゴールド、14年目が届きました。

・2020年能率手帳ゴールド、13年目が届きました。

・2019年能率手帳ゴールド、12年目が届きました。

・2018年能率手帳ゴールド、11年目が届きました。

・2017年能率手帳ゴールド、10年目が届きました。

・2016年能率手帳ゴールド、9年目が届きました。

・2015年能率手帳ゴールド、8年目が届きました。

・2014年能率手帳ゴールド、来年で7冊目です。

・2013年「一番欲しい手帳を早々に購入」という対策が効きますように。

・2012年・能率手帳ゴールド、6冊目を買いました。

・2011年・能率手帳ゴールド、5冊目を買いました。

・2010年・能率手帳ゴールド、4冊目を買いました。

・2009年・能率手帳ゴールド、3冊目になりました。

・2008年・はじまりは、能率手帳ゴールド。

・2007年・手帳買い、とりあえず終了(と誓う)。


手帳を問わず、の手帳本。
 ↑おすすめな手帳本「能率手帳の流儀 」のレビューです。


220812

[文房具--手帳・ノート] | 固定リンク | コメント (2) | ↑top

2022.07.25

文具王の「万年筆クリーナーセット」を使い始めました。

先日、文具王(高畑正幸さん)のお店で「万年筆クリーナー 6本セット(ケースつき)」を購入しました。

文具王工作室というサイトでは、文具王自らが手作りの洗浄器具やスタンド等々の便利アイテムが並んでいます。
文具王のYouTubeで解説を眺めていて
「こういうのずっと前から欲しかったわ...!
(自分では無理なので誰かに売って欲しかった!)」
とピンときたので大人買いです。


220725


注射器の先に万年筆各社のカートリッジが装着されている仕組みで、ここに首軸を取り付けて水を送り込むことでペンの内部が洗浄できます。
カートリッジやコンバーターが対応の万年筆のみ対応します。

パイロット / プラチナ / セーラー の国内三社のほか、ラミー / インターナショナル :← 欧州規格カートリッジ。たいていの海外製万年筆は、LAMYじゃなければこちらでOKです:
テプラで大きく表示されているので、カートリッジ形状を見る以前に手が迷わず一目瞭然なところも良いです...

残りの1本は、パイプ針を取り付けてキャップ内など細かいところの洗浄に噴射する用途によいとのこと。
私は、いわゆる"カラカートリッジ"を作るときにもよく使っています。

それら6本が、(レーザーカッターで切り出したという)ぴたっとハマる穴に据えられ、プラスチックケースの中に標本の如く収まっています。

というわけでこれもう、ホントに便利なので早速使ってみて感動しました。
メーカー純正のスポイトなどの洗浄製品は、既に持っているんです...
しかし圧倒的に違うのは押し出す水量の多さですね。
注射器の1〜2回分を押し下げる程度の労力で、排水からインクの色が抜けて透明になるのはとてもラクチンなのですよ。
(放置が長いペンだとインクもこびりついたりしているので、比例して多くの水量が必要になります。)


220725


説明書が入っているのでよく読む必要がありますが、気をつけるべきはピストンを押す速度です。
水量が多いゆえに、勢いよく出せばその分インクもよく落ちそう...と考えがちですよね?
しかしこれを水鉄砲のように押すと水圧が強すぎ、ペン芯の破損やパーツの飛び出しにつながります。
なので、落下に備えて取り付けた首軸に手を添え、ゆっくりスススーッと押すのが正解。

というわけで、人によっては「えっこれ自分で作れるかも」と思うのかもしれない。
でも、きっちり揃ってしっかりなクオリティで作られて、ぴっちりケースに入ってるのが欲しかったのだ!!

これからは万年筆洗うときは、ペンのメーカーを問わず ← ここ重要!、
本棚からスッとこのケースを出すだけで良く、この合理的な感じが「面倒くさい..」を防いでくれる気がします。

もっとお財布に優しい「ケース無し」 や、「メーカー別のばら売り」もありますので、工夫と必要に応じてぜひ。

文具王によると、予想以上に注文があって驚いているとのこと。
そりゃそうです、世の中こういうのをコツコツ作れる器用な人ばかりじゃないですからね...

220725

[文房具--万年筆] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2022.07.18

入院中に便利だったベッド用小物入れについて。

入院中に便利だったモノについて、話を続けます。

●前回の記事:極小のルーターを1週間使ってみたら快適でした。(BUFFALO WMR-433W2-TB)

私の場合、だいぶ前から決まっていたので通販サイトなどを検索しつつのんびりと準備する余裕があったのですけれど...
入院っていきなり発生するのが普通ですよね。
自分や家族の今後に備える という意味で以下参考にして頂ければと思います。
(ご自宅に、介護用の電動ベッドや柵付のベッドをお持ちの場合にも、使いやすいのでおすすめです。)


IMG 7782

昨年、私の今回と同じ病院に入院されていたSNSつながりのお友だちが「大活躍した」と投稿の記憶があり、Amazonで検索してみたらすぐに見つかりました。
深掘りしていくと、どんどん似たようなデザインのものが表示される
(同じデザインのものですら、いろいろな価格で売っている...)ので一定の需要があるみたいなんですけれど。
やはり、最初に検討したこれがいちばん「ちゃんとしてる」感じ。

マジックテープ付のベルトで、病院ベッドの柵に留められるようになっています。
強度は充分で、重い(12.9インチiPad)タブレットなどを入れても問題なしでした。
幅は約30センチありますので、A5程度の物なら余裕で横向きにもに入るし、内外の便利な位置にポケットがついていて、メガネやペットボトル、スマホなどが縦に差し込めるスペースがあり便利でした。
大きすぎず小さすぎずの箱型なサイズ感がとても良いです。

(値段の割には)しっかりした手触りのナイロンで出来ており、平面に置いてもふにゃっと倒れません。
取り外せるショルダーベルトがついているので、バッグとしても(たとえば入院中の買い出しなどの、小荷物を伴うちょっとした移動に。かぶせる小さなフタもついている)便利な作りになってるのです。

この値段なので文句を言ってはいけないんですが、あえて残念なところをあげるとすれば、底板が無いことかな。
底面の外寸は30×13センチなので、この内側に入るくらいの硬い板状素材を用意すると、もっと快適に使えると思います。

間に合わなければ、退院後 元気になったらゆっくり作ってみてもいいでしょう。
柵からぶら下げなくても、パーツを外して「ちょっと大きめなマチ付きのバッグ内に入れる整理ポケット(いわゆるバッグインバッグ)」や、普通に室内のどこかに置いて箱型のモノ入れとしても転用可能です。

B07K8755C9

LUCINA 入院時の便利グッズ! ベッドサイド 収納 ポーチ 便利 2way (ナチュラル)

この記事はこのURLで買ったものの感想になります。
レビューの数々がとても参考になりました!
品切れの場合は同じページでおすすめされている全く同じもの(じゃないかなぁ...?)や、
こんな感じにタイトルの言葉で検索すると全く同じ(じゃないかなぁ...?)商品がたくさん出てきます。
値段がまちまちすぎて、同一クオリティな商品なのか?私には謎です。
ちなみに私は、1650円で購入しました。

ただし入院前、Amazonのレビュー(上記URL)をざっとチェックしていて印象的だったのは、こういうものは
「患者目線では便利だが医療従事者目線だと非常に邪魔」
という投稿でした。
読んでなるほどと納得したので、ベッドに取り付けるのは手術の後、ある程度 体調が安定して動けるようになてからにしよう!と決めた次第です。

実際、手術直後の意識朦朧なときに部屋に運ばれてベッドに戻されるのですが、その作業時、いったんベッド柵を外しますよね。
しかも私の場合、戻って数時間は、酸素マスクやら点滴やら何かを排出する管が自分の両側に配線されていて、看護師さんたちの出入りも慌ただしい状態でした。
そんなわけでやっぱり「ベッドのやつ、外しといて良かったわ...」 と、身動き取れない中でボンヤリ考えたのでした。
(歩行もできるようになった翌日から使い始めました。)

--おまけ--
入院中の主な装備はこんな感じ。

IMG 7802

お仕事を納品してから入院できたので、ノートパソコンは重いから持ち込まず。
もっぱらiPadでSNSや動画を見たり、KindleOasisで読書などしていました。
書きものをしたいときはポメラDM200のカレンダー機能(日付メモ機能)へ簡単な日記を打ち込み、iPadにも専用アプリでQRコードを使って送り込んでました。

手で書く活動は最小限しか出来ず...
ヒマだろうからアイデアも湧き、物書き活動も捗るに違いない!
と思い、万年筆や野帳など張り切って持って行ったんです。
初日はSNSへこの画像をアップする余裕もあった...。

IMG 3795

しかし...やっぱり旅行とは違うので、気力・体力ともに無理で手つかずで帰ってきたのでした。

それにしても、しばらくぶりに「良いものだなあ」としみじみしつつ使っていたポメラでしたが、もうすぐ新型が出ると聞いてわくわくしています。
DM200のスペックで全く問題ない使い方ですが、新しもの好きとしては、久々に心待ち(←実物を触ったり、他の人の感想を聞きたいという意味で。)なガジェットと言えます。

DM250 | デジタルメモ「ポメラ」 | KING JIM ←外見はあんまり変わってない気がするけどね...

●2017年の過去記事:ポメラDM200を使いはじめました。

IMG 7799

[物欲&オススメ品 その3] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2022.06.24

「トップガン マーヴェリック」を観てきました。

B09YS59HNG2週間ほど前に、2D吹き替え版で行ってきました。

映画『トップガン マーヴェリック』公式サイト

とても面白かったです。
空中戦シーンでは「これ以上画面が大きかったら酔うだろうな...」と思いましたが、IMAX版への未練が捨てきれません。
もう一回行くか...?

前作「トップガン」は実に36年も前だったのですね。
個人的には、公開後しばらくしてからTV放映で見たのが最初だったかも。
・・・な程度だったので、ストーリー含めて記憶が曖昧。
今回鑑賞の直前に、Amazonプライムビデオで予習しました。

場面の各所をあえて同じような効果で作っていたり、ちょっとした思い出や人間関係をきちんとつなげていることに驚いたので。
こまかい面白さを味わうためにも、後でもよいので「トップガン」を鑑賞することはおすすめです。

前作では、主要人物の皆がぴちぴちに若い!
(特にトム・クルーズなんて二十歳ぐらいにしか見えず。)
だから、若さならではの無理矢理行動で上官からいつも怒られてるとか、恋愛エピソードが前面に来てるなあという感じはあります。

今作になって、主人公が年齢を重ねたからこその渋みも出てきて
(でもやっぱり、相変わらず上官から怒られてはいるんだけど...)
人との関わり方が、より深くなった物語として楽しむことが出来ました。
今回出演がなかったメグ・ライアンやケリー・マクギリスの役柄、今、あの世界の中ではどんな人生なのかな...等と想像したり。

ジェニファー・コネリーは、大昔からいつも綺麗ですね。
今作の中では、かつての美少女っぽい雰囲気も出ていて素敵なのです。

そして最初にトップガンを見たとき、私はトムよりも、優等生キャラなヴァル・キルマー派だったな!
ということも思い出しました。
(彼の実生活での)声を失うほどの闘病は大変なものであったと想像します。
それを乗り越えての主人公との強い結びつき。
美しく描かれていて、とても感動しました。

というわけで人間だけでなく戦闘機も36年分の進化を遂げ、実写にこだわるからこその映像クオリティは本当にすごいのでした。

トム・クルーズの体力といえば、ミッション・インポッシブルの次回作の予告も流れたけど...
そこでも延々と全力疾走していていたなぁ。
彼が主役をする映画にほぼハズレ無し!
という個人的法則が再び更新されたのでした。

[映画・テレビ] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2022.06.11

極小のルーターを1週間使ってみたら快適でした。(BUFFALO WMR-433W2-TB)

先月末まで、1週間ほど入院してました。
(緊急に何かあったわけでなく、半年ぐらい前からうっすらと予告されていた手術をしました。退院後の経過は順調です)
準備にあたり、使いそうなので買ってみた:→実際、役に立った:ものなどを、今後の更新でいくつかご紹介していこうと思います。

入院中も欠かせないであろうと心配していたネット環境ですが、有線LANのポートがついている病室に入れることとなりひと安心。
これを無線化するルーターを探したら、なかなか良かったのでここに記録しておきます。

10年くらい前までの海外旅行でも、Wi-Fiが整っていない(あっても不安定で使いものにならず、有線で繋いだ方が速い)ホテルがまだ多かったので、コンセント直結型のAirMacExpressが重宝したよなあ...などと懐かしい思い出があり...。


というわけで、Amazonで「入院 Wi-Fi」なとといったワードを入れるといろいろ出てくる良い時代です。
旅行や出張などに持っていく小さなルーター、今はたくさんあるんですね!

購入したのは下記の機種。5色もある中からターコイズブルーを選びました。
赤と迷ったんだよなー

WMR-433W2-BK : Wi-Fiルーター : AirStation | バッファロー ←BuffaloのHP

220611

↓Amazonで買いました。どの色もだいたい2000円台で購入できます。
BUFFALO 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 433/150Mbps トラベルルーター ターコイズブルー WMR-433W2-TB【iPhone13メーカー動作確認済み】

BUFFALO WMR-433W2

届いて開封すると驚愕の小ささ!
Amazonの製品画像がやたら大きいので...よくあるポータブルHDD的な規模を予想していたら、指先でつまめる切手みたいなサイズだったのです。
45mm四方とのこと。
重さも19g(って、プラスチック万年筆並み)だって...

さらに、LANケーブル(50㎝)・給電用のUSBケーブル(USB A to Micro Bの25㎝)と、携帯用の巾着袋もついているという親切さがとても有り難い。
※USB電源アダプターはついてません。昔iPhoneに同梱されていた5Vのを持っていったら問題なく使えました。


220611

ビジネスホテルとは違うので...LANポートとコンセントとの微妙な距離感があったものの設置に成功。

接続は特に難しいことはありません。
同梱のカードに書いてあるSSIDを選択し、これもカードに併記されている数字のパスワードを打ち込むだけです。
こんなに小さくてまともに動くのかと心配になっていましたが、1週間つなぎっぱなしでも全く落ちることなく、触ってもほんのり温かい程度。
iPadでのNetflixやYouTubeなどの動画視聴も非常に快適でした。

このルーター、2.4GHz帯と5GHzを手動スイッチで切り替える仕様になっています。
(出張用程度の使い方でそこに不便を感じる人はほぼいないと思うのですが、私の環境の場合KindleOasisは2.4でしか使えないことに気付きました。
クラウド同期したければ切り替える必要が。...入院中にやる余裕なし。

耐久性はどうなんだろうと思っていましたが、このサイズと軽さゆえに自室ルーターとして常設している方も(Amazonのレビューで見る限りでは)少なくないようです。
※「PPPoEによるユーザー認証が必要なプロバイダーをお使いの場合、ルーターとしてはご利用いただけません」
とあるのでご注意ください。

入院は二度とやりたくないですが...
全くかさばらない重さと大きさだし、いろんな場面で使えそう(少なくとも、うちのルーターが壊れたら一時的な予備機として活躍しそう...)な予感もあり、持っていて損はないであろうという機器になりました。

[物欲&オススメ品 その3] | 固定リンク | コメント (2) | ↑top

2022.05.18

ScanSnapを10年ぶりに買い替えました(iX1600)

夫が専門書などの昔からもっている本を大量に整理したいとのことで、ScanSnapを十年ぶりに買い替えることとなりました。
基本、電子書籍に存在するならそちらに買い直してもいるようで、同時進行で廃品回収に出す山を片付けている真っ最中です。

紙本から電子版への変更は、省スペース化という目的もありますが、画面で「拡大して読める」ことが嬉しいとのこと。
(それは私も同感・・・これがKindle化されているか? は重要な購買動機になってしまうなー)

ここ数年で、紙と電子の同時発売が増えてきた感はあります。
しかし頑なに紙のままの書籍もあり、PDF化:いわゆる「自炊」:しておきたい本はまだまだあるとのこと。

それならばと最新のScanSnapの機能を調べてみると、今はすごいんですね。
当たり前にワイヤレス...!

フラッグシップモデル ScanSnap iX1600 | スキャナーならScanSnap | 富士通(Fujitsu Japan)

各クラウドサービスやタブレットにも取り込めるようになっているし、上位機種になるとタッチパネルで操作設定出来るのがとても便利!
ひとむかし前の機種(S1500 を持ってました)で煩わしかったあれこれが解決されていそうなので、本体白色のほうを購入してみました。
B08R8YQY17
富士通 PFU ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1600 (ホワイト/両面読取/ADF/4.3インチタッチパネル/Wi-Fi対応) ←Amazon

試運転ということで、私の文庫本を電子化してみましたが、読み取りスピードは笑っちゃうほど速いです。
文庫サイズを白黒両面モードでスタートすると、重力でザーーっと紙が流れる落ちるのとほぼ同じ速さで通り過ぎていって、分厚い本があっという間にPDFに。
(重なりの検知も正確かつ素早い!)

220518

この機種はそこそこ大きめで、筐体サイズは10年前購入のS1500とほとんど変わってません。
しかしそれでも、USBケーブルから解放されて好きなところに置いて作業出来るのは とても有り難い!

ちなみに2014年、下記でレビューした裁断機はクローゼットの中でドッシリと存在感を放ついっぽうで近年はほとんど触ってませんでしたが。
ここにきてやっぱり大活躍中です。
高かったからな!

●過去記事:本の電子化用に、とうとう裁断機を買いました。

数百ページの書籍が、ケーキのごとく美しい断面で(力をかけた一瞬でサックリと!)切れるのは快感...
読み取り機械が進化しまくった今、裁断効率こそが自炊の質を左右するのではないでしょうか!←力説

220518

ScanSnapにはもちろん、もっと手軽でコンパクトな機種もありますから購入時はかなり迷いました。
本の電子化なんて、今後どんどんやらなくなっていく気もするし...

ちなみに、書籍と言えるほどでもない数ページのパンフレットや、1枚ペラの書類や名刺等々のスキャンをしたい用事のほうは結構あります。
そんな時、うちはEvernote Scannableという無料のiOSアプリをiPadやiPhoneに入れてスキャンしてます。

画像スキャナアプリ - モバイル端末から簡単にスキャン、保存、共有

Evernote Scannable クイックスタートガイド – Evernote ヘルプ&参考情報

多少曲がっていたり角度が浅かったりの適当な置き方をしても、自動で探し当ててきちんと解析し、スキャナに入れて読み取ったかのように真っ直ぐな角度で電子化(画像またはPDFの形式を選べます)される機能はすごい。
その名の通りEvernoteへの直送ボタンは便利なので、(毎年Evernoteに課金している私は)重宝していますが。
普通に共有機能でどこにでも飛ばせますし、端末内カメラロールに溜めていくことも可能なので、iOS端末をお持ちなら誰にでもおすすめな感じです。

[電子書籍のこまごま] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2022.05.16

「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」を観てきました。

B09WDZQP4D公開から日にちが経ってしまいましたが、6日に行ってきました。

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』オフィシャルサイト

前作(ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生)の展開が暗くて悲しいものだったので、今度もそんな感じなのか?
...と考えているうちに5月になってしまったのでした。
結論から言えば「面白かった!もっと素早く観に行けばよかった!」であります。
それは、前作の暗い謎が回収されて安堵したり 落胆しても腑に落ちたりという件がいくつかあって、わりとスッキリしたからじゃないかな...

グリンデルバルド役をジョニー・デップが降板してマッツ・ミケルセンになったニュースは当時けっこう衝撃でした。
正直なところファンなので嬉しかったんですが、この2人は全然違う感じなのでは?という思いも有りで。

どちらが良いとかはこの際言いませんが、マッツ・ミケルセンの過去作で見てきた「狂ってるのが当たり前なのでよろしく」みたいな怖さ
(静かにとつぜんグサグサ刺す感じ... それでもって、特定の人との結びつきが心の支えでもあり大きな傷でもある...みたいな影!)
は、ここでも遺憾なく発揮されていました。

ファンタスティックビーストのシリーズが好きな客層に合っている人選なのかは別として、わたし的にはマッツ氏のグリンデルバルドが神々しかったです。
ダンブルドア役のジュード・ロウとのコンビも最強。
次作もこの感じなら絶対公開初日に行くわ...と、うっとりしてシネコンを後にしたのでした。
ジョニー・デップのファンの方、すいません

相変わらずスローモーションで光りものを追いかけるニフラーの場面や、かわいいピケットも出てきますが。
今回の魔法動物、新顔の一匹はキリンです。
(日本的に言うと、ビールの缶に描いてあるほうの麒麟。でも綴りはqilinなのね...)
あんなに可愛いのに意外と関連グッズが無いのが不思議です。

というわけで、NetflixやAmazonプライムで配信している第1作から再度鑑賞をしつつ、次回作を楽しみにしたいと思います。

[映画・テレビ] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top