« Webスクラップソフトを活用しよう | トップページ | 「ファインディング・ニモ」を観てきました。 »

2004.01.21

アイコン新作と、ちょっとしたHow-To。

よつばクローバーアイコン。ゆうべ単品でアップしましたのでダウンロードはこちらからどうぞ
8bitフォーマットも仕込んであるので、一応OSXやXP以外のOSでも使えるようにはできてます。
絵柄上、32bit表現(しかも最大サイズ)のときがBestViewです。
...私のアイコンはみんなそうなんだがナー

今回は、完全Photoshop製。
金属表現などは、今までの制作上だとか、Tips本などの知識で、コツコツとスタイルパレットの上に蓄積してきました。
更なるアレンジでどんどん幅が広がっていくので本当に便利。
いつかウェブログ上でもそのあたりのこまかいHowToも展開していきたいとは考えてます。

葉っぱ部分のリアルな立体感は、レイヤー効果のエンボス機能でもある程度(というか光沢輪郭あたりを上手にいじればかなりイケる)再現できるのですが。
「いかにも3Dソフトで作った」っぽさを出したい場合は、「周囲からの映り込み画像(環境マップ)」を乗せると格段にナマナマしくなります。
環境マップ合成ができるKPTプラグインは、私の「Photoshop標準機能」になりつつあるよ。

----
例えば上の画像は、OSX画面のスクリーンショットなのだけれど、単品アイコンをHPに載せる場合は、150×130ピクセルの定形サイズとしています。
セットものの場合は、幅450を決まりとしてます。高さは中身によりけり。)

この画像を作成する際使用しているSnapzproxがとても便利でねー。
連載仕事の、よりによって一番最後のツメの時に発見(というか教えてもらった)ソフトで、これをもともと知っていればどんなに今まで楽だったかと愕然としたものです。

コレを使って(「範囲選択切抜き」を選んでControlキーを押しながら)切り抜き範囲を決めることができるのですが、画面拡大鏡みたいな機能がついているので、ピクセル単位でギリギリの大きさで切抜きができるのが本当に便利!
切り抜きサイズなんてPhotoshopであとからやればいいジャンと思ってたのですが、SnapzPro上で一気にやったほうがぜんぜん正確かつ楽ちん。

いろいろとオプションを駆使すればかっこいいスクリーンショット画像がばんばん撮れる(動画化も可能)ので、ソフトウェアレビューを書いてる人や、アイコン職人の皆さん(まあスクリーンショットじゃなくてもアイコンの紹介の仕方はいろいろあるんだけど)にもぜひおすすめしたいなあと。

|

« Webスクラップソフトを活用しよう | トップページ | 「ファインディング・ニモ」を観てきました。 »

コメント

 ほしのさんコメントありがとうございました。CSSを改変していながらも、ブログはまだ2日目なんです。コメントとってもうれしかったです。ほしのさんのブログ拝見させていただくとDesign関係のようですね。Dremweaverは私の相棒が使っております。(私はGoLiveですが^^;)相棒いわくGoLiveなんかよりよっぽど使いやすいと言っております。ちょっと使ってみるとほんと使い安いのなんの。本当はMXも考えていたB4でした。それではまた。

投稿: B4 | 2004.01.24 20:38

ふ、二日目であんなに改造できちゃうんですか..。
Golive、4くらいのときに一度挑戦したことがあるんですが信じられないくらい重くて何もしないうちに挫折した思い出があるので、今度こそと考えてるんですが...
CSになった今はどうなんでしょう。
私も使い較べてみることにしますね。

投稿: ほしの | 2004.01.24 20:55

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイコン新作と、ちょっとしたHow-To。:

« Webスクラップソフトを活用しよう | トップページ | 「ファインディング・ニモ」を観てきました。 »