« アイコンセット新作とか、タブレット新モデルとか。 | トップページ | 一瞬、ムツゴロウさん状態。 »

2004.09.15

ながれる雲を作りました。

押しても動きませんけど。レンダリング中でヒマなので(っていっぺん言ってみたかった!(゚∀゚)とうとう言ったぞわあい)、週刊アスキーのSIGGRAPHレポートを読んでました。
去年も思ったのですけれど、そこらのCG雑誌よりすごく熱心にシーグラフをリポートしていて週アスはすごいなあ。

ああ、ElectronicTheaterで私がすごく気にいった短編アニメのBoundin'は、この冬公開のMr.インクレディブルと併映になるんだね。
どうりでSIGGRAPHの上映作品DVDに収録されてないわけだ。あたりまえか。それがビジネスってことで。
でもとてもいいよ。かわいくて。励まされます。
映画館でまた観るのが楽しみ!


何をつくっていたかというと、雲が流れる動画がサンプル的にちょっと欲しいんだけどとご主人が言っていて、かなり急だったみたいで、たとえばこういうソフトって当日発送してくれるんだろうかとかとか、右往左往。

景観ソフトマニアな私も、動画はぜんぜん作らないので一緒に動揺していたのですが、機能的にはさすがに今どき装備しているだろうということで。
Vue4のマニュアルを調べまくりました。
(静止画ですらちょっと画質を上げると永遠なほどに時間がかかるBryceでは、なるべく動画なんて作りたくない。)
いい具合に雲アニメーション(雲が微妙な変化をともないつつ刻々と空を移動していく)チュートリアルもついてたので、取り掛かった次第です。

VUEは空とか空気の感じがとても自然で綺麗ですねー。今回かなり見直しました。
(OZONEという名前でLightWaveやCINEMA 4D用の空作成用プラグインになってます。)

モノの質感設定はBRYCEのほうがマニアックに凄いと思うし、これからも活用したいんだけど、Bryce生成の空ってどれもどこかの惑星みたいな「地球外っぽさ」がにじみ出ていて使いどころが難しいです。
Vueは、そういうファンタジーくささがなくてとても実用的。
そしてなにより、レンダリングがシャキシャキしていて気持ちよい。
これを機会にもうちょっと勉強しておかなくちゃだなあ。

次バージョンのVUE5にも当然期待。
Bryceも頑張ってー。)

雲アニメはなかなか楽しく制作できました。無駄な出費を防げたので喜ばれたし。
あたらしいことを知ったことにより、脳のシワが微増してますように。

|

« アイコンセット新作とか、タブレット新モデルとか。 | トップページ | 一瞬、ムツゴロウさん状態。 »

コメント

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ながれる雲を作りました。:

« アイコンセット新作とか、タブレット新モデルとか。 | トップページ | 一瞬、ムツゴロウさん状態。 »