« 「シン・シティ」を観てきました。 | トップページ | 水晶箱と24を交互に眺める夜。 »

2005.10.05

雲いろのインクを買いました。

GRIS NUAGE (Cloud Grey)この夏に入手したいくつかのインクの中で気に入っているもののひとつ。
伊東屋の、ガラスペンやシーリングワックスなどが売っている階(万年筆フロアの上)に並べられている、フランスのエルバンというブランドです。
・公式サイトはこちら。J. Herbin 綺麗だなあ。
・通販でおすすめなのはこのあたり。品揃え多彩。 香水入りとか、あぶり出しインクなんかもあるんだね。

植物や自然関連のことばをつかって名付けられた様々な色味がラインナップされてます。
万年筆なのにこんなカワイイ色もありなんだね!と感心の、パステルカラーなど薄めなカラーも綺麗に揃っているのが特徴。(日本的情緒としても共感。)

この、「GrisNuage」という色は、灰色のインク。
もくもくした灰色なものの絵がラベルに書いてあるのですが、最初はケムリ色(?)かなあとか考えてましたが。
帰宅後、ちゃんと翻訳して調べたわけで、雲です。灰雲色。
(大学の語学でフランス語を選択していた時期もあったのは秘密だ。)

薄墨っぽい効果を期待していたのですが、わずかにブルーが入っている。
なるほど雲ですね。
この青みのせいで、鉛筆で書いたときのような光沢すら感じることもあり、予想外レベルでとても気に入っています。
書いていると、ペン先からほんのりと水彩絵の具の香りがたちのぼるのも面白い。

ペンのインクは、紙の上に映える、パキっとした色味のものが好まれるし実用的なのだとは思いますが。
書くということに慣れてくると(例えばいずれ書くつもりのブログの草稿とか)、なにも紙の上でそんなに自己主張することもないじゃないかというようなことでも、とりあえず書いておきたくなります。日記的な記述なんかもそのうちに入るかもしれない。
この色くらいのちょっと「控えめ」な存在感のほうが、目にも脳にもおだやかに作用して、ペンを動かすことのみに集中できるんだな。

だから、穏やかに目に入るインクがひとつくらいあってもいいかなと思って、まずは入門的にグレーを選んでみましたわけです。
ああでも、「わすれな草ブルー」とか「ムーンシャドウ」なんていう魅力的なかわいい色も気になりますよ…

ボトルのデザインが、手前に細身のペンを横置き出来る溝がついているのもオシャレ。
20年くらい家庭内デッドストック品だったのを目覚めさせたパーカー75に入れてます。
ぐいぐい書ける、硬めのしなりを持つペン先には、ちょっと太めのFであることも含めて、すごくよく合う色です。
このインク入れてから使用度が相当上がりました。

インクコレクターな皆さんには、ぜひ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

↑...というような下書きを1ヶ月前の日付でロルバーンのノートに記してあったのを発見。
なんともったいない。と慌てて打ち込みました。

今日は既に金曜日か?と思ってしまうほどの密度と加速度で多種多様に業務をこなしました。
なんだろう。新月効果?
Photoshopが火を噴くほど(明日もかなあ)ちくちくとやりこんだし、エクセルも加熱したし、次シーズン用オマケ箱も作ったですよヤッホイ。
残念だったのは、半年ぶりに近くの某料理屋に行ったら、すっさまじく味が落ちていたことだ。
職人さんも、パパイヤ鈴木みたいな人になっていた。
店の中も、妙に居酒屋っぽい貼りものが増えてたし。
長年ひいきにしてきたけれど...もう行けない。しくしく。

[文房具--万年筆] | 固定リンク | ↑先頭へ戻る

« 「シン・シティ」を観てきました。 |  -  | 水晶箱と24を交互に眺める夜。 »

トラックバック

トラックバックは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
発信元に、この記事への言及や文中リンク等が特にない場合は、削除させて頂くことがあります。
アクセス稼ぎや単語検索などによる無差別な送信は固くお断りします。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/670/6257259

この記事へのトラックバック一覧です: 雲いろのインクを買いました。:

» 紙の上の雲 [かにクラブの「かにブログ」 から]
ほしのさんのブログ「★ちゃんネルDays★」で見つけた素敵な情報をご紹介します。J Herbin(仏)のボトルインクで「Gris Nuage 続きを読む

受信 2006/11/22 12:32:47

コメント

私は以前、ミントグリーンのカートリッジ買いました。
カートリッジはアルミのケースに入っていて気に入りました。
最近、いろんなインクが出て嬉しくなって買っちゃうんですが、問題は、それぞれのインクをいれるほど万年筆を持っていないし、第一、字を書く機会がないことかなあ。
一応、会社では万年筆使っているんですけどね。

投稿者: ERI君 (2005/10/05 9:01:30)

数年間、熱帯地方に滞在した事があるせいか、個人的には薄墨色のみよりもブルーが入っている方が好きになれそうな気がします。(雲の向こう側で少し稲光しているイメージ。)

某料理屋は、でぶや仕様に芸風の変更ですか?(笑) ちょっと困るかも。

投稿者: cretin (2005/10/05 9:12:09)

>ERI君さん
そうなんですよ、インクが好きになると、その数だけペンが要るじゃないか!という強迫観念に襲われます(笑)
結局、そのせいでコンバーターつけたsafariがどんどん増えてるんです....。

>cretinさん
まさに、青みがかった雨雲のどんより色なのです。
モールスキンには滲んでまだらになるという、すごい拒否反応を示すのですが、他の紙には実に綺麗に薄青色が発色してます。
リングノートのロルバーンの黄色い紙に書くのもお気に入りです。
パパイヤさん(仮名)はやたら元気でしたが、もうまちがいなく、ダメです。

投稿者: ほしの (2005/10/05 15:37:24)

雲色 非常に欲しくなりました

気になって全部の色を
拡大してイラスト見ちゃったもん

ミントグリーンのビジュアルがこのみ。。。
サファリたくさん持ってる意味
こういうところで発揮されてるのですね!!
うっらやまひぃ。

投稿者: JF (2005/10/09 14:18:35)

先刻、インク販売店を検索していたところ、エルバンからスケルトンの水性ボールペン(万年筆のカートリッジを使うタイプ)が出ているのがわかりました。(ヒットしたのは通販のサイトです。)

カートリッジ26色+水性ボールペン26本だと、22,000円くらいです。誰か揃えている人がいるに違いない!

投稿者: cretin (2005/10/13 14:45:10)

http://www.pen-house.net/pen/herbin/pen.htm
これですねー!(゚∀゚)
一本くらい買おうかなと迷ってたんですよ。
というわけで
26色全揃え...は念頭になかったんですが(笑)、オトナ買いとはまさにこういうもののことを言うのでしょう。
(やってる人いるんでしょうか。)

投稿者: ほしの (2005/10/13 16:20:14)

雲色。サイトで確認しましたがすっごくいい色ですね。僕はインクコレクターではないのですが、この色は惹かれる!

MOLESKINEは「拒否反応」ですか(笑)
可愛いなあモールスキン(笑)

投稿者: ミサイル (2005/10/19 10:22:18)

淡い色って、ふつうに書いても「ちょっと引っ込んだ感じ」がしますよね?
「書き癖」がついてくると、そういう存在も欲しくなるときがくるんですよ。色だけで小声になるっていうか。
グレー系だけでなく、いろんな色味で薄い色味が揃っているブランドなので注目のブランドですね。
Molesekineでは残念でした。気むずかしい子だ。

持ってるインクの数だけペンが欲しくなるのはインクコレクターのうちに入るんですかね?
だから、あんまりインクが増えるのも困るんです。経済的・収納的に。

投稿者: ほしの (2005/10/19 15:02:48)

はじめまして。
実は、失礼ながら、時々 ROM させていただいてまして
「ブルーがかったグレー」と知った時点で欲しくなり
「色だけで小声になる」が購入する決め手になりました。
小声で書きたい内容や気分の時もありますものね。
グレーサファリで小声を楽しめそうです。ありがとうございました。

投稿者: (2005/11/20 19:31:34)

柊さんのブログ、いつも楽しみに拝見してるんですよ。
ぐりすぬあげ(笑)、よい色ですよね...。
灰色サファリ、私はブルーブラックを入れて愛用中ですが、この軸色が廃番になると聞いてかなしいです。

投稿者: ほしの (2005/11/20 19:47:03)

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。