« 旅の準備の無印良品。 | トップページ | ボストン旅日記特集用目次(主にSiggraph2006) »

2006.07.26

旅の準備の文房具。(っていうかもう明日出発)

Pilot Opt. + Rollbahn notebookんーなんとか、トランク詰めもほぼ終わった(ってもう、この時間に荷作りが終わってないと出発できないのである)のでぼぅっとしています。

去年、こんなことを書いていましたが、今年の旅は一転、ロルバーン(の買い置き)を消化する機会と定めることにしました。
ロディアは日頃からちゃくちゃくと減っているのですが、リングノートはなかなか使わない...と気付くまでに何冊も集めてしまって。
色もかわいいのでね...
紙自体は書き心地がよいので、ブログのネタ書きなどにLサイズ(A5よりちょっと小さい)のほうを使うことがよくあって重宝してます。

旅中、日頃のメモの主力はMサイズ(A6よりちょっと小さい)のピンクのものを使うことに。
サイズも手に合っててよさげ。後ろのポケットなんかも便利そうだし。
(よく使われる言葉だけれど)私の場合は実際に「立ってメモをする」ことなんてことがあるとすれば唯一、旅行中だけだし。
さすがに10日くらいで1冊使い切ることはないだろうとは思うのですが、これもまた手つかずで放置気味だったほぼ新品のSサイズも一応、荷物に入れておきました。
ミシン目で千切ればロディア11的な使い方が出来るんじゃないかと期待。

レシートやその他収集物のスクラップ記録帖としては、今年も前回と同じくA5ノート+コクヨのドットライナーに頑張ってもらうことに。
(ただし今年は、無印のシステムノートよりもう少し厚みのあるCampusノートに格上げです。)
ドットライナーは、ミニサイズのほうの弱粘着と強粘着をそれぞれ。
日頃も意外に、そう大差ない割合で強・弱を併用しているのですよ。
すぐに剥がせるってのも付箋的に使えてそれなりに便利なんですよね~。

都会の文具店で眺める度に、欲しい..けど、普段使う余地がこれ以上ないので自分にはちょっとオーバースペックだなあと、眺めては売り場に戻す、を繰り返していたトラベラーズノートについてですが。
本当に旅に出ようとする今こそが使うべきどんぴしゃな機会(ちょっと贅沢だけど)ではないか、と、うっすらと後悔中です。
こんなに素敵な使い方のページをつい最近眺めてしまったわけですが、田舎には売ってないし~、通販では売り切れてるし~(どっちにしろ間に合いそうもない時期だった)どうしよう成田空港に売ってたら!と怯えている私なのです。
Campusノートがこれに打ち勝つことが出来るか…

成田空港の文具売り場は、小さいながらもノートやメモ帳系限定で超充実していることで(私の中では)有名です。
さすが、ピンポイントな品揃え。実際、旅前に書きもの道具を買う人も多いのでしょう..。


筆記具は、持ち歩き用に、3色ジェルボールペンのサラサ3と、これは昨日何となく試し書きして結構気に入ったオプトのシャープペンを。写真の、ピンクのやつです。
軸の太さや重心などがとても好みなものがこんなに低価格で選べるなんて、本当に日本の文具市場はすごいなあ。

と、言いつつも、これまた衝動買いのラミーのティポもオレンジ色がかわいいので買ってみました。
ものすごく滑らかに、いかにもラミーインクな感じのくっきりくろぐろな太い線が書けて、ちょっとヤミツキです。
ジェルボールペンに惹かれることといい、なんとなくローラーボールっぽいものを集めたくなっている今日このごろ。
万年筆のペリカン系青インクに馴染みやすい綺麗なやさしい青なので、サラサクリップの「ペールブルー」という色、これもおすすめです。
一応、このヒトも旅のペンケースにも入れてみましたよ。
サラサクリップの芯は、ラミーのtipoにほぼ(ぴったんこというわけではないがほとんど支障なく書けるほどに)差し替えできるんですってね。
ついでにいうと、サラサクリップは、モンブランのジェネレーションのローラーボール(現行品はわかりませんが..)にも、やはりほぼ(ラミー以上に)きっちりと付け替えられてなんかもう、ひと安心~。
いろんな色と字幅が選べるなあ。(芯の価格が10倍くらい違うから..。
そんなケチケチしたことを、正しいモンブランユーザーは言ってはいけないのだろうけれど..)

万年筆はこれも昨年と同じように、ペリカーノジュニアやサファリなど、まあ「紛失・落下しても精神的ダメージが少ない」ラインナップでちょびっと持っていく予定です。


こ、こんなに持っていっても!結局、デジタル率高めにならざるを得ないのが恒例のことなのですが..。
短期間ながら環境も考えることも変わる日々になりそうなので、これを機会になにか練り出してくる日々でありたい。
と無理矢理美しくまとめてしめくくります。


旅中、ネットが通じる環境が整い次第、ぼちぼちと活動を再開します。
(言い忘れてたような気がしますが今年の開催地はボストンです。
なんかもう、片道13,4時間くらいかかるみたいです。長っ。
なのに時計上は、ちょうどそれくらいが時差で吸収されてしまう不思議。)
とりあえず、各種ショッピングモールに直結環境のホテルだし、去年のLAよりは楽しい余り時間が過ごせそうな感じ。
もう、どうしましょー。

ブログもなるべく書ければいいのだけれど(載せた記録を旅行記用としてまとめるつもりではありますが、リアルタイムで更新できるかは気力次第)ともかく、Flickrへの写真のアップロードは出来る限り大量にやろうと思っているのでどうぞお楽しみに。

ではでは。行ってきます。

|

« 旅の準備の無印良品。 | トップページ | ボストン旅日記特集用目次(主にSiggraph2006) »

コメント

お気をつけて〜!
シャーペンもかわいいなァ…。

投稿: hiro. | 2006.07.27 04:17

お気をつけて!!

投稿: dami | 2006.07.27 16:52

hiroさん、damiさん、ありがとうございます〜!
無事到着しております。
先ほどからネット活動(笑)を始めたところです。
とても暑いボストンの午後です。
昼時点で既にたっぷりと歩き回って部屋で涼み(昼寝中です。)
写真などもぼちぼちアップロード予定ですのでどうぞそちらもごらん下さい。

投稿: ほしの | 2006.07.29 04:09

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の準備の文房具。(っていうかもう明日出発):

« 旅の準備の無印良品。 | トップページ | ボストン旅日記特集用目次(主にSiggraph2006) »