« そしてスターター・キットを買ってきました。(フランクリン・プランナー) | トップページ | 積ん読山が高くなってきました。(また手帳系) »

2006.11.15

超アナログ版PowerBook、みたいな。

ふむ...なんだかんだいって睡眠時間は削らないのでどんどん昼夜がずれてきてますがまだまだこんなもんじゃないだろうねこれから年末らしくもっとすごくなるだろう、な11月中盤。
ブログ更新も今月はどうやら間違いなくヒト桁だなあ。
Woodenshipsさん再開してたワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・


Franklin Covey Classic Plannerデイリー版のフランクリンプランナー、だいたい20日くらい使い続けているけれど、こりゃもうきっとしばらく..少なくとも半年くらいの単位での継続..は大丈夫。という手応えが。
というわけで、持っている中でいちばん巨大な林檎ステッカーを貼って気合いを入れてみました。
いつだろう、10年近く前くらいに会社の大掃除でまとまった枚数を拾得し(笑)愛好家同士で分け合った記憶が。

とはいっても「説明書」以外、専用書籍を読み込んだり壮大な目標を構築したり等々の本来の準備はすっとばしています。
このサイズの、このレイアウト(前回の記事写真参照)がしっくりきていると言うべきでしょう。

1年分のリフィルを購入する前、Moleskineラージを、見開きで毎日、そっくりに線を引いて(左はToDo・時間軸、そして右は全部メモ)使えばいいじゃん、という案を思いついて、かなり乗り気になってましたが。
(1日1ページで足りる確信があるならばデイリーのダイアリーを買ってしまえば済むことなんですが...どうもそういうことでもない予感。
キャパ的なものより「見開き1日」っていうひろびろな見渡しが気に入っているんだと思う。)

しかし、月や年単位できっちりとデータをストックできる機能性を考えるとやっぱり、システム手帳形式のほうが便利。
こういうのにハマっちゃうのもなあ...と頑なにならず(笑)、素直に出来合いのセットを使ってみようかという結論になりました。

全然これは当初の目的ではなかったんですが、仕事・家事系はもちろん、買い物系やら日記系やら、今までいわゆる「多ノート」次元で各所にこまごま散らばっていた情報が一元化できていい感じ。
巨大な年間専用ストッカー(これはこれでフランクリンを使ってなくても、リフィル保存用に重宝しそうな収納量。)の中に1年分まとめることができたら、後から読み返して面白い「自分データベース」になりそうなんですよね。
時間があるときにしかるべき場所にそれぞれ、情報は転記する予定だけれど、この時点で取捨選択したり、もっと掘り下げることも出来るんじゃないかと..。

というわけで、これは「ページ数2倍のほぼ日手帳だ」と思うことにしました。
実際、そういう気楽さで、書きものを楽しみつつ続けていきたいです。

ただこの手帳、完全に机上専用です。
バインダーに綴じて持ち歩くには3ヶ月分が(解説書的には)推奨されていますが、とんっでもない。
デイリーリフィルだと2.5センチ径のバインダーでもぎりぎりな量です。
せいぜい1.2週間分(外出当日分だけでもいいくらい!)10ミリ前後くらいのスリム版のバインダーを、日本市場向けに作ってくれないかなあと思います。
私の持ってる薄型ファイロファックスだと横幅が数ミリ飛び出すのが惜しい。(掲載写真参照。)


そして、このリフィルのことなんですが。
何種類かあるなかで、「オリジナル」といういちばん無難なリフィルセットです。
ほぼ日のように(いや、あちらがこれに倣ったんでしょうが..)有り難いお言葉というか道徳・勤労的格言が上の方に2.3行毎日印刷されおりまして。
こういうものをさらっと視界から離す訓練が出来ているのは、ほぼ日使用歴がそこそこ長いおかげかなあ(笑)
慣れないと「お言葉」が手帳に毎ページついてること自体、抵抗あると思うんだよね~

そして、(どちらかといえばクオバディスのクラシック版にも似てすべすべと厚みのあった)2ヶ月分のお試しキット(トライアルセット)の紙質と全然違う~。
と、フィルムを開封してはじめて気付いた次第です。
しかし、1年分のリフィルセットが4500円くらいする、だけあって、それなりによくできた紙でした。
これ以外にも何種類か模様等違うものがあるし、日本語版や英語版もあり、それぞれ紙質も微妙に違うらしいので。
あくまでも「オリジナル(日本語版)」というリフィルの感想に留まります。

ぱっと見は、コピー用紙がちょっと薄くなったような、とにかく普通の印象だったんですが。

●薄さの割には紙らしい凹凸がちゃんとついている。コマカイ字も滑らずに書きやすい。きっとボールペンにも向いてるでしょう。
 (日本の「手帳用紙」的なきめ細かく滑らかな感じとは違う感じ。)

●万年筆に対しては、この凹凸が適度にインクを吸ってくれるため、太字ペンでもフローが拡がりすぎない。字幅が締まり気味になってきもちよい。
ペンへのアタリもやわらかめ。
 (4ミリ横罫でもペリカンのBニブがいけてしまうのが不思議だ。Mでも余裕。)

●青インクしか試してないからなんとも保証できかねますが、線の滲みが皆無。
 (この点は、白版ファイロファックスのリフィルより優秀。紙の手触りやペンの当たりの柔らかさなどは似ているけれど。)

●ふだんの紙では無音でも、このリフィルだとけっこう筆記音がする。
フローたっぷりめなペリカンのBですら、ひょひょひょ...という低い摩擦音が。ペンの性質を反映してか、各ブランドごとにこの音が全然違って面白いです。

●紙とインクの相性は、誰もが皆悩んでいてペンやインクのさまざまな組み合わせで変わる永遠の課題、だけれど。
私の手持ち(青インク)では、裏側が使い物にならないほど裏抜けたのはパイロットくらいか。
それなりに薄いので、書いてある影は写るけれど、ラミーやペリカンやモンブランなどに関しては、どぼどぼのインク量で書いても、裏側表面ぎりぎりのところでインクの侵攻(笑)が停止するところに感動。
ウォーターマンでも、まあまあ大丈夫。
等々考え合わせて、総合的にもモールスキンよりは相性問題は優秀。
(そんなに厚い紙ではないので、裏への影響具合が「オモテに書いてあることがまるきりわからないくらいが理想」という人には向いてないとは思うけど。)

どういう紙が万年筆にむいているか、の好みは各人分かれるところかと思いますが。
私の場合、ペン先で紙の質感が味わえるこういうタイプの紙は、スベスベ系よりずっと好き。書き味も柔らかめなんで。
目下のところ、ペリカン400のBニブでスルスルと書きつけるのが気持ちよいです。
この紙だとほどよく染みこむせいか、儚げで春夏向きだと思っていたペリカン青もしっかりと濃く色づいて、輝くようなロイヤルブルーになって素敵なんだよね~!

長年の愛用者の方々には失礼ながら、「企画モノ手帳」という印象がどうしても抜けなくて紙質に関しては全く期待していなかったのです。
レイアウトの使いやすさも含めて、これは申し訳なかったなあという素直な反省と驚き、なのでした。

[文房具--手帳・ノート] | 固定リンク | ↑先頭へ戻る

« そしてスターター・キットを買ってきました。(フランクリン・プランナー) |  -  | 積ん読山が高くなってきました。(また手帳系) »

トラックバック

トラックバックは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
発信元に、この記事への言及や文中リンク等が特にない場合は、削除させて頂くことがあります。
アクセス稼ぎや単語検索などによる無差別な送信は固くお断りします。

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 超アナログ版PowerBook、みたいな。:

コメント

う~ん、いいですねぇ~。
このステッカー、すごく可愛い♪
ピカピカ光る、この手帳にピッタリです。

私も、フランクリン~には、ほしのさん同様、
「企画モノ手帳」の印象が強かったです。
あまり素材などにはこだわってないだろう的な印象でした。
そうじゃないんですね。
使いやすさや素材等もこだわってるのだなぁと見直しました。
だてにベストセラーじゃないんですね。ふむ。

小さいかばんを使う時のメモがわりに、来年はモンブランの
ミニミニダイアリーを復活させようと思っています。
昨日、札幌大丸のモンブランに行き、来年のリフィルをお願いしたら、
「来月中旬入荷の予定です。」とのことでした。
来月中旬ってアナタ、もう12月ですよ~ってちょっとビックリしましたが、
すんなり承諾して帰ってきました。
ノンキなブランドですよね(笑)。

投稿者: ころーる (2006/11/16 15:40:37)

これ貼っちゃったらもう私にとっては、何万円もする専用の高級革バインダーより貴重品になってしまったので!買い換える気はなくなりましたよ~。
「企画モノ」というのはとてもおさえめな言い方でして、はっきりいってもっと近寄り難いオーラ(笑)を放っていたので長年敬遠していたんですよねえ。
嗜好がシステム手帳寄りになっている今年だったからこそ、首を突っ込む気になったのでしょうが、思わぬ収穫でした。
さていつまで続けられるかな?という疑問はまだまだありますが。

モンブランのミニミニダイアリー、入手されたらぜひリポート御願いしますね。興味津々。
私の場合、どうやらダミエのミニ6が外持ちとして復活しつつありますヨ~。
(リフィルはどこにでも売ってるような安いやつですが。)

投稿者: ほしの (2006/11/16 16:04:53)

フランクリンのバインダー以前に比べて質が変わったので
上品な感じになりましたね~。以前は合皮でしたがビニール
っぽさが強くて安っぽいバインダーでした。個人的には
BLOOMのリフィルが好きなんですが時間軸が21時まで
しかなくて断念した記憶があります

アップルのステッカーが栄えてカッコイイ^^

投稿者: さっちん (2006/12/01 14:09:10)

こんにちはー。
一応、革なのにコーティングされてるのってどうなんだろ..と思ってはいますが、合皮的に洗剤拭きっぽい手入れができて便利かも...。と気に入りつつあります。

とりあえずこのボリュームでの持ち歩きは想定していないので、こういう、ベルトや留め具無しって机上ではすごく使いやすいです。
外出用に、リング15ミリ未満のもっと薄くてヨコ幅がはみ出なくて、高級感のある革バインダーがほしいのですけど、既製品では、なっかなか無いですね~。

ブルームは(万年筆を使うには)紙がちょっと薄いとコミミに挟んでいるのですが、あの模様はすごくカワイイと思ってます。
フランクリンを知らない頃から、売り場でじっと見たことが何度か。
でも時間軸PM9までってのはきついですね。
日によっては、やっと「仕事エンジン」がかかる時刻だったりしますから(笑)

投稿者: ほしの (2006/12/01 14:40:08)

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。