« 新丸ビルにも行きました。(ダイモを入手。) | トップページ | 紺色の万年筆を買いました(CUSTOM74伊東屋版) »

2007.08.22

Moleskineの旅ノート展示を見てきました。

先日訪れた日本橋丸善で開催されていたのがINVITATION AU VOYAGE エキシビションという、小さな展示会。
面白かったです!

詳しくはITmediaのMOLESKINEで旅の思い出──都内各所でトラベルノート展という記事で写真付でリポートされています。
ここの一番上の写真の、緑色の看板の下にティッシュケースみたいなのが見えますよね。
中に、医療用的薄ゴム手袋が入っているんです。
で、穴の空いた透明の箱のなかに展示用のMoleskineが置かれているので、そこに手を入れて自由にめくって鑑賞できるようになっているわけで。
(閲覧終了後は右隣のボックスの中に手袋を廃棄。)

優秀作品はウェブ上でもめくって鑑賞可能なんですが、やっぱり生で見ると迫力(書き込み・描き込みの気合い)がビシビシ伝わってきてかなり感動しました。
個人的には、それぞれの力作が、どんな筆記用具や画材を使ったのかに興味があります。
是非とも真似したい線を使っている人がいたので、こういう細かいデータもインタビューして欲しかったな〜。

このごろ雑誌の特集などでもよく見かけますので、「旅ノート」なコンセプトが流行っているんでしょうか。
(最近の、この方面の究極は、フィルムカメラ+旅ノートだそうで!)アナログ回帰という感じがして良いなあと思います。
そのものズバリなトラベラーズノートなんていうのも人気ですし。
(↑...発売されてからわりと経ちますが、今になって実はちょっと、いやかなり、欲しかったりする!
旅にはせいぜい年に1度くらいしか出ないけどさ〜
気軽にざっくりと持ち歩けそうでよくないですか?もしかして見事にノセられちゃってる?)

でも、考えてみれば旅先のスクラップノートなんて、何使ってもいいんですけれど。
今までの私はA5サイズのノートを活用することが多かったです。
キャンパスノートや無印のなんかが、ページ数もサイズも1週間ちょいくらいの旅程にちょうど収まってイイ感じでした。(安いし。)
コクヨのテープ糊「ドットライナー」ミニサイズとセットで持ち、レシートやショップカードや、そのへんに積んであったチラシみたいなのまで収集して貼りまくるのです。
寝る前にその気力があればメモを書き込んだりも。
PCを持ち歩いてなおかつLANにつながる環境では休憩時間を使って比較的リアルタイムにブログ更新などもしちゃいます。

で、写真などをレイアウトしてまとまった特集をつくるのは荷解きをしながら帰国後数日のうちに。
これらの作成が終了してやっと「旅行終了」となります。
...という蓄積がこのページなのですけれど。
まさに、最初の2000年の旅あたりから、カメラをデジタルへ完全に切り替えたんじゃなかったかな?

アナログで美麗に制作した旅行記には完全に迫力負けしますが、どんな形ででも、旅の記録を残しておくというのは良いものですからオススメです。
どんなに以前の旅でも、一見しただけで素早く、土地の空気の匂いみたいなものまでもが頭の中に蘇ってくるのですから。

値段から考えてMoleskineに対してこの用途にはもったいないと思っていたのですが、さすがの佇まいで「手元に置いて、何度も思い出したい」オーラはぴかいちだと気づいた展示でした。
CityNotebookという、地図付の魅力的な商品が出てきていますが、これ、1年早いタイミングで「BOSTON」出てくれたら使いたかったな〜と結構くやしい。
秋にLos Angelesが出るみたいなので、来年こそは活用できるんじゃないかと楽しみ!

|

« 新丸ビルにも行きました。(ダイモを入手。) | トップページ | 紺色の万年筆を買いました(CUSTOM74伊東屋版) »

コメント

すごいですね~、旅ノート!
ウェブでめくってみるページに行ってみましたが、
感動しました。そのまま本にできそうなくらい
綺麗ですね。
私、最初は丁寧に書くのに、だんだん雑になって
そうなるとイヤになっちゃって、別のノートが欲しく
なってしまうという・・・(^^;)。
もうすぐほぼ日発売ですが、来年のも買おうと
張り切ってます!
Moleskineの2008手帳も使ってみたいんです。
ソフトカバーのタイプ。買っちゃおうかなぁ(笑)。

投稿: ころーる | 2007.08.23 22:53

手帳なんかもそうですけど、ヒトサマの実際の使用例を見るのって本当に楽しいですよね〜!
マメで器用な人でないとなかなかあのレベルは難しいと思いました.....

Moleskine、ダイアリーの種類ずいぶん増えたみたいですね。
ソフトカバーは使いやすそうですよね〜。
私は赤いハードカバーのやつが気になってます。
毎年、デイリーの分厚いのに魅かれて買おうかどうか年末ぎりぎりまで迷うんですよ。
似ているデザインのノートはたくさん出てきていますが、サイズや雰囲気はやっぱり「元祖」がいちばんに思います。
買っちゃうかもなあ(笑)

投稿: ほしの | 2007.08.23 23:13

>もしかして見事にノセられちゃってる?

ノセられちゃいましょう!使い道はあとからでもなんとかなりますから(笑)。

投稿: KE-TA | 2007.08.24 10:29

....早速茶革セットを買ってきました。(あっさり決断...)

うしろにポケット貼り付けたところです。
ジッパーポケットのリフィルが品切れで残念!

うわあああすっごいノセられてるけどいいや~。

投稿: ほしの | 2007.08.24 13:59

凄いですね、旅ノート。
でも、ホントに旅しながら描いたのかなあ。
ライブな使用風景も見たいですよね。

家に帰って清書っていうんじゃちょっと……


moleskine

まだ、迷ってます。
ほぼ日の空いているページに書き込むって感じで今は足りちゃってるんですよ。

投稿: nahenahe | 2007.08.25 01:41

間近で見ると緻密なスケッチで驚きました。
こういうのをサササーっと旅先でやれた試しがないので羨ましい技術です。
ほぼ日手帳は、既にコレ一冊で完結してしまうほどの機能性があるので、構成をさらに増やすのは意外に難しかったりしますよね....。
私も、Moleskineをはじめとする製本ノートの買い置きが何冊も手元にたまっていますので、うまい使いどころを、今、手帳構成と共に考え直しています。

投稿: ほしの | 2007.08.25 02:41

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Moleskineの旅ノート展示を見てきました。:

« 新丸ビルにも行きました。(ダイモを入手。) | トップページ | 紺色の万年筆を買いました(CUSTOM74伊東屋版) »