« エールフランスのカップ麺タイムが好きでした。 | トップページ | メトロに乗ってどこまでも。 »

2009.09.17

トラベラーズノートを地下鉄路線図でつつんでみました。

090911 TRAVELER'S notebook 090916 TRAVELER'S notebook

一週間経って(..なんだか遠い昔のことのようだ)、たまっていた雑事がようやく落ち着き、みやげもの文具などを開封しているところです。

トラベラーズノート、5冊目(5旅目)のリフィルを使い終わりました。
相変わらず、「旅限定」「日付以外書き込まず」「ひたすら貼る」で、やはりちょうど1冊埋まった感じです。
(リフィルはいつも、貼り専用の他に1冊余計に買って荷物に入れるんですけど。
ほら、なにか、芸術的なこと書いたり描いたりしてカッコイイ使い方ができるかもしれないし!
と毎度期待しては未開封で帰宅する......涙)

といいますか、今回はもらったパンフレット類に大きかったり分厚かったりするものが少なからずあり、それらは貼りきれていません。
例えば、ルーブルなどの大きな施設の館内マップなどは巨大なので、切り刻まないとトラベラーズノートのサイズには無理なんですよね~。
足を棒にして歩き回った思い出がしみついているので(笑)、ちょっとそれは勿体ない。どうしようかな。

毎晩、ホテルの部屋に帰ってきてはその日のレシートやリーフレットを貼り付けるのを日課にしていました。
(トンボの「消えいろpit」を愛用。「ドットライナー」よりは惜しげもなく、たっぷりべったり使える気がする。)

外国に行くといつもだいたいそうですが、安いものでもカード払いのときが多いので、レシート保管はあとあとのためにも必須です。
フランスは地下鉄のキップすら普通のクレジットカードで買えるんでびっくりです。
お店などでは支払時、レジで差し出された小さな機械に(だいたいほとんど自分で)カードを通し、4桁の暗証番号を打ち込んで支払い終了。
今回、ホテルの支払等含めて全部このパターンで、滞在中一度も、ペンによるサインを求められる機会はありませんでした。

レストランでは、お勘定の時にこちらがカードを使うことがわかると、ウェイターさんがやはり、ポータブルタイプの機械をテーブルまで持ってきてカードを通し、こちらがキーパッドにコードを打ち込み、その場で認証が通ってレシートがスルスルと出てくる、という具合。
あんまりにも簡単かつ気軽に事が済んでしまうので、この国ではカードの使いすぎや盗難で大変な目に遭っている人、きっといるんじゃないかと.....まあ日本でも同じようなものか。
こちらが暗証を打ち込んでいる間、店側は大抵、礼儀正しく視線を外してくれるんですが、混んでるときなどは後ろに並んでる人がじーっと肩越しに眺めている。とほほ。


ちなみに、今回、表紙をくるんでいるのは実際に愛用したメトロ(地下鉄)マップ。
ホテルのフロントで手頃なサイズのを頂きました。
1人であちこち動き回った成果で、私の冷や汗と「乗り間違えたら大変!」という熱い視線でシワシワの穴だらけになっていますが、それもまた思い出ということで。


左写真にある、小さなエッフェル塔のカードスタンドですがこれは旅と関係なく何ヶ月も前に、ディスプレイの前に覚え書きのメモを常時立てておく何かが欲しくて、近所の雑貨店で買いました。
ハイタイドのものです。
可愛いし、機能的だし、で気に入ってるんです。500円くらいだったか。
(全く同じのがパリでも売っていたような。)

パリの文具店やミュージアムショップでは、表紙に地下鉄路線図がデザインされていたり(←これはマークスのメモ帳だった)、の「パリっぽい」配色や絵柄の日本メーカーの文具類がセレクトされて何種類も置いてあって、手に取っている観光客の人はたくさんいました。
メイドインフランスじゃなくてスイマセンとは思いますけれど、日本発がよろこばれているのはけっこう嬉しい。

私も、「帰国したらこれ買おう...確かロフトで見たわ~」と思ったものがいくつもあったので、そのうち探しにいこうと思います!

[文房具--手帳・ノート, 旅日記] | 固定リンク | ↑先頭へ戻る

« エールフランスのカップ麺タイムが好きでした。 |  -  | メトロに乗ってどこまでも。 »

トラックバック

トラックバックは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
発信元に、この記事への言及や文中リンク等が特にない場合は、削除させて頂くことがあります。
アクセス稼ぎや単語検索などによる無差別な送信は固くお断りします。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/670/46232567

この記事へのトラックバック一覧です: トラベラーズノートを地下鉄路線図でつつんでみました。:

コメント

こんにちはー。

パリ、満喫されたようですね!
トラベラーズノートの山、表紙も含めて思い出いっぱいですね。
海外は紙モノひとつとっても魅力的ですですから…。
それにしてもこの64ページというのも絶妙なページ数ですね。
ほしのさんを見習って、今日のお休みはたまっている旅ノートのまとめに充てたいと思います!

投稿者: tenn* (2009/09/17 11:32:45)

こんにちはー☆
トラベラーズノート、今までてきとうに書類ケースに積み重ねてきましたが、ここまで増えてくると、そろそろちゃんとした保管場所を作ってやりたくなってきました。

私レベルの使い方ならそこらのノートでもいいような気がするのですが、いつのまにかこのリフィルが定型になりつつあるので、どれくらいの冊数たまっていくか自分でも楽しみです。
(もう、表紙の革のほうは怖いくらい傷だらけなんですけどね....)

投稿者: ほしの (2009/09/17 13:46:25)

表紙に地下鉄マップ貼っているのがおしゃれですね〜♪
トラベラーズノート活用できてないから、ほしのさんみたいに
旅に出て使ってみたいです(^^)

投稿者: 尚志 (2009/09/17 19:44:06)

移動中になくすと帰れないので、地下鉄路線図は財布の次に命がけで守っていました(笑)。
思い出ノートというよりは、帰ってきてからの支出管理にいつも役立ってるんですよ。
普段書きもの用に使うのはけっこう難しいサイズなので、そこは割り切って文字どおりの「旅専用づかい」にしています。

投稿者: ほしの (2009/09/17 19:59:31)

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。