« 2年目の10年日記。 | トップページ | デスクトップアイコン新作です(誕生石ことりセット+α) »

2010.01.24

「サロゲート」を観てきました。

B002TCRPOQ映画館のポイントが貯まって鑑賞無料券(ポップコーン付)を二枚獲得できたので、早速。
「かいじゅうたち~」と迷ったけど、これは後日有料で行くことに。

映画【サロゲート】オフィシャルサイト←冒頭から音が出ます

「生活行動の完全な身代わりとして機能するロボット(サロゲート)」をみんな持っているという近未来世界が舞台なのです。
持ち主(オペレーター)は家のなかから寝たまま遠隔操縦をするだけ。
代理行動をしてくれるサロゲートが事故などで壊れちゃってもオペレーター側は無傷なので便利・・・というところから普及が始まったのだけれど、あるとき、同時に人間側をも破壊してしまう武器が出現して云々、というのがCMなどからも把握できていたストーリー。

必ずしも持ち主(オペレーター)と似ていたりする必要もないので、ロボットはどれも理想的に容姿が整っているんですが。
(ブルース・ウィリスのサロゲートも頭にふさふさと搭載されているのですごく若く見える!)
その一方で、操作する人間たちの、見た目や心中のくたびれ感がリアルなのが際立ちます。
こんなことやってたら運動不足ですぐ病気になりそう...。


容姿が変えられることで悪用も簡単に出来てしまうわ、けっこう簡単そうに他人が遠隔設定やっちゃうわ、でいまひとつ(いや、じつは全く)「本当に将来ありえるのかもしれないな」という感情移入ができなかったのは残念かな~。
ちょっとした海外ドラマ並みに話が膨らすことができそうなテーマではあるけれど、そういう周辺事情は略されまくっているので、最後の「え?これでエンドクレジット?」の悲しみが少々。

ブルース・ウィリスは代理ロボットなんて要らないくらい、生身の時点でボコボコにされても不死身。
これはダイハードと同じだなあ!
あと、博士のジェームズ・クロムウェルは、「アイ,ロボット」での博士役がすごく頭に残っているのですけれど、ここでも同じような感じの役柄で。


というわけで、諸々深く考えないほうが楽しめるお話かもです。
いっせいにサロゲート達の接続が切れるところとか、歩いている全員がものすごい倒れ方をするので、あれは実写なのかデジタルなのか知りたいな~。

攻殻で言うところの、これは「リモート義体」ですよね!

|

« 2年目の10年日記。 | トップページ | デスクトップアイコン新作です(誕生石ことりセット+α) »

コメント

サロゲート、飛行機の中で見ました。

あんな生活してたら絶対に太って病気になりそうですが、皆さん比較的普通の体型で、むしろ「サロゲートを使わない連盟」の人たちのほうがブクブク体型だったのはなんでだろう(笑)

CM、多少ミスリード入ってません?

投稿: Moto@ | 2010.01.25 22:25

そーなんですよ、私も一番心配だったのは「中の人」の状態だったのですが、考えながら観るとツッコミどころ多くて疲れちゃう(笑)のでこまかい疑問は忘れることにしました。
こういう映画こそ飛行機向けなのかも....

投稿: ほしの | 2010.01.25 23:29

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「サロゲート」を観てきました。:

» 「サロゲート」代行ロボットが何でもしてくれる世の中 [soramove]
「サロゲート」★★★ ブルース・ウィリス、ラダ・ミッチェル、ロザムンド・パイク主演 ジョナサン・モストウ 監督、89分 、 2010年1月22日 公開、2009年、アメリカ (原題:SURROGATES)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 髪がふさふさのブルース・ウィリスの頭が気になって仕方ない。 「ロボットがすべての社会生活を代行してくれる 未来社会を舞台にしたSF・アクション... [続きを読む]

受信: 2010.02.03 08:07

« 2年目の10年日記。 | トップページ | デスクトップアイコン新作です(誕生石ことりセット+α) »