« ホームベーカリーを買いました(さっそく焼きました!) | トップページ | 毎日パンを焼く連休。(ホームベーカリー その2) »

2010.05.02

「第9地区」を観てきました。

B0036VO2RW今日から5月!
1日は映画が1000円です。
「この値段だったら観てみたい気がする..」という好奇心で意見が一致し、行ってきました~。
映画「第9地区」オフィシャルサイト
(「アリス」じゃないところがウチらしいというべきか。
前回アバターで視界がいまいちだったせいで、2Dにするか3Dかで迷ってるんですが~。)

この映画については、アメリカで公開時に結構人気だったという以外は殆ど予備知識無しだったのですが、先日美容院の担当さんに感想を聞いてみると
「こういうのって人それぞれだとは思うんですけど、『私は』面白かった気がしますよ。(一緒に行った)友人は駄目みたいでした。」
・・・という微妙なコメント。
うーん、そういう映画はだいたい好きです。

何らかの事情でヨハネスブルグ上空に長期間留まった宇宙船内にいた生物たちを真下の地上に連れてきて、難民キャンプのようなものを作って囲い込んでいる場所を第9地区と呼ぶのですが、長年の治安悪化によって新しい第10地区へ彼らを移そうという計画がはじまります。
その最中に起こったあることから始まる異変で、たいへんな事件が..!

B級映画だと言われていますけれど、終始わりとシリアスで、ドキュメンタリー風な演出も効いている感じです。
同じような設定だと「インディペンデンス・デイ」を一瞬連想しますが、これよりはずっと生々しく、実際にありえるなら"こっち"だろうなという説得力があるのです。

主人公含めた人間達は基本的に身勝手で、いざとなると自己防衛に走って頭が良さそうに見えないし、徹底的に異生物(彼らはその外観からエビ(prawn)と呼ばれていている)を差別します。

しっかし本当に、エビの皆さん達の見た目と、彼らと人間の戦闘シーンはかなり気持ちが悪くて、「スターシップ・トゥルーパーズ」みたいなのが正視できる人にしかおすすめできないかもしれません。
前半は、ああこのタイプの映画だったか..と軽くショックだったのですが、終盤の盛り上がりにさしかかるといつのまにかエビの皆さん達と主人公に感情移入してしまい、「良くやったぞボク!」と撫でてやりたいような気にすらなってきます。
うん、これはまあ好きといってもいいかもしれない。

「わらわら襲ってくる気持ち悪いの」といえばここだな、と思っていたらやっぱりWeta製のCGでした。
美麗方面の映像ではないので忘れがちですが、視覚効果は素晴らしいです。
ほんっとに、こういう隔離地区があるかのもしれないなというリアルさ。

とりあえす、ゴールデンウィークでいい感じになりたいデートコースとしては全くおすすめできない傾向の映画ですし、鑑賞後にエビフライなんかは食べる気になれないですおそらく。
でも、興味がある人はこっそり行ってみてくださいね。

[映画・テレビ] | 固定リンク | ↑先頭へ戻る

« ホームベーカリーを買いました(さっそく焼きました!) |  -  | 毎日パンを焼く連休。(ホームベーカリー その2) »

トラックバック

トラックバックは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
発信元に、この記事への言及や文中リンク等が特にない場合は、削除させて頂くことがあります。
アクセス稼ぎや単語検索などによる無差別な送信は固くお断りします。

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 「第9地区」を観てきました。:

コメント

私は「マーズアタック」のほうを思い出しましたが(笑)、「スターシップ・トゥルーパーズ」のほうが描写や雰囲気が近いですね。

投稿者: (2010/05/02 19:00:30)

「あとから思い起こしてみれば」わりと味わい深い映画だったような気がします(笑)続きが観たい感じですよね、3年後の設定で。

投稿者: ほしの (2010/05/02 19:18:04)

こんにちはー。
観ましたか、「第9地区」。
私は、すっかりはまって2回みました(笑)。

もともと気持ち悪い映画とか怖い映画とか好きなので、
物足りないくらい(おいおい)でしたが、
私は後半の戦闘シーンのスピード感が
かっこよくて好きでした。
あのロボットみたいのに乗りこんで操縦するあたり、
ぞくぞくしました。
心の中で、「かぁっこえー!!」と叫んでおりました。

私も3年後が知りたくて。
気になります。

一番怖かったのは、ナイジェリア人です。
エビよりずっと迫力ありましたね。

投稿者: ころーる (2010/05/03 22:03:58)

2回みたんですかっ(笑)
私も後半の展開が好きです。
前半は「馬鹿だなあこの人間!」ってちょっとイラついてました。
それが急に頼もしくなっちゃうんですからね~
エビというよりバッタみたいでしたね。
宇宙船の操作盤のデザインがカッコイイと思ってみてました。
あの親子ならきっとやってくれるさ!
(というわけで私も結構じわっとはまりつつあります。)

投稿者: ほしの (2010/05/03 22:19:29)

人間の欲望丸出しで、きれい事が少ない映画で良かったです。映画鑑賞後、「これって黒人差別の映画だよね」という他の観客の言葉が聞こえてきて、エビ差別と黒人差別が似ていることに気づきました。

投稿者: 吉澤 尚志 (2010/05/04 2:38:43)

調べてみると、かつて実際に人種隔離区域(ケープタウンの「第6地区」)があってそこからこのタイトルにしたみたいですね。
深いメッセージがある映画だと思います。

投稿者: ほしの (2010/05/04 3:16:08)

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。