« 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」を観てきました。 | トップページ | 「ペンカット」を買ってきました。 »

2011.06.26

「SUPER 8」を観てきました。

B0052R0RZEシネコンのポイントが貯まって、二人分の無料招待券(ポップコーン付)を獲得したのでホクホクと出掛けてきました。
映画『SUPER 8/スーパーエイト』公式サイト

宣伝が盛んになる最近まで、結構怖い映画なんだろうと勝手に想像してました。
それはもう一年以上前になるgigazineの下記の記事を読んで、確か最後の「印刷」までやってみたからかも。
SF映画「Super 8」予告編が違う意味ですごい、全米の映画ファンたちが全力謎解き中 - GIGAZINE

ちなみに、スーパーエイトというのはアメコミの8人組ヒーロー等ではなく(今の若い人ならそう思ってしまうかもしれない)、コダック社が1965年に発表した、8mm幅フィルムが装填されたカセットみたいなもので動画を撮る方式のことです。
コダック 映画関連製品-製品情報:撮影用カメラフィルム-スーパー8フィルム
もう少しクラシックでわかりやすい邦題にしてもよかったかもしれないですね。
「スーパー8」は、"事件"の証拠を記録する小道具というよりは、この映画の登場人物達の過去を含めた多くのエピソードに絡んでくる重要な存在となっているのです。

監督のJ・J・エイブラムスが「1970年代から80年代初頭にかけてのスピルバーグ映画(ETや未知との遭遇など)にオマージュを捧げる内容」であると言っているとおり、まさにそれっぽい世界の感じがありました。
ちなみに作品の舞台は1979年(スリーマイル島事故のニュース音声がちらっと数秒聞)。

主人公の男の子が可愛いくて、他の男の子達(火薬マニアとかすぐ吐いちゃう子とか)から較べると、まあ見るからにモテ役です。
そして何が驚いたかって、エル・ファニングちゃんがすっかり大人びてしまってたことですよ。
相変わらず美少女だけど声もドスがきいてるわ同年代の男の子達よりずっと手足が長い。
ベンジャミン・バトンのときの女の子とはもう全然違うよなあ。こちらも歳を取るわけです。ホロリ...


最後のシーン含めて、特殊撮影技術はもうたっぷりと現代SF映画並だったので迫力はありました。
とはいえ、既にこの種の画面は他のあれやこれやで見馴れてしまっているかもしれない埋もれ感はあり、視覚的な新鮮味はそれほどないかも。
あと10年も早く公開されれば、現代版E.T.的なものとしてもっと大規模な話題になっていたかもしれないとは思いますが、この映画の本当にいいところは、「事件」とは直接に関係の無い、親子や友人同士の関係にまつわる物語なのだと思います。
当初の宣伝が過剰に恐怖感や極秘ムードを煽りすぎなので、本篇鑑賞後のアレレ感は多少ある。というのが正直なところ。

子供達+謎のなにか、という組み合わせのSF映画としては王道中の王道。
昔からのこの類の映画か好きで育ってきたならば、じわりと懐かしさも覚えるストーリー展開です。
当時、これはお伽噺であるとも語られたE.T.の血がちゃんと受け継がれているというか。

いまふうの破滅的なインパクトを期待するのはやめましょう。という感じでしょうか。
エンドクレジット終盤までちゃんと「作品」として機能しているし、ほのぼのとよい気分で帰れました。
違和感があるとすれば、「アレだけがエイブラムス監督の過去作品の某のソレにかなりそっくりなので紛らわしいっていうかそこだけオカルトスリラーな感じでちょっと変じゃないの?」というのが若干。←ネタバレしないように書いたよ!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

B004RDKY2Uそうそう、数日前の木曜日にも映画行ったんです。
(この頻度じゃポイントが貯まるわけだ)
映画『プリンセス トヨトミ』公式サイト

正月に夫が原作を読んでいたようなのですが、私自身は予備知識ゼロでふらっと入ったにも関わらず、こんな変わったお話だと知らなくて!かなり楽しめました。
出てる俳優さんが豪華であることにも感動。
でも、綾瀬はるか演じるキャラクター(わいわいうるさい天然ボケ気味なお節介行動を取る若い子という設定)はちょっと苦手だ。
あと、そんな大がかりな仕組みの世界ならもう少し女性も仲間に入れてよ!と若干思いました。

それにしても、この映画のおかげで、もう前回行ったのはいつだったか記憶にないくらいの大阪への旅情が高まりました。
文具屋名所ツアーしつつお好み焼き食べに行きたいですわ!

|

« 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」を観てきました。 | トップページ | 「ペンカット」を買ってきました。 »

コメント

こんばんわ!
夜分にすいません。でも心配ご無用。

トヨトミは予告編がすばらしくて気になってたのですが、原作の評判がいまいちなので観ないと決めていました。

でも、映画はかなり楽しめた???
その情報は捨て置けぬ。
行って来るかな。

実は僕はいまのところ大阪在住なんです。
記念にいいかな。

投稿: ロジャースミス | 2011.06.27 02:37

読んだ人の話によると、映画は、登場人物の性別など含めて原作と設定がちょっと違うそうです。
監督さんがHERO(キムタクの。)と同じ人だってきいたのでたまには邦画もよいかと観に行く気になったのです。
なんというか、コミカルな味付けが随所に出てくるけどまあ真剣さを狙ってる的な、ドラマとしては十分豪華で面白い話だと思いました。
映画館で観るほどでも無いという意見もあるかもしれませんが、それはおいしそうに大阪名物の数々を食べる場面が多くて見とれてしまいました(笑)
大阪の賑やかで美味しい場面、たくさん出てきてそれも良かったですよ。

原作の評判がいまいちというのは、理由はなんとなくわかります。
壮大かつ荒唐無稽すぎる展開なので、その割にここの設定弱いじゃん等と、つつきやすいんじゃないかなーと思いました。

投稿: ほしの | 2011.06.27 03:17

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「SUPER 8」を観てきました。:

« 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」を観てきました。 | トップページ | 「ペンカット」を買ってきました。 »