« 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」を観てきました。 | トップページ | モンブランの万年筆をオーバーホールに出しました。 »

2011.10.14

能率手帳ゴールド、5冊目を買いました。

順調に5年目の分も届きました。
写真のために数字ごとに並べているとまるでトランプみたいになってきた...。

111012

都会まで行かなくても、もう少し経てば近所の書店でも並ぶのかもしれませんが2012年版はあっさりと通販で入手。
ツヤ具合やシボの感じなど、こういう革なりの僅かな個体差を自分で選ぶおもしろさも今まであったのですが、
「どういうのが来るか開けるまでわからない」
を楽しめるようになったのも5冊目ならでは(かも)。

●昨年の記事:能率手帳ゴールド、4冊目を買いました。

開封直後はいつもつるりと一律な表面質感で、反射率のせいで色まで違って見える(少し赤みを帯びた感じな)んですが。
これが年末になる頃にはツヤも沈んできて、フンワリ触感が増してきます。
この変化が面白いので、やっぱり今年も最後のページである大晦日まで使い込んでやろうと思ってます。
今年の、つまり使用中の'11年版は、巨大で深めな引っ掻き傷が何本か斜めに走ってまして、ウルヴァリンが通過したような有様になってます。
原因不明!
出不精な私でもコレだけは唯一の「外出にもっていく手帳」(そういえば今年は海外にも連れて行ったし。)となっているので、くたびれ方も本格的になりつつある秋です。

薄くて小さいので、今までのバックナンバーも引き出しに入れていつでも閲覧出来るようにしてあります。
今後、冊数が増えてもなるべく仕舞い込まずに管理していきたいと思ってるんです。
同じ時期にどんな用事があったか、何をいくらで買っていたかをササっと確認するのに意外と昔のまで遡って確認すると便利なことがあって。
逆に、他の手帳(クオバディスやほぼ日手帳など)はある年数が過ぎたら処分というのは自分で決めています。
要保存と思ったほどの大切な件は「情報牧場」方式に倣って抜き書きすれば良いし、つれづれな日誌系の手帳は一定期間で役目が終わると思ってるので。
前回記事に書いたクオバディスも、ブログに写真をアップしてから潔く3冊くらい処分しました。
もうね、いちいちノートとか手帳とか、愛着があるからといって今までのゼーンブ取って置いたらたいへんな冊数と専有面積になっちゃうんです。
それがいちばんの理由!

能率手帳の場合、書き込む内容も上記の「将来の参照に役立つ」「持ち出し先ですぐに役に立つ」に絞った感じになってます。
(典型的"予定"以外にも家事の記録、メモ欄には近々買うべきもののリストや発売日・公開日など。
行動目標やTODOリストは極力クオバディスの役目として役割を区別。)


482071709X私が能率手帳を使い続けるのは、
「大昔からレフト式レイアウトで手帳を使ってきた自分にとって最も自然」
だからなので、こればかりは人それぞれの相性ですよね...。
(ゴールド版の特徴である、巻頭の月間予定表の列は、今年も90度倒して横書きする「1日1行備忘録」として使うことでなんとか決着がつきました。)

後ろの、同じ革製のバンド付ポケットには5×3の情報カードを何枚か(最後の1枚はフセンを数枚づつ貼り付けてある)挟み込んでいるのもここ何年かの傾向です。
この手帳の場合、付録の補助帳よりはカードにメモする方が私には合ってるかも。


全然可愛くもお洒落でもないんですが、どんなに時間が経っても丈夫なままでしなやかな綴じや、たった1年でどんどん表情がかわる羊の革や、全く書き飽きない上質な紙などに支えられて、4000円超の値段にも納得がいく生活密着度になり、毎年当たり前のように買うようになりました。
(これよりすごい手帳はあると思うんですが、まあとにかく「続くこと」も大事だと思ってるんです。)

というわけで、今回でまずは「来年ぜったい使う」構成は揃えました。
気を引き締めるべきはこれからでしょうか。
ちょっと試してみたい・再び使ってみたい手帳達のリストが背後にしのびよってきています。うぅむ。

☆伊東屋のAmazon支店で購入しました。→ 2012 能率手帳ゴールド
 小型版も有ります。
 上画像の本は、能率手帳の流儀
 じっくり長く読める手帳本として、毎年この時期のおすすめです。

[文房具--手帳・ノート] | 固定リンク | ↑先頭へ戻る

« 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」を観てきました。 |  -  | モンブランの万年筆をオーバーホールに出しました。 »

トラックバック

トラックバックは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
発信元に、この記事への言及や文中リンク等が特にない場合は、削除させて頂くことがあります。
アクセス稼ぎや単語検索などによる無差別な送信は固くお断りします。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/670/52985639

この記事へのトラックバック一覧です: 能率手帳ゴールド、5冊目を買いました。:

コメント

5冊も並ぶと壮観ですね~!ほしのさんの影響で、私も今年は初!能率手帳ゴールド(大きい方)を使っています。
来年はスペースの広さ・月間を考慮して、ほぼ日weeksにかなり傾いていましたが、ブログの写真を拝見して…やっぱりゴールドっていいですよね。
(革の手触り、紙質、そして、同じ手帳が毎年そろうのってステキ☆)

投稿者: Miko (2011/10/14 17:26:44)

そうなんです、ほぼ日WEEKSは、実にグラグラくる来年の手帳のひとつ。
(能率手帳と違って、いつも新柄が出てどれにするか迷えるなんて...贅沢すぎるっ(笑 )

WEEKSだって今後どんどん改良されつつ本家ほぼ日のように長く続く手帳になると思うので、これをズシッと揃えるのも楽しそうじゃないですか?
生活の中でつきあいが長い文具ですから、何年かはじっくりさまよってつまみ食いするのも手帳買いの面白さだと思います~

投稿者: ほしの (2011/10/14 22:02:37)

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。