« 赤い掃除機を買いました。 | トップページ | ファーバーカステルのシャープペンシルを買いました。 »

2011.12.18

Casa Brutus1月号「長く使いたい、よい道具235」を読みました

何年ぶりかってほどのヒドい風邪ひいてまして1週間以上調子悪かったんですが、Amazonからのお届け箱はその間に日々積み上がって未読本が10冊に迫る勢い。
年末だというのに意欲と実行力が全く一致していないのが非常につらいところです。
病院でおそろしく効く咳止め薬を各種たくさん貰ってきたので、その日から嘘のようによく眠れるようになりました。
もっと早く行っておけば!
(どんなに効きまくったかというと「こんな副作用があるかもしれません」と説明されたことがほぼ全て、小規模ながら再現されてしまった。動悸やめまい、手の震えなど。
咳止め系はこういう症状が出やすいらしい。
薬が抜けて元気になったら、ちゃんと字も書けるようになりました・・・。)


B00684UT9O先日読んでかなり面白かったこの雑誌も、数日積んであった山の中の1冊。

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2012年 01月号

料理・掃除・文房具・旅の荷物など、さまざまな分野のセンスが良いものがたくさん載っていてとても楽しい特集。
カタログ的な羅列ではなくて、その道に詳しい人やモノへのこだわりが強そうな人が"とっておきを紹介する"という感じの記事の作り方が良いなあ。

例えば「料理家が選ぶ料理道具のベストバイ」(久々に鍋でゴハンが炊きたくなった...)とか「ファッションデザイナーの旅支度」(ノイズキャンセリングヘッドホンが欲しい...)とか「もしも私が道具屋さんを開くなら」(ほとんどの電子書籍リーダーより軽い『新潮文庫』。という視点が今さらながら新鮮!)など。
珈琲好きとして憧れてはいるけれど食器洗い機に放り込めそうもないので我が家での購入は躊躇している、ケメックスの本社訪問の特集も興味深し。

「本屋さんが選んだ文房具」では、カウブックスの松浦弥太郎さんによるページ。
また、「文房具の"新しい定番"カタログ」はおなじみ土橋さんの文具紹介なのですけれど、この雑誌ならではの、海外のミュージアムショップで取り扱ってそうなお洒落系が多し。
ポスタルコのスナップパッドって、裏紙再利用のための文具としていいなあ。気に入りました。
200円くらいで買った大きめの山形クリップで束ねて満足してたけど、こんな良い道具を知ってしまうとつらいものがある。


値段も高いものが多いし、言っちゃ何だけど"別にこんな良いのじゃなくてももっと実用的なのが。"と思える物品も結構有る。
・・・なので、うわこれ絶対買うわ!的なまでの引力はないんだけど、「いつか手元に置ければ」や「贈り物で貰えたらかなり有り難いだろうな」という絶妙な距離感の素敵な物品がいっぱい載っていて。
こういう、実用に徹しないレベルのモノ雑誌もなかなか好きだなあと思いました。


似たような感じ、というかまさにこれとおなじ世界観(?)のSumallyというサイトが好きです。
ひたすら「欲しい」と「もってる」をポチポチ登録していく物欲カタログみたいなものなのかと思っていたら、わりとハマってました。
自分の潜在的物欲もよくわかるし。
欲しがるだけならタダというのもあって、時計や宝石のwant物品多め。

特に交流することもない(と思う)けど物欲の相性でなんとなくフォローして補足し合う、ゆるいSNSっぽさも私向けかも。
景気がこんなでも、世の中にはかっこよくてお洒落なモノが溢れているんだなあという、雑誌をぺらぺらめくっていくような感じで時々ポチポチやってます。
今回のCasa Brutusみたいな、よい道具・モノ系ネタに弱い人には相性が抜群だと思います!

|

« 赤い掃除機を買いました。 | トップページ | ファーバーカステルのシャープペンシルを買いました。 »

コメント

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2012年 01月号

自分も購入しました。

仰る通りで、あのよい意味で適度なゆるさが堪らないです。

本当に好きな方が、拘りを紹介しているかのような、カタログ本ではないところですよね。

少々行儀が悪いのですがで布団にくるまってニヤニヤしながら読んでおります。

投稿: 草 | 2011.12.18 05:47

「買わなければ!」と、日々ずっと気に掛けているのは意外とエネルギー消耗しますもんね。
「いつか欲しいなあ」程度で、時々思い出す(でも、ちょっと気が緩んだときに出会えたら衝動買いするのかも!)ぐらいのほうがきっと楽しいはず〜。

アイテム数は少なくなっていいから本当に気に入ったモノへ身の回りを徐々に交換していくような、幸福でかしこいお買い物をしていきたいですよね、大人として。

投稿: ほしの | 2011.12.18 15:21

一人暮らしをはじめたときに買った8000円のティファールセット。知らずに鉄のおたまを使い傷だらけに^^;

今はココットロンドが欲しいです。

投稿: だらだらと | 2011.12.22 21:24

ティファールはウチもフライパンなど愛用していますが、あの加工は、そう長くない一定の寿命が必ず存在するように思います。
その点、やっぱりルクルーゼはいいですよ。
引っ越しでガス→IHと熱源が変わりましたが、相変わらずの大活躍で、きっと一生モノにになりそうな予感がします。おすすめです。

投稿: ほしの | 2011.12.22 21:35

こんにちは。
「今回のCasa Brutusみたいな、よい道具・モノ系ネタに弱い人には相性が抜群」
・・・と励まされ(?)、Sumally、登録してみました。

まだ細々とですが、ぽちぽちと「want」に入れていくの、楽しいですね~。
(おさいふの中身も気にしないでいいし・・・)

しかし、「have」のほう、思いつくままにアイテムを入れていったら、男度数高めな持ち物群になってしまいました。
うーむ。来年はもう少し女性らしいお買いものをしなくてはっ。このままでは本当にオトコになってしまいそう・・・
意外な自己分析に役立ちそうです。たのしいサイトを教えていただいてありがとう♪

今年も1年、お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします!


投稿: はるる | 2011.12.30 15:06

はるるさん、来年もどうぞヨロシク仲良くしてください。
いつかリアル買い物もいっしょに致しましょう。

Sumallyフォローしたよ!
(ごちゃごちゃとモノが多いのはスタートほぼ初日からやっているからです←言い訳)
スクロールしながら物品をみているとあっという間に時間が過ぎる!
私も、haveは地味・堅実系、wantはラグジュアリー系のようです。
「欲しいだけならタダ」ってことですね....

投稿: ほしの | 2011.12.30 15:26

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Casa Brutus1月号「長く使いたい、よい道具235」を読みました:

« 赤い掃除機を買いました。 | トップページ | ファーバーカステルのシャープペンシルを買いました。 »