« パーカー「インジェニュイティ」を使い始めました。その2 | トップページ | 「スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編」を読みました。 »

2011.12.03

ファンクラブに入ってしまいました。

ここをいつも読んでくださる方々の目が戸惑いで泳ぐであろうことを承知で、たまには"その他の趣味"についても語ってみようかと思います。


洋楽といえば、ここ数年視聴を続けている「アメリカン・アイドル(FOXでやっている全米規模のオーディション番組)」発端で何となく興味が。
・・・てなくらいに本来あるべき基礎知識が皆無です。
しかしたまに、この番組で上位入賞の気になる人が出てくるので、デビュー後にCD買ったりなどするようになりました。
それでも年に1,2枚といったところですけれど。
(近年は、優勝者よりも、惜しくも2位以下で終わった人のほうが気になる。
 Elliott Yaminは声や雰囲気が好きでアルバム買ったことあり。DaughtryやAdam Lambertも良いね!)
とはいえ今シーズンの放送では特にピンと来た人はいなくて、新審査員のジェニファー・ロペスやスティーヴン・タイラーのキャラクターに注目しているうちに終わってしまった感じ。


しかし最近は、ここの記事の後半で書いたように、iTunes Festivalで初めてライブ映像をみたLinkin ParkとAdeleに心奪われて今に至ります。
ここ10年以上、特定の人にこだわって音楽を聴き込むような現象が無かったせいか、結構な熱中具合といえます。

Adeleは、もうちょっとしたら、予約したライブDVDが届くので、その頃に後述します。
日本ではあまり大きく話題にされていない気がするのですが、今年は彼女の「21」が世界で一番売れてるCDなんだそーです!


111201Linkin Parkは、その後毎日(!)聴いても飽きなかったのでデビュー以来のアルバム全4枚を揃え、過去のライブDVDも買い、メンバーのサイドプロジェクトのCDも買い、それでもハマり続けたのでとうとうファンクラブに入ってしまいました!
Linkin Park Underground ← 年会費は60ドル。円高の今はお得だ。

写真のTシャツなどは、今年度の入会プレゼントとして全世界の会員へ送ってくれたもの。
うちに届くまでになんと二ヶ月かかりましたけれど、こういうのは嬉しい。
Tシャツは将来ライブに行くような奇跡が起こったら着ていこうかと思いますが、カラビナ付のモバイルケースはなにかと使い勝手良くて、早速気に入ってます。


ファンクラブ内のフォーラムや、国内だとmixiなどのコミュニティなどを眺めた感じだと、主な愛好層はどう考えても高校生~20代の若者が中心ぽい。
微妙に入り込みにくい感じもするんですが、ま、そんなことに負けてはいけない!
そもそもまだライブも行ったことない上に物理的移動を伴う追尾をする度胸はないんだけど、この時代ならではの「情報の追っかけ」は家で存分に出来るのでとても楽しいのです。

中の人がSNS等にも積極的に参加しているし、ネット上には大量に演奏やインタビューの映像など情報資料が存在しているのも今どきな感じ!
海外の熱心なファンが作っているニュースサイトや画像まとめページ(というかtumblrですね。ここにとめどなく流れてくる画像やそれに反応するキャッキャしたコメント文を眺めることで、女の子達にアイドル的な人気であることを知る...)もいくつか更新を楽しみに読むようになり。

ファンクラブの特典で、ツアー楽屋裏やPVメイキングの映像なんかも自由にMP4でダウンロード出来るので、これらは全部iTunesに格納しました。
(1ファイルは数分程度のが多いけど、なんとこれが合計8時間以上有り。プレイリストに入れて流しっぱなしが楽しい。)
linkinparktv - YouTube


とまあこういうものを繰り返し見ていると「彼らがここで何を喋っているのか逐一知りたい!」という言語方面への学習意欲に直結し、実際だいぶ聞き取れるようになってきたので非常に良いことなんじゃないかなーと思ってます。
そういう切実なキッカケに較べれば、海外旅行帰りの「次からもうちょい英語やっておかないとなぁ...」というぼんやりした思いは、かなり揮発性レベルなのだと気付いた。


B003VUKAL0"悩める若い人向け"の歌なんだろうなあということは、今までの詞や曲調からも良くわかるのですけれど、現在発売中のアルバムである『A Thousand Suns』はわりと渋め。
反戦・反核のメッセージが込められた作品群なので、日本語の短い台詞が入った曲も。
昨年10月発売なのですけれど、困難の中でも光を求めたい、という重く静かなテーマが地震後の日本の世の中の感じにシンクロするような気がして…
全て通して聴くと映画のように頭の中に物語が再現されるので、実は一番好きかもしれない。

ただし、今回のアルバムの作風がこのようにがらりと変わったので、旧来の曲調が好きだったファンの中には受け入れられない心情の人も少なからずいたみたいで、発売当初のAmazonのレビューはかなり酷いものもついてたり(シクシク)評価の分かれっぷりがすごいのね!

・・・そんなわけで、7月までメンバーの名前すら知らなかったのに、今、この個人的盛り上がりよう。

8月にはLAで震災チャリティライブを開いて大金を届けてくれたり、9月は来日中の合間を縫って石巻へ学校訪問し、音楽教室をひらいて生徒の皆さんを励ましてくれたのだとか。

Linkin Park visit Ishinomaki City with Save The Children - YouTube

そういう事をきいてますます好きになってしまいました。
ライブは、その頃にはほぼ全ての曲がわかるようになってましたがさすがにほぼ売り切れてまして。
(オールスタンディングでノリノリに飛び跳ね続けるとか、私なんかに出来るのか?!)

来年はきっと新しいアルバムが出ると思いますので、ほんっと楽しみです。
これからも応援したいなー!

|

« パーカー「インジェニュイティ」を使い始めました。その2 | トップページ | 「スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編」を読みました。 »

コメント

リンキンはきいていて飽きませんね。
ヒアリングはDSのトーイックので一日2時間一月やれば、
ネイティブのを聞き取れるようになると思います。
毎日欠かさずが条件ですが・・・ーー;

投稿: だらだらと | 2011.12.03 13:26

やはり、日々の(深めな)継続が効くような気がしますね語学は…
教材っぽいものはなかなか続かなかったけれど、こっち方面のを眺め続けるうちに夢でも喋るようになってきたんです。
トーイック教材の文章も彼らがナレーションすれば、私は一ヶ月後ペラペラになれそうな気が!!

投稿: ほしの | 2011.12.03 17:18

はじめまして。
かなり前になりますが、あるアーティストがLinkin Parkのファーストアルバム「ハイブリッド・セオリー」がお気に入りとのことで買ってみましたが、それっきり聴いていませんでした。
自分には向かない曲調が多かったのです。でも、こちらの記事を拝見して最新アルバムを買ってみたくなりました☆

投稿: PASSAT | 2011.12.03 23:41

こんばんは。
ハイブリッド・セオリーとはもうまるっきり違う感じです。
機会があれば聴いてみてください。
私も、自分の年齢が10代だったらともかく、最初に買うのがハイブリッドセオリーみたいなのだったらちょっとここまで好きになれないと思います(笑)
でもライブなんかだと、昔のぴちぴちした元気な曲を適度に混ぜ込んだ方が盛り上がります。
10年経って、中の人もおとなになったんだなー。

投稿: ほしの | 2011.12.04 00:01

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファンクラブに入ってしまいました。:

« パーカー「インジェニュイティ」を使い始めました。その2 | トップページ | 「スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編」を読みました。 »