« 中屋万年筆、2本目のペン先はミュージックにしました。 | トップページ | 「必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意」を読みました。 »

2012.04.26

「ステーショナリーマガジン 008」を読みました。

4777923207すでに一週間以上前のことですが、発売日に早速購入しました。
ステーショナリーマガジン 008

文具全般(商品価格帯もさまざま)の総合的な情報本、8年目の刊行です。


気付いたのは、今までと違って綴じ位置が逆(左側)なこと。
表紙に「大図鑑」とあるように、文字は全て横組みにして中のレイアウトも図鑑ぽくすることにこだわったのだそうです。
もともとカタログっぽい、アクをおさえた誌面の雰囲気が同社の文具ムック本の特長(長くシリーズ刊行が続いている理由でもある)と私は思っているので。
今回も、開き方向以外はまあそれほど"驚くほど変わった"という実感はないかな?
・・・というのが、第一印象だったのですが。

「ボールペン」「鉛筆」「定規」等々と種別で検索しやすく、見開きで1テーマ。
こまかい画像+解説文のブロックがびっしりと積み上がっている感じが淡々と最後まで続いているところが、いかにも図鑑。
iPadなどでも閲覧出来る電子書籍でも(さまざまな方面へのリンク付で)出してくれたら便利だろうなあと思わせる情報量に圧倒されました。

こういうのを読んでいると、先月の日本橋三越以後はは非常にひっそりとしている私のはずでしたが(笑)、そういえばアレが欲しいの忘れてたわ...的な文具欲が次々に浮かび上がってくるのには困ったものです。
GWは特に出掛ける予定もないのだけれど、本誌の内容を頭に入れてから買い物に行きたい気分が盛り上がってきました。

このメーカーの、憧れの○○が欲しいんだ!
と、きっちりターゲットが固まっているいる時よりも、例えば
「ハサミでいいのあったら欲しいけど最近はどんな新製品があるんだろ」
「高いのじゃなくていいんで、万年筆使ってみたいんだよね~」
というような、ふらりと巨大な売り場を歩き回るような物欲の時に役立つ情報がほとんど。
伊東屋より、でっかいLoftや東急ハンズに通りすがりで迷い込む(そして気付くと何時間も経っている・・)ような感じね。
「フリクション専用ラバー」なんて便利なものがあるんだなあ。これは買ってこようかな。
ワコムのペンタブレットもそんな機能がついてるけど、いちいち軸ひっくりかえして消すのは億劫に感じるんですよね!


例えば、大きく掲載されているラミーサファリの今年の限定グリーン軸などは、2008年のライムグリーンを迷っているうちにタイミングを逃した私としては、けっこう惹かれるペンであることに気付いてしまいました。
新緑というかカーミットというか、これぞサファリなレゴっぽい発色!実物を是非見たいなあ。
過去数年の限定色一覧もありまして、ピンクやオレンジへの未練もうっすらと感じる...

それに、インク51色見本を眺めると、この季節になると欲しい思うのは何度目か? な、色彩雫の躑躅インクにも再び気付いてしまったりしてね。
濃厚ピンクな、まさに花の色でとても綺麗なのです。
(でも大容量すぎるんだよー)

ノートからペンまでの、様々な箇所やパーツの名称や、紙/カードの定型サイズが一覧で書いてあるのはけっこう重宝しそう。
ボールペンの各社芯互換一覧なども、今後ジワジワと役に立ってくるはず。
(いざ必要な時にいつもネットで調べないとわからないことだから。)


なので、私にとって特に今号のステーショナリマガジンはじっくり最初から読み込むと言うよりは、良い意味で「ぱらぱらめくる」本。
でもそれを何回も何回も繰り返しては付箋を貼り、情報を楽しく再確認する"図鑑"になりそうです。

それにしても、文具の特集雑誌って去年あたりから世間に多すぎやしませんでしょうか?
いくら好きとはいえ、私はしばらく前から全てを追うことをやめてしまいましたが・・・
ささやかだけど深い楽しみがあって、大勢と共有できるからこその需要なのかな。
「老舗」のひとつあるこのシリーズにはこれからも先頭で頑張って欲しいと心から思います。

|

« 中屋万年筆、2本目のペン先はミュージックにしました。 | トップページ | 「必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意」を読みました。 »

コメント

>過去数年の限定色一覧もありまして、ピンクやオレンジへの未練もうっすらと感じる...

わかります、わかります。
昨年の有楽町Loft開店の際、奥にいったらピンクがありまして・・・
試し書きもさせてもらえてとっても親切な対応で・・・
気がつくと手に持ってレジへ・・・

今会社でつかってます。

投稿: yuru | 2012.04.27 12:53

ピンクは、コドモっぽ過ぎない良い色加減ですよね。

サファリの限定軸って、「これ以上増やすわけには…」って1度はスルー出来るんだけど、うっすら未練がいつまでも残るのだ。
発売ほぼ終わってからの方が欲しくなること多いんだよなぁ(笑)
今回も気をつけなくちゃ!

投稿: ほしの | 2012.04.27 16:46

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ステーショナリーマガジン 008」を読みました。:

« 中屋万年筆、2本目のペン先はミュージックにしました。 | トップページ | 「必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意」を読みました。 »