« 今年もサーキュレーターを出しました。 | トップページ | ミュージックステーションを観覧しました(LINKIN PARK) »

2012.06.19

「スノーホワイト」を観てきました。

B007WFR0R2楽しみにしていたので、日曜にさっそく行ってきました。
映画『スノーホワイト』公式サイト

以前から大作っぽい宣伝はされていましたが、主にクリステン・スチュワートのファンに需要が集中するであろうお伽話リメイク映画だと思っていたら、もう!
いろいろ予想外でたいへん面白かったのです。


こんなに特殊効果使いまくりとは、かなりびっくり。
魔法の鏡のなかからとろーんと液体金属っぽいマモノが出てくるのは予告編でみたことがあるけれど、それどころじゃなくて、悪の敵軍の甲冑が体ごと石のようにスローモーションで砕け散るあたりからロードオブザリング並みに(CG的な)期待度が高まりました。

特に、黒い森や妖精の森などの不思議風景な描写がすごくて、リアルすぎて若干気持ちが悪いエフェクトも多々。
まばたきするキノコの大群とか...あと、"綺麗な目のゴラム"のような顔をした妖精(?)がなまなましく可愛い...
「もののけ姫」が超リアル実写に作られるとしたらこんな感じかも!と思ったりもしました。

あと、継母女王の顔(老人と若者を行ったり来たり)の移り変わりなんかもすごくリアルで、どのへんがホンモノに近い時点なのかすらわからない。

-- ↓ CG関連の解説ですが、映画のシーンも入ってるのでネタバレてますよ ↓ --
Snow White & The Huntsman: Visual Effects Secrets - YouTube

Snow White Gets Grimm | AWN | Animation World Network


けっこう感動したのはエンドロールの映像がものすごく格好良かったことなんですが(まるで先日の「ドラゴンタトゥーの女」冒頭映像みたいな重厚感。分野は違うけど...)、制作元のThe MillがVimeoで公開していたのでぜひ。
(といっても映画館でやるそのまんまなので、鑑賞前には見ない方がいいです。)
Snow White & the Huntsman - Titles on Vimeo


登場人物方面の印象ですが、もう完全にシャーリーズ・セロンの貫禄勝ちかもなあ。
超悪役ではあるんですが、そうなるに至った昔の出来事などがちょいちょい回想で出てくるとつい、同情すら覚えてしまう私。
若さと美しさを熱望する、鬼気迫る演技もすごいのだ。
「素」で勝負な画面の多いクリステン・スチュワートと違って、継母女王はCGもふんだんにかぶせられて最初から最後まで様々な姿に変わりまくるので、彼女の方に好奇心と注目度が上がってしまうっていうのもある。
そして、ホントに綺麗だし!

クリステン・スチュワートは、どちらかといえばクール美少女って感じなので、継母女王の表情や見かけのクドさと比較すると存在感がすっきりしすぎ(言い方を変えると、感情の起伏が少なめで地味に感じる)なのが残念かなあ。
でも、黒髪なびかせて森の中を走り回ったり闘ったりするシーンが、次回最終章を迎える「ブレイキング・ドーン」の続編と、私の頭の中ではけっこうダブってわくわくしました。
せっせと自炊電子化したトワイライト・サーガは先日全巻読了。おもしろかったー!
紆余曲折経て、クリステン演じるベラもやっと最強になるので、まさにこういうシーンもありそうな感じ。)

あと、クリステンになる前の子役の白雪姫、ものすんっっごい可愛いのです。
Raffey Cassidyちゃん。この子は今後大物になりそうな気がするので要注目です。

今までの白雪姫に期待されるような恋愛要素は無いに等しいので、森の案内役のハンツマン(マイティ・ソーの人)などはひたすら敵と闘いまくります。
7人のこびともきっちりと出てきますが、皆モサモサしたおじさん(でも良い人!)なところが妙にリアル。

というわけで、どのシーンも凝りまくっていて非常に見所が多いたのしい作品でした。
いつかまた、ブルーレイなどフルハイビジョンでじっくりと見直したい。

小学校低学年くらいのお子様連れで来ている方もいましたが、うーん、残酷かつリアルすぎる(小鳥の心臓を爪で 以下略etc)視覚効果の場面がいくつもあったので、ディズニー絵本の延長を夢見てしまうと全く違って怖い思いをしますよ。
グリム童話ってそういうのが多いな...


スノーホワイト (映画) - Wikipedia
---

|

« 今年もサーキュレーターを出しました。 | トップページ | ミュージックステーションを観覧しました(LINKIN PARK) »

コメント

レビューありがとうございます~。見ごたえがありまくりそうですねぇ(^-^)
最近の映画の中で、いっちばん観たい作品なんですけれども、家人はこの手のファンタジー系が苦手なので、レンタル待ち(で、こっそり見る)か、一人で(これまたこっそり)見に行くか…。(T-T)

投稿: やまかつ | 2012.06.22 01:05

こっそり楽しんでください〜(笑)
いまどきの映画特殊効果の見本市みたいで面白いですよ。音楽も良いです。

ウチは「CGがスゴそうならジャンル問わず」の反面、人間ドラマでじっくり見せる系はいつも鑑賞し忘れます....

投稿: ほしの | 2012.06.22 01:43

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スノーホワイト」を観てきました。:

» 映画「スノーホワイト」誰もが知る物語を現代の視覚効果で見せてくれる [soramove]
「スノーホワイト」★★★☆ クリステン・スチュアート、クリス・ヘムズワース シャーリーズ・セロン、サム・クラフリン出演 ルパート・サンダース監督、 127分、2012年6月15日公開 2011,アメリカ,東宝東和 (原題/原作:Snow White and the Huntsman ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「誰... [続きを読む]

受信: 2012.06.27 09:31

« 今年もサーキュレーターを出しました。 | トップページ | ミュージックステーションを観覧しました(LINKIN PARK) »