« トラベラーズノート、LA編できました。 | トップページ | ロサンゼルス旅の記録まとめ(2012) »

2012.08.30

LA旅日記その4:おいしい店のこまごま

ロサンゼルスの美味しいもの、というよりはLA.live地区の食事話になってしまいますが。
(食事に関しては全て、この内側をぐるぐる周回するだけで事足りた感じです。テーマパークみたいな密度。)
Los Angeles Restaurants, LA Cuisine, Food in Los Angeles | L.A. LIVE
営業時間やメニューは各お店のページに必ず載ってますので、行きそうなところは調べておくといいかもしれません。
こうしてみると、まだまだ知らないままに終わった店が多いなあ。


120806

Lawry's Carvery Casual Dining & Take-Out | Lawry's Restaurants

120806 120806

旅前に唯一、「ここは行かねば」と張り切って下調べしたお店です。
ロウリーズは、日本にも支店があるプライムリブの有名店ですが、LA.live内のここはどちらかといえばランチ向けでカジュアルめの業態なのが有り難い。
コンベンションセンターでのカンファレンスのお昼休みに寄るには、至近な立地も"肉満足度"も充分です。

並んでいる間に付け合わせやドリンクなども選びつつ、レジで注文会計してから番号札をもらって待つ形式でした。

サラダやサンドイッチ方面のメニュー(といってもボリュームとにくにくしさは、それなりに有り)が多いですが、ちゃんとしたお肉の皿もあります。
写真は12オンスサイズのプライムリブ。かなり分厚いです。
焼き加減はこれでミディアムです。もちろん二人で分けたよ!
脂身が少ないのにふかふかと柔らかくて、あっというまに食べられちゃいました。
これが日本の霜降り仕様なステーキだったりしたらかなりつらい量だとは思うのですが、ホント、美味しかったなあ。
ひとり1カップづつ頼んだスープはミネストローネで、具がたっぷり。クラッカーがついてきます。


----
Yard House

120804 LA 120804 LA

120804 LA 120807


お酒中心のスポーツバーみたいなところだと思ってたらけっこう料理も美味しくて、ホテルからもすぐ行けたので、一番通った回数が多いYardHouseです。
なにが素晴らしいって他のレストランと違って真夜中まで開店しているので、夕方からばったり寝てしまうという米国旅行にありがちな(私の)パターンでもここならゴハンに間に合う可能性が高いこと。

様々な種類のビールが信じられないほど巨大なサイズまで揃っていて、好きな人には堪らないであろう品揃えでした。
私はいつも1pintのグラス(上写真)でおなかいっぱいですよ。

ちなみに週末夜など、混んで入場待ちが入ってる時は、コースター位のサイズの板状の機器を渡されます。
(順番がまわってくると、赤いランプがぐるぐる点滅して全体が震えるのでした。)
席数も多く、ハンバーガーなど手軽なメニューも多いので、ランチも大混雑でした。


-----

DSC01655 120805


Rock'n Fish Restaurant - L.A. Live

シーフードのお店なので、さっそく牡蠣を食べに行ってみたのがここ。
二段重ねの皿にどーんと盛られてきてびっくり。
ビールのつまみにイカフライなども頼んでみましたが、美味しかったです。全体的にちょっとラテン系の味付けかも?

今まではダウンタウン地区で牡蠣のために毎回通っていたのは、ミレニアム・ビルトモアホテル隣のWaterGrillだったんですが、今年はちょっと(徒歩では)微妙に遠くて行けなかった。残念!


---

120809 120806

120809 120809


Wolfgang Puck

今回通った中では一番オシャレなお店かも。
店内インテリアも素敵なんです。デート向けな雰囲気。
アスパラのグリルなど、シンプルなものでもすごく美味しかったのが印象に残ってます。
アサリのパスタなどもおすすめ。


---

120809 120809

あとは、毎朝食で通っていた、ホテル向かいのスターバックスのオレンジジュースが実に美味しくて感動してました。
この濃さは、地元カリフォルニア産のだから?
その他、チョコクロワッサンは全く飽きずに日々注文し続けていました。
カップ入りヨーグルトやサラダセットの品揃えも充実してましたよ。

最終日だけ行ってみたホテルの朝食ビュッフェが値段の割にイマイチだっただけに(事前に宿泊レビューを検索したらそう書いてあったので、ちょっと覚悟はしていたのだけれど、ホントだった...)、毎朝大行列だったスターバックスの理由がわかるような気が。
Wi-Fiも無料でバシバシ通じるので便利でしたからね~


というわけで、ざっと手持ちの食べ物写真を抜き出してみましたが、なかなかの充実ぶりでした。
同じところに2度3度と繰り返すより、もうちょっと幅広くいろんな店に通いたかったという反省点はあります。
その一方で、昔から気に入っていてまた必ず行こうと思っていた、いつものイタリアンレストランがすっかり別な料理の店に変わっていてショックだったり(ネット上ではclosedと書いてあった....涙)。

いつになるかわかりませんが、次にここに来る時はどんな美味しいものが待っているのだろう´◡`と興味津々です。

[旅日記] | 固定リンク | ↑先頭へ戻る

« トラベラーズノート、LA編できました。 |  -  | ロサンゼルス旅の記録まとめ(2012) »

トラックバック

トラックバックは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
発信元に、この記事への言及や文中リンク等が特にない場合は、削除させて頂くことがあります。
アクセス稼ぎや単語検索などによる無差別な送信は固くお断りします。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/670/55538007

この記事へのトラックバック一覧です: LA旅日記その4:おいしい店のこまごま:

コメント

とても美味しそうな写真ばかりで、旅の楽しい様子がよくわかりますね。本屋さんのガイドブックより解りやすくて参考になりますね…なかなか個人的には気軽に行けるところではありませんが(^-^;

投稿者: star_montblanc (2012/09/01 23:48:10)

前回行った時はもう、ほんっっと何にもなかったところが急に栄えていたので感動です。
特に遠出することもなく滞在していましたので、こういうときは食事環境の充実が有り難かったです。
お肉を初めとして、どの店もとっても美味しかったです!

投稿者: ほしの (2012/09/02 0:08:26)

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。