« ロサンゼルス旅の記録まとめ(2012) | トップページ | ブルゴーニュ色の万年筆を買いました。 »

2012.09.03

「プロメテウス」を観てきました。

B007TBCTRKいちおうエイリアンぽいものだとは聞いていたので、残酷恐怖系だったらヤだなー3Dで観て大丈夫なんかなー…と迷いつつも行ってきました。
映画『プロメテウス』オフィシャルサイト


予告篇で前々から期待していたとおり、画面の中のいろんなデザイン("ピラミッド内部"や、浮遊型計測器、"宇宙船"とその操作まわりの視覚効果etc.)とても気に入りました。
冒頭の景観場面も3Dだと大迫力だったし、とにかく映画館のスクリーンが小さく感じられたシーンが多々あって、アート本を買っておこうかなあと検討中なくらい。

ヒロインのノオミ・ラパスは、スウェーデン版のミレニアムシリーズでとても評価された女優さんです。
このごろ映画チャンネルでの放映でしょっちゅうこのシリーズを観ている私としては、どうもいまだに全身タトゥーでピアスをしまくって常時暴力的なリスベット・サランデルのイメージが強烈。
今作での女性的な(面もわりとある)役柄にずいぶんギャップを感じました~ しかしなかなか良かったですよ。

あと、マイケル・ファスベンダーがアンドロイド役というのは、あの端正な見た目的に非常にハマっている気がしました。

かつてのエイリアンとなんとなくかぶせているシーンもあったりして、旧作のファンとしても、おおっと感じるところがいくつか。
いわゆるフラグというべきか、「この人達がまずやられちまうんだろうなあ」と予想できる展開、これはもうお約束なんでしょうかね?


しかしながら、コミミにはさんではいた、作品の評価が賛否両論である理由は後半くらいからじわじわとわかってきます。

主人公の過去のことや、乗組員が知らされていないけど社長周辺は把握している件等々、小さいけれど役柄に効いてきそうなエピソードが匂わせたまま回収されてないこととか。
そもそも主人公とその彼氏とシャーリーズ・セロンくらいしか詳細に描かれていないので、他の登場人物のキャラクターがよくわからないまま→なのに終盤に彼らが結構大きいことやるんだけど、そこがものすごく唐突。
感動より「えー!ちょっと待てよー」と思ってしまった。かつて観た「バトルシップ」の展開を連想するほど(←駄目な意味で)。
デヴィッドが、彼なりにストレスを溜めているのはわかるのだけれど(乗組員との会話の合間でちょいちょいチクりときているのもわかる。しかしまだ)やはりそうなる背景事情描写が薄いので若干、そのアンドロイドらしからぬやんちゃ行動にモヤっとする、等々。

深い事情をさらっと流し気味なので、主人公が何故そういう信念をもってそこを目指すのか、ということが少なくともいちど見ただけでは深くは同感出来なかったなあというのが正直な感想。
話をちょっと詰め込みすぎたのかな?

あと、シャーリーズ・セロンは横に逃げて欲しかった。←見ればわかるよ
ウェイランドの社長はやっぱりランス・ヘンリクセンに出て欲しかった。
というのがぼんやり浮かんだ希望であります。


でもまあ、視覚的には良かった。そこはホントに好きです。
思ったよりも、過去のエイリアンシリーズで描かれているような長いねちねちとした残酷描写はなかったのですが、やっぱりそれなりにたっぷりとキモチワルイです。
これは一番すごいシーンをシーグラフの上映でも見てしまっていて(それゆえこれをわざわざ3Dで見るべきなのか躊躇があったのですが)フェイスハガーな生き物のグロテスクさがパワーアップしていて、やはり短時間とはいえドン引きであります。
大きいスクリーンで鑑賞できたのは良かったですけれどね…。

あと今回、予告編にけっこう振り回されたなあという気がします。
つまりとても上手に作ってあるということなんですが、あのシーンが本編ではココなのかという意外性も楽しめたのでした。


というわけで帰り道、さっそくレンタルショップで「エイリアン」借りてきました。←やはりこれは傑作です。

[映画・テレビ] | 固定リンク | ↑先頭へ戻る

« ロサンゼルス旅の記録まとめ(2012) |  -  | ブルゴーニュ色の万年筆を買いました。 »

トラックバック

トラックバックは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
発信元に、この記事への言及や文中リンク等が特にない場合は、削除させて頂くことがあります。
アクセス稼ぎや単語検索などによる無差別な送信は固くお断りします。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/670/55568110

この記事へのトラックバック一覧です: 「プロメテウス」を観てきました。:

» 映画「プロメテウス」この創造世界を大スクリーンで楽しみたい [soramove から]
「プロメテウス」★★★★ ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、 シャーリーズ・セロン、ガイ・ピアース出演 リドリー・スコット監督、 124分、2012年8月24日(公開) 2012,アメリカ,20世紀フォックス映画 (原題/原作:PROMETHEUS ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「時は2090年台、 2年の宇宙航海の... 続きを読む

受信 2012/09/10 23:56:59

コメント

私も3Dで観てきました!
賛否両論だとはちらっと聞いていたのですが、ここまでとは!という感じで、なんとなーくB級感が漂っていたような・・・3Dの吹き替えもかなりマイナス要因だった気がします。2D+字幕で観た方がまだ良かったのかなー??
あと伏線らしきものを、あそこまで放置しちゃうのもある意味すごい(笑)。

投稿者: へこた (2012/09/03 7:14:22)

私も同感です〜!
視覚効果の素晴らしさと話の展開の微妙さに、ギャップがありすぎてショック状態で(笑)帰宅しました・・・
思い出せば思い出すほど、アレはどうなったんだ?というモヤモヤに埋れております。
(一応字幕で鑑賞しましたが。吹き替え、すごい人選なんだなぁ、うぅむ。)

投稿者: ほしの (2012/09/03 13:51:08)

ほしのさんのコメント読んで、吹き替え版のキャスト調べてみたら・・・
こ、これは!という感じでした。知ってたら、絶対字幕版選んだのになー。
いつも字幕版ばかりで、吹き替え版ってほぼ初めて観たから
キャストを調べることまで思いつかなかった・・・残念。
あの主人公の女性を20歳の人の声で吹き替えるって、かなり無理矢理っぽいですよね。

私も観た後、いろんな意味でショックが大きすぎて(笑)、
別のDVD借りて帰りました!

投稿者: へこた (2012/09/03 19:45:25)

いろいろとハード過ぎる役柄なので、ちょっと酷ですよね~
主演の女優さん自身は、ああいうバイオレンスな場面が結構ウマいのでギャーギャーと絶叫しまくってました。
ああいうのを吹き替えるの、プロの人でも大変だろうなあ....と思うんですけれど!

投稿者: ほしの (2012/09/03 19:56:54)

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。