« 能率手帳ゴールド、6冊目を買いました。 | トップページ | 「ノート&ダイアリースタイルブック Vol.7」を読みました。 »

2012.10.13

トラベラーズノート、ブレーメン編できました。

121012ドイツ旅のトラベラーズノート、作成完了しました。
いつものように全冊ずらっと並べた写真はそろそろ(ボリューム的に、片付けなどが)きつくなってきたのでやめときますが、使用開始から9冊目に到達!

今回も、
『書かない・描かない・貼るだけ・旅中は作業せず帰宅後一気に』
というパターンを貫いてしまいましたが、毎度のことながら、作るのはとっても楽しかったです。

市販のガイドブックにあまり情報が載ってなかったせいで、どんな滞在になるのだろうかと若干心配していたのですが、さすが世界遺産を抱える街。
現地に行ってみると、旅行者のためのサービスや配布資料が非常に充実してまして。
ノートに貼る"ネタ"というか、”素材”に事欠かない結果となりました。
厳選しつつ最後のページまで使い(貼り)きることができましたよ。

表紙は最初の掲載写真のとおりです。
貼り付けてある地図は、ブレーメンの観光案内公式サイトでダウンロードできるPDFで、このデータはかなり重宝しました。
サイト全部の翻訳ではありませんが、日本語ページまであります。
ブレーメン 体験 ! (www.bremen-tourism.de)

地図はベクターデータで作ってあり、見ておくべき名所の位置や通りの名前まで書き込んである本格的なものだったので。
徒歩でまわれそうな範囲のみをAcrobatで拡大印刷するなど、自分仕様に工夫した何バージョンかを作って持って行くことが出来ました。素晴らしい。

お馴染みのブレーメン4動物像は、これまた現地配布の観光ガイドの表紙を切り抜いたもの。
白背景でこの写真がいちばん可愛かったので、見つけた当初から「トラベラーズノート表紙用に」と余計に確保しておいたのです。

121012

裏表紙は、前回と同じく、航空会社がスーツケースにつけてくれる荷札バーコードラベルを。
行きの乗り換えCDG(パリのシャルル・ド・ゴール空港)、BRE(ブレーメン空港)、帰りの乗り換えAMS(オランダのスキポール空港)、この記号が全部入っていて、なおかつ綺麗な感じの箇所をうまいこと採取成功です。
空いてるスペースに、ホテルのごく近所だったので毎日とおっていたマルクト広場と市庁舎(←これが世界遺産)、ベトヒャー通りの赤煉瓦建造物のパンフレット写真の切りぬきがぴったりとはまりました。
写真のような眩しい青空の日は滞在中ただの一度も無かったのですが(涙)思い出深い場所となったので、丁度良し!


それにしても毎度思うのですが、トラベラーズノートのサイズって、航空券はもちろん、チケットやリーフレットの類が気持ちが良いほどぴったりと収まるんですよね。
折ることを前提にすればA4とも相性がいいし、こういう使い勝手も9冊まで長続きしている理由の1つだなあと。

121012 121012

121012 121012

現地でのレシート整理は今回も、LAノート作成時から使い出した「草原ミツバチノート:B7」が活躍してくれました。
鉛筆だので単価はほんっと安いんですが、コマカい文具をたくさん買ったのでレシート量が多いのなんの。

●関連過去記事:トラベラーズノート、LA編できました。

自宅作業においては
トンボのスティック糊「消え色ピット(Gという一番太いサイズ)」の効率と性能に助けられました。
作りたての本日現在、この糊の爽やかめな香りがノートをひらくとふわふわ漂ってくる状態! イイネ!

あと、以前「趣味の文具箱(16)」記事にちらっと書いた記憶がありますが、紙素材をまっすぐ切るのに欠かせない道具は、ミドリのレターカッターです。
折ったところにスライドさせ、レシートからチラシまで、スパスパと直線切断できる優れもの。
意外と長期間の切れ味が維持出来るので、封筒開封以外にもスクラップ用途に必ず重宝すると断言できます。
とても小さいので旅先携帯にもおすすめです。ピンクや透明もあります。 
ミドリ | 商品カタログ | レターカッターII 透明 青 →AmazonではこちらAmazon発送なら送料無料です

トラベラーズノート オフィシャルサイト

----
旅行記ネタも続けたい上に恒例手帳シーズンも襲いかかってきて、書きたいネタに溺れつつありますが、大量すぎて詰まってしまう前にどんどんいこうと思います!(自分に言い聞かせる)

[文房具--手帳・ノート, 旅日記] | 固定リンク | ↑先頭へ戻る

« 能率手帳ゴールド、6冊目を買いました。 |  -  | 「ノート&ダイアリースタイルブック Vol.7」を読みました。 »

トラックバック

トラックバックは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
発信元に、この記事への言及や文中リンク等が特にない場合は、削除させて頂くことがあります。
アクセス稼ぎや単語検索などによる無差別な送信は固くお断りします。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/670/55877362

この記事へのトラックバック一覧です: トラベラーズノート、ブレーメン編できました。:

コメント

いつも素敵なノートですねぇ…うらやましい。(^-^*)
持ち帰っての編集時、旅行疲れで弱っている…けど忘れちゃうから一気にやっちゃうので、どーしても密度にとっても差が出たり、ノートがえらく余ったりします(^-^;)
いい工夫、無いものでしょうかねぇ…

投稿者: やまかつ (2012/10/22 2:40:32)

こんばんは。
旅のお疲れは取れましたでしょうか?
私の場合、帰ってからようやく、新しいリフィルを開封して一気に作ったんですよ〜
ユーザーとしては全くお手本にならない姿勢ではありますが、旅先では疲れてしまうのでこういう作業は全然やらなくなっちゃいました。
なるべくたくさんラクをして、気が向いたときに作るのがいちばんです!

・旅中は目を光らせて、なにかの包み紙とかチラシでも、もしかしたら貼れるかもな素材はかき集めて持ち帰る
 (日付別にざっくりと仕分けするくらいは、現地でやっておくとあとから便利)

・「ノートを作るための活動」はなるべく意識しない。
 作業上ラクできるなら手書きにこだわらない。
 私は、行った場所や値段や感想の小さなメモすら(手書きが面倒なので)iPhoneのアプリなどに箇条書きで入れています。
クラウドで同期して、帰国後テキストをトラベラーズノートに合うサイズに印刷して貼ってしまうとラクです。
そうするようになってから、帰宅後無理なく楽しく作れるようになりました。

・あと、荷物リストや手配書類の類から全部貼ると、(ぶ厚くはなりますが)結構埋まりますよ。
次回の旅行の準備にも役だってイイ感じです。

投稿者: ほしの (2012/10/22 3:12:56)

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。