« 「美しい収納術」を読みました。 | トップページ | 「よくばり個人旅行! 旅立つまでのガイドブック」を読みました。 »

2013.01.30

「早川式操出鉛筆」が届きました。

長いこと「ほしい物リスト」の奥のほうに入れたまま、うっすら気になっていたのですが、気がつくとずいぶん(通販では)安くなっていたのでポチってしまいました。

130130

日本の、元祖シャープペンシル(の復刻版)ということで、桐箱入り。
銀めっきの軸にはとても綺麗な模様が刻まれています。
プラチナ万年筆:早川操出鉛筆←メーカーHP

以前購入した、ファーバー・カステルの0.7mm芯用のペンシルが非常に気に入ってまして、こういう"シュッとした"、杖みたいなデザインの軸に惹かれるように。
●関連過去記事:ファーバーカステルのシャープペンシルを買いました。

以来、ヤード・オ・レッドの銀軸なんて最高の憧れですけれど、まあお値段もそれなりにズッシリなので時期尚早と判断。
それに較べると(似ていなくもない、遠縁な見かけながらも)だいぶお財布にやさしく、0.5mm芯用で使いやすそう。
・・・という動機から検討を始めたのがこの早川式操出鉛筆だったのでした。

130130 130130

「思ってたより細身だったな〜」というのが開箱後の第一印象でしたが、そのぶん、軸や天冠部の彫りに繊細な雰囲気が漂い、なかなかの高級感です。
天冠のパーツをはずすと消しゴムがついていて(ここ開けてまで使うかなあ?というくらいキッチリと締まるようになっている)、外して芯を投入するようになっています。

重量感があるので、2B位までの濃度の芯が実用的かつ気持ち良く使えそうな気が。
普段づかいの軽めな樹脂軸には4Bを入れてるんです。
ナノダイヤだったかな?
すぐ筆記角が馴染む柔らかさとクッキリ黒線で楽しいけど、減りが速くてカチカチと忙しい。
パイロットのエススリー、ゼブラのテクトツーウェイライト等が現在の廉価主力軸になってます。

ノック式ではなくカチッとひねって出す方式ですが、高級なシャープペンシルはだいたいこのタイプなのでもう慣れましたよ!


出荷時標準でHBと思われる濃度が入れてありますが、非常に書き心地は良いです。
筆記中は芯の断面が紙の表面にぴたりと合って、芯先から天冠まで全く揺らがない堅牢さがすばらしい。

小型手帳へのこまかいメモからノートまで使い勝手抜群の0.5mm芯なので、他に持ってる、ちょっと良い値段した海外ブランドのシャーペン(たいてい0.7mm)とうまく使い分けできそうなのも嬉しいです。

130130 130130

クリップはガッチリと硬くて紙1-2枚程度しか挟めませんので、転がり留めの役割が主になるかな?
彫りはさほど深く入ってないので、手にやさしい丸軸を楽しんでます。
あえて言えば、季節柄、持った一瞬のヒンヤリが気になるくらいです。

ほどよい華奢さはあるので、上等の革ペンケースに入れて外にも(旅にも)連れ出したい!
限定とか桐箱入りとか考えるとドキドキするのですが、そう有り難がりすぎず、重め金属系の即戦力としてどんどん使っていきたいと思ってます。


★3割引とお買い得だったので、Amazonで買いました。
 → プラチナ万年筆 アンティーク 「早川式繰出鉛筆」 シャープペン限定複製 シルバー M-10000B

----

|

« 「美しい収納術」を読みました。 | トップページ | 「よくばり個人旅行! 旅立つまでのガイドブック」を読みました。 »

コメント

いつものことながら、物欲をそそるレビューでした(笑) 0.5mmもやっぱりいるよなぁと言い訳しつつ価格を調べているわたしがいます。

投稿: pelikan400nn | 2013.02.02 09:29

あの、ちょっとズレた質問を…

ギロシェって、2Bの芯を使って書くと
紙の上でキュッキュッキュッって
小さな音が鳴りませんか。
同じ条件の紙に、同じ芯、同じ太さ、同じメーカーのペンシル(オンドロ)で書いても、
キュッキュッ音はしないのに…

ほしの様のギロシェはいかがですか?

投稿: あいう | 2013.02.02 12:39

>pelikan400nn さん
そうなんですよ〜
万年筆に細字が必要なのと同じで、0.5も良いのを手元に置きたくなるんですよね...
海外モノが0.7や0.9以上主流なので、これはこれで、日本代表として!
クオリティはかなり満足しています。
2B芯入れたら、予想通り(必要筆圧が減るせいか?)とてもラクで、更にものすごーく滑らかに書きやすくなりました。

投稿: ほしの | 2013.02.02 15:05

>あいう さん
うーむ、私のはキュキュ音はしないです。
芯はおそらく、ぺんてるの2Bだと思うんですが。
考えられるのは、筆記角とか筆圧だとかの、個人の持ち方の特徴でたまたまそういうふうになるんじゃないかな?ということです。
オンドロ(今知りましたが、いいデザインのペンシルですね!)とギロシェの大きな違いって、芯先から胴(握る部分)までの距離だと思うんです。
それでやっぱり角度とか変わってくるでしょうし。
おそらくそれが偶然、音がする条件と重なってるのでは?と思います。

ギロシェ、先端部がだいぶ長いですよね。
私の場合は(普通のデザインの)他のペンシルよりかなり寝かせて書いてると思います。

投稿: ほしの | 2013.02.02 15:14

わぁ♪
ほしの様の観察眼の細やかさ、ですね!

たしかに
ギロシェを握るときは、筆記の角度を変えたくなかったので、
手首を浮かすようにして無理な姿勢で書いていましたから
キュッキュッ音はそのせいかもしれません。

私もほしの様にならって寝かせ気味に書いてみます。
あとはぺんてるの芯、これを使ってみます!
ぺんてるってはじめてなのでちょっとドキドキします。
ありがとうございました。

ちなみにオンドロですが
ぶっとくて重くて、なんか石器時代みたいで…
書いてるって感じがいいですよ♪

投稿: あいう | 2013.02.02 16:23

ぺんてるのハイポリマーAinっていう芯です。
そういえば私、万年筆にもキュッキュ言うのがあって、まあこれも私の持ち方の何かが作用している個性なんだろう....と納得しつつ楽しく使ってまーす。

投稿: ほしの | 2013.02.02 16:30

ほしの様あぁ
ぺんてるの芯に替えたら、私のギロシェも鳴らなくなりましたーーー。
ありがとうございますぅぅぅ。

ところでところで
都会の、あの大きな文具屋さんって、いいなぁ。いいですよねぇ。
何度行ってもいつだって素敵。
ああ、ここに住めるなら… いつもそう思っちゃいます。

ではでは。
素敵な記事を待ってますね♪

投稿: あいう | 2013.02.04 13:09

それはよかったです☆
今後ともよろしくおねがいしまーす(・∀・)ノ

投稿: ほしの | 2013.02.04 16:27

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「早川式操出鉛筆」が届きました。:

« 「美しい収納術」を読みました。 | トップページ | 「よくばり個人旅行! 旅立つまでのガイドブック」を読みました。 »