« 真空断熱タンブラー、小さいのを買い足しました。 | トップページ | イタリアのデコレーションペーパーを注文しました。 »

2013.07.14

COCOIROというペンを買ってみました。

130713

この筆記具、ネットでの情報収集時点では(曲線的な見かけがあんまり好きじゃなかったので)スルーしていたもの。
近所のLoftで試し書きコーナーが作られていたので、先日初めて触ってみたのでした。
ZIG Letterpen COCOIRO ←メーカーHP
筆ペンとサインペンの中間くらいの不思議な書き心地に「おおっ...」と。

ペン先(穂先と言うべきなのか?)と一体型になっている様々な色の芯と、キャップ付きの軸(こういう感じのパステルカラーで各種)を好きに組み合わせて買うことが出来ます。
私が選んだのは「姫たんぽぽ」という、旧バージョンのイエローSafariを思わせる濃いめ黄色軸にブルーブラック芯です。

上写真のとおり、軸の後ろから突き出ている部分はどう考えてもノックボタンにしか見えず、店頭で何度も押したりひねったりしまくったのですが全く関係なくて(笑)。
単に中の芯が軸からはみ出ているだけ、らしい。←帰宅後ようやく気付いたのです。
この部分までもインクタンクが続いている程なので、ミニペンぽい見た目(※敷いてあるボストンノートはA6サイズです)の割に、大容量な感じです。
だからインクが減ってくるとノック(もどき)部分から中身の流れが透けて見えるのですよ。
首部分含めた芯全体に対してキラキラのラメが散らしてあるオシャレ仕様なので、これがなかなか綺麗だったりします。

 
130713書き味なのですが、このペン先樹脂の先端ほんの僅か、数ミリだけがフニャッと筆先のようにしなる柔らかさを持っていて、そこから後ろは結構硬め。
総合的にはいわゆるファイバーペン先のサインペンよりも硬いかもしれず、わりとグイグイ筆圧をかけつつ走り書き出来ます。

しかしとにかく、先端限定でソフト加工されているせいなのか非常に面白い書き味になっています。
明らかに「筆の穂先」っぽさはあるのですが、なんとなく新しい感じ。

気に入ったのはその描線です。
ごく控えめながら、入り抜きが備わっている上に筆圧や速度に応じた表情が出るところが面白い。
こういうのが(ブラシデータとして)デジタル上で好みだからかもしれないのですが、アナログで手を動かしたいときのラフ描き用画材としても重宝しそう!と思って購入したのでした。

先端のみの柔らかさが、ペン先が育って"イイ感じの面"がつき始めた書き心地にちょっと似てるんです。
だからなんとなく「ほどよく使い古したサインペン」ぽい馴染みも感じるのですよね。
試し書きのペン先を観察した限りでは、やはりインジェニュイティ等と同じく、使用時間に比例して太く潰れていく(柔らかい範囲が大きくなっていく)のかもしれないです。

けっこう細い線巾ですし、典型的な筆ペンっぽさを求める人には硬すぎ・開かなすぎのペン先かとは思います。
HPをみると、標準展開されている「極細・硬筆タイプ」のほかに「毛筆」という芯も用意されているのでこちらのほうが筆ペンに近い感じなのでしょう。
レターペンと名前がついている位なので、筆っぽい手の運び方を思い出すと気持ち良く文字やイラストをかき連ねることが出来ます。
自分でも予想外に気に入ったのでした。


今後の目標設計としては、
このペンに慣れる → 「普通の筆ペン」のちょっと硬め程度なら楽しくなってきて日常筆記具に取り入れたりペン習字などもやってみたくなる(相乗効果で字も上手くなってしまう) → 現状は何度試しても手に合わず好きになれない、(パイロットや中屋の)軟調ペン先の面白さに目覚める… なのであります。
さて実現するでしょうかっ!

 
気をつけたいのは替え芯がちょっと高い(軸250円に対して芯は200円。)のと、キャップを奥までプチっとはめ忘れることが多いのでペン先乾きが怖いです。

インク色はボルドーやセピアなども素敵だったし、ミントグリーンやグレーなどの強すぎない色味も使ってみたい。
芯の出来がこれだけ良いのだから、軸側の見た目も高級感や大人っぽさを出したデザインのが出ないかなあとも思いますけれど…
この軽やかで気取らない感じもだんだん好きになってきました。

しばらく、机上のメモ用や持ち歩きメンバーにも加えてみようか?とまで思っている一本になりつつあります。

 
タイミングが合えば注文当日中にも届いてしまうAmazon等の通販を利用していると、その便利さになかなか抜け出せません。
しかしたま〜に、書籍や文具を物色しに店頭へ行くと新しい発見ばかりで非常に面白いのですね。
「こういうのは自分には向いてない」
と定義付けていたものが、実物を眺めたり触ったりのうちに急激にお気に入りとなる奇跡!
まあ、その逆パターンも少なからずありますので、情報収集って難しいです。

[文房具--その他筆記具] | 固定リンク | ↑先頭へ戻る

« 真空断熱タンブラー、小さいのを買い足しました。 |  -  | イタリアのデコレーションペーパーを注文しました。 »

トラックバック

トラックバックは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
発信元に、この記事への言及や文中リンク等が特にない場合は、削除させて頂くことがあります。
アクセス稼ぎや単語検索などによる無差別な送信は固くお断りします。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/670/57790577

この記事へのトラックバック一覧です: COCOIROというペンを買ってみました。:

コメント

お久しぶりです。
このペン、私も持っています。このリフィルですが、同じメーカーの手紙ペンのリフィルと形も大きさもまったく同じです。というわけで私は手紙ペンの本体にココイロのリフィルを差して使っています。
超細軸が好みな方でしたらリフィルだけで使うという荒技もありますが…。

投稿者: 安藤 幸 (2013/07/16 0:02:46)

(さっそく調べました)
うおぉありがとうございます!「くれ竹 手紙ぺん」ですね?
可愛い蒔絵軸なんかもあるじゃないですか....
はい、こういうオーソドックスなのがあってもいいんじゃないかと思っていたのでスッキリです。
2色目の軸を買うときはこっちにしようっと。
cocoiroのインクラインナップは何本でも欲しくなるのは確かですね。
キリがないので、軸本数は抑えて、インジェニュイティみたいに「芯を取っ替え引っ替え方式」で使おうと思います〜

投稿者: ほしの (2013/07/16 0:40:43)

おっ!おそろですね(^-^)/
http://3points.blog10.fc2.com/blog-entry-852.html
インクをセットして1年になるのですが、しっかり蓋をしめてトレーに寝かせているので、未だに使用できてます。セピアもいい色なのでお勧めですよん(^-^)

投稿者: やまかつ (2013/07/20 2:29:44)

わーい!おそろですね!この軸色は好きです(・∀・)ノ

ブログ記事内「一世風靡セピア」の試し書きにホロリときました(笑)
今や毎日必ず使うくらい気に入ってしまいました。
他の色インクもぜひ欲しいです!

投稿者: ほしの (2013/07/20 2:37:59)

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。