« カキモリでノートを作ってきました。 | トップページ | iPhoneを4から5Sへ機種変更しました。 »

2013.09.30

能率手帳ゴールド、来年で7冊目です。

130930

2014年分もコレにしましょう、
ということで今回は東京買い出しのついでに、丸善本店にて入手しました。
9月だというのに各種手帳が山脈のように積み上がっており、国内メジャー系(特に能率と高橋の各グループ)は島状に集まっていたのも毎年この売場の恒例で。
興奮でボーッとなりました!

●昨年の関連記事:能率手帳ゴールド、6冊目を買いました。

店頭買いは久々かもしれません。
レジに持っていく前にチラっと蓋を持ち上げはしたけれど、基本的には適当に当てずっぽうで、商品列の真ん中あたりから引っ張り出してきました。

使っているうちに表紙革の状態は刻々と変わっていきますので、買いたての見かけにあまりこだわっても仕方ない...のは数年の使用で学習しました。
といっても、どの製品もきちんと品質管理されているので特に違いはないんですけれどね。
シボの僅かな密度程度が個体差ではありますが、これもまたすぐに変化していくのです。

サワっと薄紙をひらくと、まっさらな革表紙ならではのぴかぴかした革表紙が現れます。
(この赤みのあるツヤは、海苔みたいだなあと毎年思う。)

手先の小傷とよく触る場所のつるつる具合で貫禄もつき、手触りもふわふわくったりに変化しつつある今年版の革ですが、内部はどこも傷んでいません。
少し忙しくなったこともあり例年になく筆記量が多くなってますが、シッカリめながら和紙っぽい、筆記具問わずに万能な独特の紙質も書きこむ度にお気に入りなのです。

 
「未来の用事を書いておく」「予定の確認用に使う」という、本来の意味での"手帳"は、私にとっては毎年これ一冊だけなんです。
外出で持ち出すのもこれだけ!
(他にも並行してダイアリー的なものは使うんですが、一日の終わりに"日誌"として「振り返る」役割。
 そちらは机上専用となるので、携帯性は気にせずに選びます。)

 
使い方はいつもどおりで来年もいくと思います。
縮小画像でスイマセン。密度と雰囲気のみご覧下さい...
130930 130930
130930 130930
↓※毎年同じなので:昨年記述より引用※↓
ToDoや目標などを書き並べているととても面積が足りませんから、左側ページの週間予定欄はオーソドックスに、主なスケジュールと、家事の記録
(洗濯したとか掃除したとかのレギュラー用件+衣替えなどのシーズン的な記録含)。
時間軸は特に使用せず。

右側ページは、主にお金絡みのメモ
(支払とか公私の購入品+検討品などのリスト含む)→外持ち用の手帳に買い物リストを書いておくのは便利。↑//

 
巻頭の「月間予定表」を横にたおして(横書きして)その日の代表的用事を極細字で書くのも同じです。

今年は後ろのメモページも、外出時のメモとして比較的よく使ったので、この傾向はそのまま継続していきたいです。
(できれば、付録の薄いメモ帳も景気よく使いたい。
 毎年2冊づつついてくるのに、何故かまだ1冊も使ってないの。7年目だというのに!)

130930 130930

後ろのポケットは、メモ用紙として5*3サイズのカードをいつも数枚入れていますが、逆側にも手作りで増設したり(小型紙片用の、グラシン紙+マスキングテープ製半透明ポケット。)、シールでキラキラさせたりして、革手帳の威厳からかけ離れ遊び放題です。

130930 130930

2014年版、こまかいので記号っぽいものしか書けなさそうな見開き1年の予定ページや、後ろに方眼レイアウトのメモも追加されているんですね。
変わらないようでいてちょっとづつ改良されているんだなあ。
NOLTY GOLDという新しいブランド名称はいまだにちょっと慣れませんが。
 
実は「来年は違うのを使ってみようかな?」
という考えがちらっと浮かんだのは事実。
あまりにも毎年同じすぎるから、
来年はどの色の表紙にするか?等の贅沢な悩みに憧れたりして、まあそれだけの理由なんですが。

しかし使い続けるほどに実感することですが、
全く同じサイズとレイアウトの手帳を(気に入ってるなら)長年使い続けることって大事なんです。
去年またはもっと前のを開いて「今ごろ同時期の行動はどんなだったか?」を振り返るときに、常に同じ目線で確認することが出来るから。
あと、箱や引き出しの中などに、隅を揃えてキッチリ収納できるので、見た目に気持ちがよいし省スペースになるし!

SmythsonのMemorandaというレフト式の小型手帳にかなり傾きかけていたのですが、能率ゴールドより1.5cmほど縦が長いのです。
それだけで、なにかバランスが崩れてしまうのが惜しくていまだに踏み切れず。
いつかは切り替える勇気が出るのかな?
(でも、日誌用のウィークリーで来年版を買ってみようかとも考えてます。大判だとすんごい値段しますけどね。
 そろそろ決断せねば!)

とはいえ、今のところなにも不満がないですから。
やっぱり来年も同じようなことをうっすら考えつつも、赤箱に入った新しい黒革の表紙をそーっと撫でたりしているのでしょう。

---
○Amazonではこちらです。小型版や関連書籍(レビューへのリンクは後述)もあります。→ 能率手帳ゴールド
---

●能率手帳ゴールド関連のその他過去記事●

・2011年・能率手帳ゴールド、5冊目を買いました。

・2010年・能率手帳ゴールド、4冊目を買いました。

・2009年・能率手帳ゴールド、3冊目になりました。

・2008年・はじまりは、能率手帳ゴールド。

・2007年・手帳買い、とりあえず終了(と誓う)。

 
手帳を問わず、の手帳本。
 ↑おすすめな手帳本「能率手帳の流儀 」のレビューです。
  使い始めの時代に買いましたが、数ある手帳本の中で今もなお、得るものが多し。

[文房具--手帳・ノート] | 固定リンク | ↑先頭へ戻る

« カキモリでノートを作ってきました。 |  -  | iPhoneを4から5Sへ機種変更しました。 »

トラックバック

トラックバックは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
発信元に、この記事への言及や文中リンク等が特にない場合は、削除させて頂くことがあります。
アクセス稼ぎや単語検索などによる無差別な送信は固くお断りします。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/670/58291812

この記事へのトラックバック一覧です: 能率手帳ゴールド、来年で7冊目です。:

コメント

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。