« Moleskineのデイリーダイアリーを使用開始(星の王子さま2016) | トップページ | パイロットのエラボー万年筆を使っています。 »

2016.02.20

加湿空気清浄機のフィルターを徹底洗浄してみました。

これをやってみた(と ネット上で言ってみた)日、各所でそれなりに反響があったので備忘録として書いておきます。

季節柄、加湿機能付きの空気清浄機をお使いの方も多いと思います。

加湿フィルターの定期的な手入れは必須な作業です。
水タンクへの補充以外は特に何もやらなくても加湿機能は動作し続けますが、フィルターのほうで異変が進行していくので放置は困難です。
特に、春に向けて暖かくなる今の時期に気になり始めるのが、機械内から出てくる(清浄なはずの)空気に混じる異臭。
手入れを怠っている金魚の水槽のような匂いがしてきます。

購入後から取説どおりに約1ヶ月おきで必ずやっていたクエン酸浸け置き洗浄ですが、今シーズンに入ってから、その"変な匂い"がしてくる周期が少しづつ短くなってきたのが気になっていました。
今では10日ぐらいすると鼻がきくようになり、もう「だめだまた洗わなくちゃ」となり...(つらい)

うちは、同様の機械が全部で3台ありまして全てパナソニック製です。
プラズマクラスターでなく、ナノイーが出るほうのメーカー

2012-2013年の間に揃えたので、だいたい3-5年経ったもの。
(F-VXG80 / F-VXG70 / F-VXH70)

 
部屋のサイズに合わせていくらかタンクのサイズや出力範囲が違うのですが、フィルター等の基本的なパーツは互換性ありです。
加湿フィルターは円盤形のスポンジにネットのカバーをかぶせたような仕様です。

一番大きな部屋に置き、24時間稼働させているほうのフィルターのほうが、他と同頻度で洗浄していてもダメージが大きいです。
・水道水のカルキ?によるフィルター中央部の硬化。かなりカチカチになります。
・同じく、その周辺にひろがる黄色い変色

硬くなるのはクエン酸浸け置きで何とか解消できますが、カルキからできる黄色い輪染みのようなものがどのフィルタからもだんだん取れなくなってきました。

上にも書きましたが、空気口から異臭がしてくる日数が短くなってきたということは
「この洗い方では雑菌が死に切れてない」
ということが推察できます。
もちろんフィルターだけでなく、水受け皿などのパーツもスポンジで念入りに洗っています。


160219そこで、いろいろと検索して行き着いたのが「酸素系漂白剤での浸け置き」です。
(特に無茶な方法ではなく、取説にも酸素系なら使えるとの表記あり。
 普段のお手入れにはクエン酸またはメーカー純正の洗剤が推奨されている。)

うちでは普段から洗濯に使用する粉末の衣類漂白剤がありまして、これがフィルター洗浄用にも知る人ぞ知るな定番品のようでした。

花王株式会社 ワイドハイター 粉末タイプ [本体]←メーカーHP
ドラッグストアの、洗濯洗剤のコーナーに必ずあると思います。
いくらかお買い得な詰め替え用も併売されています。

・水でなく、ぬるま湯程度の温度があるなかへ素早く溶かす
 (シュワシュワと泡が出てくるかもしれないけど、それも効果のうちなので気にしない。
  くれぐれも換気を良くし、お子様やペットの近寄れない場所に安置を。)

・浸け置き洗い用の濃度は容器にも書いてありますが、汚れ方の頻度によって調整。キャップで粉量を量れます。

・手にビニール袋をかぶせる程度でも良いので、素手で押し洗いはやめてください。

・浸し時間は最低でも2時間推奨。ひと晩程度でもいいみたい。

・すすぎは念入りに。

・名前の似ているキッチンハイターなどは塩素系なので、一緒に使わないこと。
 (水受け皿などのぬめりは、私はキッチン泡ハイターなどを使って消毒していますが、とにかく同じ場所の洗浄で異種の漂白剤は混ぜないこと!)


結果ですが、
気合いを入れるために濃いめの溶液、しかも半日漬けにしたせいなのか、フィルターが染みひとつ無い真っ白に生まれ変わりました!

最も変化を感じるのは、セッティング後に出てくる空気の綺麗さです。
無臭、というか、購入直後にしか味わえないような「真新しい」製品の匂いがします!!

部屋の温度が高くなったときやタンク内の水をうっかり切らしたときでも、出てくる空気の清浄さは変わらず。
というわけで、たいへん感動しました。

(本来の洗濯用としてのご使用も当然おすすめです。
 汚れ落ちだけでなく、いわゆる生乾き特有の菌や繊維変色をおさえる効果が液体タイプ以上にあるのは実感しています。
 粉末タイプは、どこにでも売ってるのはコレくらいしかないし他よりいくらか割高になりますが、今回でますます信頼度が増しました。)


フィルターは「10年もつ」と書いてはあるのですが、こういう手入れを続けないと、とてもじゃないけど10年使い続けるのは無理だと思い知りました。

最も手っ取り早く確実な方法、
「フィルターを買い替える:うちの場合の適合型番は3台ともパナソニック 加湿用 空気清浄機フィルター FE-ZGV08
を実行しそうになっていましたが、その場合は1万円を超える出費が待っています。
わー!得した!!

というわけで加湿機能を終了させる季節になるまで、あと数回のお手入れが必要と思われますが、クエン酸から粉末ワイドハイターでの浸け置きに切り替えることにします。
次回以降は、もう少し低めの濃度かつ2時間漬け程度で継続予定。

こうやって書くと大変な作業に見えますが、浸け置き時間がかかるだけで、慣れれば簡単です。
冬〜春の家仕事として、カレンダーにでもあらかじめ組み込んでおきましょう。

---Amazonではこちら---
ワイドハイター 衣料用漂白剤 粉末タイプ 本体 750g

加湿用 空気清浄機フィルター ← あきらめたときの最終手段。
----

|

« Moleskineのデイリーダイアリーを使用開始(星の王子さま2016) | トップページ | パイロットのエラボー万年筆を使っています。 »

コメント

ほしのさん、こんにちは。

粉末のワイドハイター、恐ろしい子…!レベルですよね(笑)
洗濯槽のお掃除にもものすごい実力を発揮してくれました。
加湿器のフィルターも、ほしのさんと同じように試したばかりです。
漬け置きだけなので、すごく楽ですよねー。

ちなみに、イオンのPBで袋入りのタイプもあって
よりお得な感じでしたよー。
スプーン入りで計りやすかったです。

投稿: ぽち | 2016.02.24 13:42

洗濯槽よごれにもすごく効くそうですね!
私も(容器はワイドハイターの持ってるし)PBの漂白剤にしようかな。こういうのは成分変わらないし...。
ワイドハイター、ちょっと高いなと思いながらいつも買ってるので。
今シーズンももうちょっと、加湿機に頑張ってもらいましょう〜

投稿: ほしの | 2016.02.24 15:03

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加湿空気清浄機のフィルターを徹底洗浄してみました。:

« Moleskineのデイリーダイアリーを使用開始(星の王子さま2016) | トップページ | パイロットのエラボー万年筆を使っています。 »