« 最近の映画鑑賞2本分まとめ(スノーホワイト/氷の王国 + デッドプール) | トップページ | ライラック色のサファリを買いました。 »

2016.06.15

「趣味の文具箱 38」を読みました。

4777940594今号のKindle版発売日は紙版と同日だったので、おぉ...と感動しながら日付が変わるのを待ち、真夜中にいちはやくダウンロードしました。
日々の雑誌読みに大いに役立っているdマガジンでも本書は数日後に配信されるタイミングでしたが、1年でデータが消えてしまうので...。
資料としてもう少し長く手元に置きたい本の買い方はいつも迷いどころですが、今回は久し振りにKindle購入することに。
その甲斐あって、どのコーナーも読みごたえありです!

趣味の文具箱 Vol.38[Kindle版]:(紙版はこちら

冒頭の井上真央さんのインタビュー記事、話題になっていたので楽しみでしたがとても良かったです。

私は、朝ドラを初めとする地上波放送の世界には全く疎くて、「花より男子」のつくしちゃんだ。という認識のみでした。
あのように達筆で、大人の雰囲気がある女優さんだとは...。
(清水編集長のtweetによると、直筆文字は全て取材撮影時のスタジオ内で、短い時間に書き上げられたものとのこと。)

記事文を読むと、この方は文字の形状や線の流れ方や紙の上での佇まいなどに注目し、それを自分の手に生かす力があるのだな。と理解できました。
手書きをするならば誰でもある程度はそれを無意識にやっているのでしょうが、意識の向け方の強さが全然違う感じ。
「文具の前に文字ありき」という小日向さんの文章にも、うぅむと唸る。
うわ〜私の場合、逆じゃないですか...文字以前に文具で頭をいっぱいにしているのって根本的になにか(以下略。

ご愛用というナミキの蒔絵軸の可憐さにも心打たれました。
そして、モンブラン ボエムのローラーボールの書きやすさについて力説されていて。
これはもう、1本1000円以上する替え芯に躊躇してはいけない...この芯の書き味有ってこそのペンなんだなと大いに反省です。
(ジェットストリームなどの4C芯が入るという、画期的な他社製アダプターを買おうと思っていたけれど、そっとAmazonのウィッシュリストから削除です。
 レビューを読んでみると、ボエムでは部品を外さないとうまく入らないとか、芯先にテープを巻かないとガタつくなどの難があるようです。
 こんなストレスの対策してるヒマが有ったら純正芯にしようよ!と思ったのでここにはリンク貼りません。)

130612私が書くと井上さんとは違う星の住人ぽい文字になる件はもう諦めますが、ボールのころがる速度感というか芯先からの流れに独特なものがあることは多いに共感出来、もっとその幸せを日々味わっていきたいと、早速に常駐ペン用のトレイに並べました....

というように、今号は「書くことの幸せ」について、有名人/文具店スタッフさん/一般の人(だけどマニア界隈 では知る人ぞ知るな方々なので、ある意味有名人と言える)への取材により、強力に特集された構成になっています。
極細字でみっしり書き込まれた手帳面や、まだ使ったこともないような色のインク文字などなど、そのままパソコンの壁紙にしたいくらいですよ。
オレンジ色のインクって良いですね。青枠の紙に使えばこの季節でも常用できそうなキラキラした美しさ!


これはあくまでも個人的な見解であることを強調しておきますが、
「珍しいものをこんなにたくさん持ってます(そしてドバーっと所有品を並べる)」
という件は、そればかりやっている人も昔からネット上に一定数いらっしゃるので耐性も付き、ふーん....(←すごい。ちょっと悔しい。でも私には真似するの無理だし。etc.のさまざまな感情を込めて)という感じなのです。

それより、
「こうやって使うのが私の定番です」「こういうことを常々探求しつつ楽しんでます」
という世界を見せて頂くのが本当に面白い。
自分の知らなかった場所に道が存在するのを発見するに等しい、驚きと嬉しさで清々しい気分になります。

当初は「なにか新しいペンを買いたいからその資料として」趣味の文具箱を買っていたのですが、だんだんと読むにつれて
「今もってるペンを、この方向性で」「この人の使い方を取り入れて」活用していこう
という思いを持つようにもなりました。
私が大人になったのか、それとももう充分というほど増えてしまったからなのか(たぶんこっち...)。


とはいえ、ちょっと気になっているのがプラチナの新製品です。
今号にも詳細な解説が出ており、「これかー!」と、しょっちゅうページを眺めています。
プラチナ万年筆/河口←メーカーHP

センチュリーのペン先は、現行の軸色が複数本づつは手元にあるのでクリップにシールをつけて識別するほどには(!)既に持っており、今のところのペン先の個人的好みとしては、ロジウムよりは黄色ゴールド派なんです。
しかし、気が緩んだときにどうなるかわからない魔力あり。
・・・絡め取られないよう、しっかりと体調・気力の維持に努めたいと思います(決意)

●関連過去記事:
 ・手帳絵日記1月編 + dマガジン試し始めました

 ・きらきらのローラーボールも連れてきました。(沖縄土産完結篇)
  ↑ 2007年の記事。ずいぶん経ったけれど、ローラーボールやファインライナーの芯は「使い切った」というより「芯が高価なので放置しすぎて干からびた」で替えること数回。
   ダメな使い方の見本ですよ!もう考えを改めることにします。

|

« 最近の映画鑑賞2本分まとめ(スノーホワイト/氷の王国 + デッドプール) | トップページ | ライラック色のサファリを買いました。 »

コメント

こんばんは。
自分が最初、趣味文を読み始めた頃の感覚ってどうだったかな…と、ほしのさんの今回の記事を拝見して思い起こしてみました。
初心者として足を踏み入れる分野のバイブル?心強い相棒?…いやもっと単純に、見る物全てが新鮮で面白くて、そして憧れだったような。
載っている活字を隅から隅まで何度も繰り返し読んでたような気がします。
いつしか自分の中でちょっとマンネリ化というか…新鮮味が落ちてきたかな…というのが、ここ最近の印象です。
(勿論、企画や記事のクオリティが云々という意味では決してございません)
確かに他の方の使い方、Tips等は参考になるのかも知れないのですが、なかなかいざ自分の環境で当てはめるとちょっと違うかなぁと思ったり。
マンネリ化、実は自分が万年筆、いや文房具に対して抱き始めているからかも知れませんが^^;
また当時のようなワクワクするような気持ちが蘇ってくる為のヒントが、趣味文の中で見つけられたらいいなぁって思っておりますです。

投稿: 碧井 朔 | 2016.06.15 23:24

こんばんは!コメント有難うございます。
掲載の記事、楽しく拝見しました!
本誌の単品購入に至った大きな原因のひとつですよ。

思い起こせば私は、大人になって万年筆にハマり始めたのと「趣味の文具箱」の創刊がほぼ同時期なんです。
憧れのモンブランやペリカンをいつか必ず入手したいと思い詰め、初期の頃の趣味文はもうボロボロになりました(笑)

私自身の今とあの頃の、趣味文を読む意味合いがだいぶ変わってきたのは、

・ひととおり欲しいものは手に入りつつあり、本文中に書いたとおり「増やすより生かす」の段階に重点を置きはじめた

・ブログだけではなく、SNS等WEB上での情報の集まり方が当時とは比べものにならないほど速く大量になり、ちょっとやそっとのネタでは「新しい」と思えなくなってきた

・インクを初めとして、商品数が爆発的に増え、文具そのものがなんだか盛り上がってきて大騒ぎする人が増えてきたので、やっぱりちょっとやそっとの話では新鮮さを感じなくなった。

そんな分析をしています。
「昔のほうが良かった」と、古いものを有り難がる人がまだまだ少なからず居る世界です。
編集するにあたって、新しい方向性を見いだすのは相当に大変だろうなあといつも思ってます。
だから長年にわたり、愛好層を拡げようとしてきた編集部の方々の尽力と成果に感謝を込めて、毎号読むようにしています。


しかしまぁ、私自身は天の邪鬼な性格なものですから、今となっては、むしろ自分が発信する側になりたく、「真似したい」「同じの使ってみたい」「役に立った」と言われたい!
・・・という偉そうな動機があってこそ、このブログも10年以上続いているんだと思います。

幸いにも、碧井さんは素晴らしい才能を披露する場所を既にお持ちです。
これからも勝手気ままにその時々の好きなこと(←文具に限らず)を盛り上げていく同志であって頂きたいと思っております。

投稿: ほしの | 2016.06.16 00:35

 すぐ上のコメントの3点、ものすごく分かりやすいです。しかも、趣味文も同じように変遷しているような気がするんですよね!

 正直、ここ数年のインクラッシュには嫌気がさしています。最初の頃は「うわー、こんなキレイな色のインクが!」と感心していましたが、なんだかスーパーサイヤ人のバーゲンセールみたいに各社から数え切れないほどのインクが出て、フォローしきれなくなりました。ていうかフォローするのをやめました。

 小日向京さんの存在って趣味文にとって計り知れない影響を与えたんじゃないでしょうかね。ペンのカタログ化しそうになっていたところに、ご本人の佇まいとともに「書いた文字や、その文字が並んだ紙面の美しさ」、そして「手書きの似合うシチュエーション」っていうのを前面に押し出すことで、「ああ、そうだ、万年筆って書くための道具だった」っていうことを思い出した人が多数いるんじゃないかな、と思います。私も、その一人です。

投稿: しまみゅーら | 2016.06.19 14:23

学生時代にはじめて万年筆を使った頃は、世の中に3種類くらいしかインクがないと思っていて、それでもどれにするかしょっちゅう悩んでいたものですが(笑)、時代は変わりましたね〜!

その名の通り、長い時間をかけて手に馴染ませてこそ本当の良さがわかる道具だというのに。
次から次へと消耗品の如く新情報が流れ、それにまんまと乗っかって...というパターンに反省しなければならないなあと思っているところです。

「使うことの楽しみ」を追究していきたいものですね!

投稿: ほしの | 2016.06.19 21:43

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「趣味の文具箱 38」を読みました。:

« 最近の映画鑑賞2本分まとめ(スノーホワイト/氷の王国 + デッドプール) | トップページ | ライラック色のサファリを買いました。 »