« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017.10.25

手帳絵日記8-9月編

8-9月分の絵日記です。(まだ続いてる!)

一日あたりの面積を半分:リフィル1ページを8分割:に小型化したおかげで、数日おきに書き入れてもすぐ埋まることや、シンプルにちょうど4ページで1ヶ月が見渡せることなど、なかなか良いことづくめです。

171024 171024

171024 171024

無地のリフィルに線を引いて作っていますが、ここ一ヶ月程、Pen and messageで購入したリフィル「筆文葉」を使っています。

Pen and message. 万年筆 & ステーショナリー

筆文葉のある生活 | システム手帳ブランド「筆文葉」のオフィシャルサイトです。

どれも使いやすそうなので、いろんな罫線のものをひと揃い購入してみました。
無地のものですと、ページ内をいくつかに等分するためのマークがサイドに小さく入っており、これを使って定規だけで絵日記の分割罫線もラクに引けるので気に入ってます。
紙は、ちょっと硬めでしっかり厚く、凹凸も大きめな感じ。

私は、こういう紙は万年筆よりむしろボールペンやペンシルで書きたい気がするので、シグノRT1愛用の現在、非常に心地よく使い進んでいます。
(絵日記用は太さ0.28を。)
いくらかクリームがかった地色ですが、色鉛筆も楽しい描き心地です。


当記事を含めた、今までの絵日記まとめは下記リンクからどうぞ。
Instagramでも公開中です。
あちらでは、片面づつ埋まったら公開しています。

手帖絵日記 バックナンバー(2015年4月分〜)


●関連過去記事:「システム手帳STYLE」を読みました(絵日記が掲載されました)+ 手帳絵日記6月編
 
システム手帳STYLE、もうすぐ2冊目が出るそうですよ!!
 ↓
システム手帳 STYLE vol.2

システム手帳熱、ひきつづき全く衰えていない
(いずれ後述しますが、とっておきのバインダーもこれから使いたいし。来年は「能率手帳ゴールド」以外の綴じ手帳は興味なし...)
ので、vol.2の発売を楽しみに待ちたいと思います。

[手帖絵日記, 文房具--手帳・ノート] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック | ↑top

2017.10.09

来年版のフランクリン・プランナー(1日1ページ版)のリフィルを買いました。

日々のメイン書き込み用として現在順調に書き進んでいるので、フランクリン・プランナーの1日1ページ版、2018年版のセットも購入しました。
来年もまだまだシステム手帳メインでやっていきたいので。
各種綴じ手帳の誘惑をなんとか振り切りつつ(笑)続けていきたいなあと。

170930

●関連過去記事(昨年購入時):来年の1日1ページ手帳はフランクリン・プランナーでやってみます。

上リンク先でも書いたとおり今年版から1日1ページ版リフィルがすっきりシンプルなデザインに変更され、そこがとても気に入っています。
1日2ページ版も含め、今やデイリータイプのリフィルではフランクリン・プランナー以外特にライバルが存在しないというのもあるのですが。
もちろん、紙質や書き心地も好きだからこその愛用です。


相変わらず時間軸は無視して、その欄は箇条書きメモに使う自分勝手な使い方なのです。
1週間コンパスだとかミッションステートメントだとか、フランクリン・プランナー特有のフォームに沿って何かを書いたこともほとんど:いや、全然:無いのですけれど....
だからこそ10年来、つかず離れずで使用が続いているのだとは思います。
もちろん、ToDoの組み方や領域の切り分けなど、それなりに要点は身につきました。
でも、あのルールに日々厳格に従っていたら会社の研修やってるみたいで、私はおそらく疲れてしまうはず...と予想します。

ほぼ日手帳とさほど変わらない気楽さでも付き合える(超自己流運用を許してくれる)懐の深さも、フランクリン・プランナーの魅力であり、システム手帳の利点だと思うんですよね!

フランクリン・プランナーの特徴のひとつでもあるタブ付きの月間ブロックも使いやすいです。
見開き1ヶ月、というよくある構成でなく裏表あわせてたっぷりと書き込める「2枚で1ヶ月」という月独立型の仕組みであることもよく
(このタイプの月間リフィルは、バイブルサイズならノックスブレインで展開されています)

このリフィルのおかげで、月単位のToDoを綿密に書き並べる習慣もついてきました。
そこから、週間や日々のToDoに落とし込んでいくのが便利なのですよ。

バインダーは、しばらく控えに廻っていたフランクリン・プランナー純正のオイルクロコを秋から使っています。
まだまだ綺麗なので10年選手には全然見えない...

年初に届いた赤革バインダーと半年交替くらいで着せ替えていこうかと計画。
このオイルクロコバインダーのいいところは、ペンがたくさん差せることかな〜
(ループにクリップを掛ける方式なら、片側に3本づつくらいシグノが装着できる!)

●関連過去記事:フランクリン・プランナー用の赤革バインダーが届きました。


170905

専用のリフィル保管バインダー+ケース(外箱)は、たっぷり入る容量と堅牢さでバイブルサイズユーザの方にもおすすめです。
(コンパクトサイズのリフィルとは穴位置互換。
上写真のように、バイブルのリフィルと混ぜて保管できるのがなかなか便利なのです。)


170930

時折、本国アメリカのフランクリン・プランナーで展開されている可愛い系というかクラフトふうのパーツが数量限定で販売されることがあります。
花柄のページファインダーはなかなかのお気に入りです。
背景透明なので幅広な割に使いやすく、両面から花柄が楽しめます。
表面に保護ビニールが貼ってあるのを購入後1ヶ月近く気付かずに使っていて、剥がしてみたらその色鮮やかさに嬉しい驚き...

日本では特にお堅い印象のフランクリン・プランナーですが、システム手帳が(なんとなく)盛り上がろうとしている今、こういうラブリーな路線も良いよなあ。


というわけで、今のところは着々と「来年の手帳」が決まりつつある感じです。
年末駆け込みや、ネット上でコミミにはさんだ勢いでなんとなく買ってしまった日記帳や慣れてないレイアウトの手帳は、やはり早々に挫折してしまうことを(今年も)学習しました。

こんどこそ、堅実かつ無駄のない手帳構成で新年を迎えたいと思います...

---
フランクリンプランナー オリジナル1日1ページ デイリー リフィル 2018年 1月始まり コンパクトサイズ 63853

フランクリンプランナー オリジナル1日1ページ デイリー リフィル 2018年 1月始まり コンパクトサイズ 63853←Amazonではこちら。

フランクリン・プランナー 2018年
  ↑1日2ページや週間バーチカルなどさまざまな種類が。綴じ手帳版(フランクリン・プランナー オーガナイザー)もあるのですよ。
---

[文房具--手帳・ノート] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック | ↑top

2017.10.01

アナハイム 旅のまとめ

昨年7月末までの、米国アナハイム旅のまとめページです。
毎回同じ言い訳だけど、すっかり作るの忘れてた....

2016年のSIGGRAPH開催地でしたが、なぜか(!)すぐそばに本家ディズニーランドという好立地であったため、楽しい毎日を過ごすことが出来ました。

160727

---関係している記事へのリンク。 旅の期間:2016.7.22~7.30---

●当ブログ上での関連記事は

旅から帰ってきました。(アメリカ アナハイム)

トラベラーズノート、アナハイム編できました。

シンガポール航空のプレミアムエコノミーを使ってみました。

160724

●Flickrにアップした旅中の写真や動画は Anaheim :: Jul 2016 | Flickr

160724

160724

これまでの全旅のまとめは、当ブログ左サイドバー「最近の特集」
または、HPのTravel notebookからご覧下さい。
(古い時代のサイトからそのまま引っ張ってきた記録ですが、2000年7月の旅ページからあります)

160723

[旅日記] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック | ↑top