« 「ほぼ日手帳公式ガイドブック2019」を読みました。 | トップページ | 能率手帳ゴールド、12年目が届きました。 »

2018.08.31

ジェルボール洗剤を使いはじめました。

いつものを買いに行ったつもりだったのですが、「なんか見た目が格好いい...(勾玉+翡翠っぽさがファンタジーごころをそそる)」という理由だけで試してみることにしました。
同じシリーズで何種類かありましたが、名前をはじめとしていちばん強そうな雰囲気のこちらを。

くすみ・黄ばみまでクリアに!アリエール パワージェルボール3D|アリエール公式サイト

ちなみにうちはドラム式洗濯機で、普段はここ何年か粉末洗剤派です。
商品テスト系の雑誌で汚れ落ち評価1位だったのを見て以来「アタック リセットパワー」をずっと使ってます。

180812

このジェルボール洗剤、コストパフォーマンスがイマイチという評価をよく聞きます。
しかしこれ一粒の中に必要な成分が適量かつ全部入りならば、むしろ合理的でお得なのではないかという感じもするのですけれど。
(わりとしょっちゅう、漂白剤・洗剤・柔軟剤のどれかの買い出しをやっている気がするので。)

SNS上で、ご愛用のフォロワーさんから
「やめられませんよ。家事が1つ減ったレベルの快適さです。」
というコメントが寄せられたので一気に心強くなり、早速購入翌日の洗濯から使用開始。

18個入りの容器を開け、1つつまみ上げてみると、ものすごく柔らかい物体で...ちょっと怖い!
3種類の液体が各部屋に分かれて、水で溶ける被膜に包まれているんですけれど、これの耐久性ってどんなレベルなんだろう。
濡れ手で触って駄目なのは当然なのですが、ちょっとした圧力、または最近の高すぎる気温で破れてしまうのではないか?
という不安で緊張するほどポヨポヨ...。

180812

入れる量は、6kg以上から2粒がおすすめとあります。
うちの洗濯機は9kgまで洗濯OKなので、いっぱいにして回す場合は2粒ですね。
(1.5粒にしたいところだけれど、微調整が出来ないところは弱点)
半分ちょいくらいまでの少なめな洗い物で1粒。
という感じにざっくりめの覚え方で使うことにします。

普通の洗濯機ですと底に入れるのが正しいそうですが、ドラム式なので、洗濯物の山の上にそっと置く感じ。
回転するので上下関係ないからね。
最初の数回は、ちゃんと溶けるかどうか心配で、水が入って泡立ちが確認出来るまでじーっとガラス窓を観察してました...。

汚れ落ちは特に不満無し、というか白いタオルがきちんと真っ白に洗い上がるので合格です。
(家族構成的に、泥や食べこぼしの汚れにはさほど困っていない状況なので、まあ個人の感想ということで。)
被膜の溶け残りなども無し。

香りは「シトラスグリーン」とのことですが、昔ながらの洗剤の香りってこんなだよなあという、"すっきり"が人工的に強調された系統のもの。
洗剤液の色の通り、青とか緑のイメージですね。

昨今の柔軟剤で流行している甘めフローラルや香水っぽい感じとは対極にあるので、好みが分かれる気はします。
晴天下での屋外干しや乾燥機に掛けると香りはかなり消えて、パリッとした爽やか系の雰囲気がほんのり残る感じ。
(このへんも個人の感想です。部屋干し環境だとまた変わってくるかも。
 Amazonのレビューを見てると、香りの好みと強弱については千差万別の受け取り方があるとわかるので...)


一度に2個消費する時も多いので、18個入り容器からはけっこう「減りが早い!」という感じです。
そんなわけで数日前に34個入りの徳用袋も買ってきました(44個入りのもあり。)
これもどんどん無くなっていくのだろうけれど、別々に買い出すよりはラクだし軽くて良いかな。
そしてやっぱり「いちいち漂白剤・洗剤・柔軟剤を量って投入しないで済む」ということが最大に嬉しい点。

うちでは、関係アイテムは全て扉付き棚の中に収めていて、洗濯時にボトルが何本も入ったバスケットを引っ張り出してゴトッと洗濯機の上に乗せ、その後に各々の計量・投入をする工程でした。
これが、小さな容器を棚内に置きっ放しのままパカッと開けて洗剤ボールをつまみ出し、洗濯機内に放り込むだけで終了するようになったのです。

上記の「家事がひとつ減ったレベル」とはこういうことなんだな!と感動。

容器は、そこそこの密閉性が確保出来る(すくなくともカチッと閉めることが出来る)フタ付きのものなら何でもいいとは思います。
とはいえ専用の18個入りのプラ容器、高さはあるけれど薄く出来ているのがよく考えられているなぁと。
そのへんの、手が伸ばしやすい隙間をみつけて都合よく置ける形状なんですよね。
というわけでここはSNS映えするオシャレ容器でなく、ババーンと洗剤の絵柄が入った専用箱に詰め替えながら愛用していこうと思います。


と、このようにオールインワンなので、柔軟剤の香りをいろいろ使い分けたいなどのこだわりがある人には向いていません。
洗濯物の量やコンディションに合わせてこまかく洗剤量を調整したい場合もこのタイプは駄目ですよね。
(私も「必要な時も出てくるかもしれない」とこれまでの洗剤類、いきなり処分までは出来ず。
 しかし今となっては邪魔ではある...)

そして何より、ラムネっぽい匂いと駄菓子的な鮮やかな色とぷよぷよ触感で、小さいお子さんやペット動物の皆さんなどはこれを「口に入れてみたい」と思ってしまう可能性大です。
置き場所にはどうぞ細心のご注意を。


というわけで、新しもの好きとしてしばらくはいつもの洗濯が楽しめそうです。

アリエール 洗濯洗剤 ジェルボール パワージェルボール 3D 本体 18個

アリエール ジェルボール3Dシリーズ←Amazon
 室内干し用や、アイロンがけがラクになるというふんわり重視のタイプも有り。

[物欲&オススメ品 その3] | 固定リンク | ↑先頭へ戻る

« 「ほぼ日手帳公式ガイドブック2019」を読みました。 |  -  | 能率手帳ゴールド、12年目が届きました。 »

トラックバック

トラックバックは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
発信元に、この記事への言及や文中リンク等が特にない場合は、削除させて頂くことがあります。
アクセス稼ぎや単語検索などによる無差別な送信は固くお断りします。

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/670/67117343

この記事へのトラックバック一覧です: ジェルボール洗剤を使いはじめました。:

コメント

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。