« アマゾナイト色のインクを使い始めました。 | トップページ | 「X-MEN:ダーク・フェニックス」を観てきました。 »

2019.06.21

「海獣の子供」を観てきました。

「海獣の子供」オリジナル・サウンドトラック13日に観てきました。

アニメーション映画「海獣の子供」公式サイト

だいぶ前にいつの間にか(笑)うちの本棚に並んでいたので読んでみた原作漫画にハマってしまった私。
この世界がとうとう映画になるのかー!と、楽しみに待っていました。

もう、絵が本当に美しいです。
出来れば大スクリーンで観て欲しいし、原作も読んで欲しい。
声優さん達の演技(琉花役は芦田愛菜ちゃん)もとても良かった...
主題歌の動画も、この作品の良さがぎゅっと濃縮されているのですごいよ。

米津玄師 MV「海の幽霊」Spirits of the Sea - YouTube


先日地元の大学で、作品のCGI監督である秋元氏によるメイキング講演が行われました。
※写真は公開OKのものです※

190603

原作を読んでいる方にはわかるとおり元々は、ペンでみっしりザザーッと描き込んでいる、アナログ感が強めな独特の画風であるように思います。

最先端の3DCGに対し、
原画の雰囲気だけでなく、いわゆる"手描きアニメーション"だからこそ味わえるインパクトある動きや表現をどう合わせ、双方からどう追い込んでいくかを徹底的にこだわり応えていった攻防戦については、当事者の体験ならではの緊張感あふれるお話で。
「CGっぽくない表現」「作画的な工夫」という言葉が印象に残っています。
(水族館の大水槽や海の中の魚たちの動きや、人物の目の中を流れていく宇宙(のような何か綺麗なもの)はすごく好きです。)

190603

この作品、5年もの長期をかけて制作されています。
その間にどんどん更新されていくCGの技術水準、公開時バッティングしちゃうかな?と心配していた海洋系の映画(ディズニーのモアナとか。)の数々が入れ替わり立ち替わりで通り過ぎていくことetc.
の"長期ゆえの裏苦労話"なども伺うことができました。


非常に乱暴なくくりでは「海のさかなもの」映画とも言えなくもないのですが、生命についての哲学的な表現も有りで、小さなお子様にはおそらくわけのわからない展開です。
「2001年宇宙の旅」的なものを彷彿とさせる...
高校生以上じゃないと難しいかなあ。
(原作を読んで「わかる。面白い。」と思うなら大丈夫)
大人の皆さんは、是非。

映画「海獣の子供」ARTBOOKアニメーションの背景画を好む皆さまには、こちらの書籍もおすすめです。

映画「海獣の子供」ARTBOOK

海と夏休みと宇宙の超美麗な絵がぎっしりの分厚い画集です。
鑑賞中の
「わー!ここの画面、とめて拡大して見せて欲しい」
と勝手に思った、すごい瞬間がたくさん切りとられて載っているので。
1ページごとにじっくりと観察してしまい、読み終わるのは相当先になりそうですよ。

---

|

« アマゾナイト色のインクを使い始めました。 | トップページ | 「X-MEN:ダーク・フェニックス」を観てきました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アマゾナイト色のインクを使い始めました。 | トップページ | 「X-MEN:ダーク・フェニックス」を観てきました。 »