« 「トタン豆バケツ」を買いました。(ダイソーの200円バケツもおすすめ) | トップページ | 14年目のGLOBAL(グローバル)包丁、研ぎ直しサービスに出してみました。 »

2021.05.30

ロロマクラシックのB6ノートカバーを使っています。

システム手帳と、いわゆる普通の綴じノート。
この10年以上、使用の主軸が一定せず「やっぱりこちらが良いな」と気の向くままに行ったり来たりしています。

2021年5月の現在は奇跡的に、半々くらいの使用率+興味率です。
7月始まりのデイリー手帳がじわっと気になる時期ではある。
ほぼ日avec後期版とか...フランクリン・プランナーとか...

綴じノートは近年、B6サイズをよく使うようになりました。
A5ほど大判ではないので机に置きやすく、A6ほどコンパクトでもないのでたくさん書ける...という、いいとこ取りの感じで。
いつも使うシステム手帳(バイブルサイズ)と大きさも近いのです。
見た目だけでなく、綴じ←→バインダーの"使い勝手境界"をさほど感じない...
という理由もあるかもしれないなあ。

ノートカバーについては、以前に下のような記事を書き現在もライフのノーブルノートを入れて愛用を続けているのがブラン・クチュールのものです。
私が注文時に寸法の確認を入れていた当時と違い、現在はノーブルノートなど代表的なB6版の手帳やノートの各選択肢が用意されており、ぴったりのものが手に入るみたいですね。

●過去記事:ノーブルノート用にB6革カバーを注文しました。


210529

そして去年の購入になるのですが、これはレイメイのロロマクラシックのカバーです。
クラシックな雰囲気で、システム手帳界隈でとても人気があるロロマ。
さまざまな革色や、ミニ5穴からあるサイズ展開も魅力ですよね。

一方でこのB6ノートカバー、ロロマクラシックの要所(?)とも言えるベルトパーツが無くなっているデザイン。
そのためちょっと違う感じにも見えるのですが、革装丁の古い本のような雰囲気でけっこう気に入ってます。
表紙にふっくらした厚みと結構な硬さがあるので、文字どおりのハードカバーなノート(または手帳)となります。
意外とボリュームのある中身が入るのも嬉しいところで。
ライフのノーブルノート : 200ページ、厚み11ミリくらい : ですらギリギリ収まってしまうので、けっこう何でも入る気がします。

若干、微妙に使いにくい点があるとすれば表紙を差し込む部分の革に厚み+縁にステッチがあるため、段差がけっこうあります。
左側のページを使用時、しばらくは厚紙etc.を当てて下敷きにしたほうが良さそう。

210529

私は現在、無地のNOLTYノートを入れて使用中です。
(市販されているものではなく、SNSでのキャンペーンで当たったもの。NOLTYで使われている白やクリームやゴールド用紙まで、何種類かの手帳用紙が順番に綴じられているのです。)

ノートには、レギュラーの日記帳であるNOLTYの3年日記のスペースでは小さすぎて足りない件を、気が向いたときに書き込んでいます。
ボヤッと頭に浮かんだことや予定している件、備忘録のような事項を淡々と文章にして整理している感じ?
こういう書きものは、システム手帳より綴じノートのほうが似合う気がします。
日付以外、あえて分類もせずつながっているということに意義がある...というか。

●過去記事:1月始まりの3年日記を購入しました。(NOLTY メモリー 3年日誌)

行やマージンが透けて見えるよう、Illustratorで自作した下敷き紙を使わないと真っ直ぐ書けない。
方眼も作ろうかな...
無地のルーズリーフにもこういう下敷が付いていて、学生時代に愛用していたのを思い出しました。

210529

ダ・ヴィンチ グランデ システム手帳:Davinci GRANDE Roroma Classic:ロロマクラシック

ロロマクラシックについてメーカーのウェブサイトは上記なのですが、なんと今回のノートカバーが載ってません...
通販サイトなどみても、何故か赤革だけしか在庫が見つからず。
廃番になって、残ってるのが赤だけということなんでしょうか?
赤のロロマクラシックはシステム手帳を店頭で見たことがあり、けっこう好きな色味なので茶革とギリギリまで迷ったくらいなのに...

レイメイ藤井 手帳カバー ロロマクラシック B6 レッド 牛革 NV8102R← Amazonではこちらです。

210529

とにかく昔から、常用ノートには必ず革カバーつけたい!
という希望があるためこれまでA5もいくつか入手してきましたが、B6もあと1冊分くらい欲しい感じ。
のんびり探してみることにします。

●関連過去記事:以下はA5の手帳・ノート用カバーを入手の履歴。現在もほとんど稼働中かな。

 ・4月始まりのデイリー手帳を買いました2020 ← アシュフォードのルガード、これで3個目に。(現在は3年日記入れてます。)

 ・チョコレート色革のノートカバーが届きました。 ← 薄型仕様。現在は仕事のスケジュールやラフスケッチを書き入れるノート(ライフのシェプフェル)を入れてます

 ・赤革の手帳カバーが届きました(カズン用):前編 ← これはかなり厚みのあるノートや参考書カバーとしても便利です。

|

« 「トタン豆バケツ」を買いました。(ダイソーの200円バケツもおすすめ) | トップページ | 14年目のGLOBAL(グローバル)包丁、研ぎ直しサービスに出してみました。 »

コメント

はじめまして!
私も今年の手帳カバーに使いたくてレイメイ藤井さんに問い合わせたところ廃盤になっており在庫品のみとの回答でした…X-(

投稿: 冬 | 2021.08.28 23:33

残念ですよね。
やっぱり、ロロマクラシックといえばシステム手帳でお馴染みのベルト付きデザインが特徴なのでブックカバーはあんまり人気なかったのかな〜
ふかふかしてて可愛いのに!

投稿: ほしの | 2021.08.28 23:38

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「トタン豆バケツ」を買いました。(ダイソーの200円バケツもおすすめ) | トップページ | 14年目のGLOBAL(グローバル)包丁、研ぎ直しサービスに出してみました。 »