« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023.10.30

システム手帳の貼り込みリフィル 1月からの20コまとめ

前回(1月)にまとめた記事を書いたのですが、
●過去記事: システム手帳の貼り込みリフィル 半年分20コまとめ

その後、どれくらい作ったろう…と思って今月までの投稿画像を数えてみたら、なんと、再び20点ピッタリでした。
(でも、半年どころか9ヶ月かかっちゃってるな)
というわけで、個人的な備忘録として今回も載せておきたいと思います。


0103
0201


0202
0302


0401
0402

スクラップする土台は、綴じられたノート状のもののほうが良いのではないか?
と思ったこともあるのですが、システム手帳は紙同士が繋がっていないため、「扇状」には膨れにくい(厚みは積み上がるけれどね...)
というのが気に入ってます。

6穴も空いた場所に貼りものするのは非効率的かと思いきや、
「あえて、その上から貼って、あとから1穴パンチでリフィルの裏から穴を空け直す」
という技を編み出しました。
これをやると穴回りの補強にもなるので(笑)、最近はわざと大きめの貼りものをかぶせてスクラップし、無駄なくリフィル面積を使うようにしています。

1穴パンチは、バイブルサイズ以上にはカールの5.5ミリ穴のがピッタリです。
カール事務器 穴あけパンチ 1穴 穴径5.5mm 18枚 ブルー SD-15-B ←Amazonではこちらです

M5やM6などのリフィルでこれをやりたいなら3ミリバージョンのほうがおすすめかな。
クラフト系用途にも使いやすい小穴サイズです。

紙屑をためるカバーを外して裏返しにして使うと、穴の位置決めがしやすいです。
厚くなった場所にもサクサクと小気味よく穿孔できるのは、カールならではのクオリティでしょう。
(スクラップ以外の時もシステム手帳用の6穴パンチを出すのが面倒な時は、印をつけてこれでパチパチあけちゃってるくらいです。)

だいぶ古い時期の投稿になりますけれど、ルーズリーフの穴があけられる「グリッサー」もカールのがおすすめなんです。
● 過去記事:グリッサーでなんでもルーズリーフに。


0501
0502


0503
0601

0602
0701

0702
0802


0803
0901

0902
0903


1002
1001


・・・というわけで例によって
Instagramのほうには調子がよければ週1くらいの出来次第ペースで、
もうちょっと解像度高め かつ 使用筆記具などいろんなタグをつけてアップしていますので覗きに来て頂ければ幸いです。
(ブログでは備忘録的な小さめ画像ですみません。)

今までの、同じテーマのページは下記にまとめてあります。
●カテゴリー:手帖絵日記 バックナンバー

[手帖絵日記] | 固定リンク | コメント(0) | ↑top

2023.10.25

来年の手帳はどうしよう。(「システム手帳STYLE Vol.8」を読みました)

銀座伊東屋のシステム手帳サロン2023が終わってしまったタイミングでここに書くのもどうかという話ですが、今月に入って熱心に読んでいた「システム手帳STYLE Vol.8」。
趣味文関連本はiPadで読むようになってずいぶん経ちますが、今回もし紙本で買っていたらけっこうヨレヨレになっていた…という気がするほど毎日眺めていました。
(各種SNSで戦利品披露の投稿も頻繁に発掘巡回)
伊東屋、イベントの期間は過ぎてしまっても年内くらいは限定のバインダーやリフィルが(残っていれば)買える可能性も大きいので、なんとか機会があればなーと思ってます。


231024
システム手帳STYLE Vol.8 ←Amazonではこちらです。Kindle版有ります。

興味津々だったのは、
- KNOXのN/PEARCE(エヌ/ ピアス)←ノックスブレイン時代の古〜いものが現役活動中だけど、最新版もそろそろ入手したい...
- アシュフォードのルガード スクエアバック ←ルガードはダイアリーカバーで3色集めたくらい好きな革なのに、何故かシステム手帳を持ってない…
- ブレイリオのコド・ルバ伊東屋限定色 or アトランティックレーベル ←ブレイリオのコードバンが大好物なので。財布まで持ってるから...

231024

という感じですね。
(現状の所持品で充分に満足ですから予定は未定として、いつかお目にかかれたらスイッチが入りそうなもの。)

頑固にバイブルサイズだけを使い続ける私にとって、
M6やM5といった小さなバインダーのほうが人気で、製品もバリエーション多く可愛いデザインもあったりするのはちょっと悔しいです..。

今号は製品情報だけでなく、リフィルの使い方特集記事も良かったです。
こんなことを書くと便利だろうな!という気づきと、これからの手帳計画に活かせそうな事例解説が多くて。
非常に読み甲斐のある誌面でした。

ペラのページをリングで集合させ 自由自在にまとめてこそ生きる情報と、切り離さずに綴じた紙束へ蓄積してこその情報、それぞれあると思うのです。
綴じ手帳やノートともうまく使い分けながら、書きものを楽しんでいければと思ってます。


そろそろ来年の手帳計画も本腰を入れるべきシーズンに入っていますが、私の場合は現状は下記のようになってます。

●能率手帳ゴールド
一生保管する総合的母艦
(将来振り返っても役立つこと中心で、ほどほどにぎっしりな書き密度。持ち歩くとしたらこれだけ。)
★関連過去記事: 能率手帳ゴールド、17年目が届きました。

●NOLTYの週間ブロック式手帳
週を見渡しながら日々の予定とToDoをしっかり書き込む、第一線に働く手帳。
ディスプレイ下の空間に、常時開きっぱなし。
他のサイズも試してみたことがあるけれど、書き込み量的にもB6見開きの大きさが最適でした。
4月始まりなので、買い替えは来春。
★関連過去記事:「週間ブロック」の手帳を使ってみることにしました。(NOLTY エクリB6)

231024

●クラシ手帳
ベランダ園芸専用手帳として2年目。
私の知っているトモエリバーの中では一番書きやすい(←錯覚かもしれないけど…)のもお気に入り要因。
最近気付いたのですが、測量野帳とサイズがほとんど変わらないのです。
野帳がハードカバーな分、5ミリほど縦横大きいくらいで。
だいぶ前に購入した野帳用の革カバー、さほど違和感無くハマってくれるとわかり、嬉しい発見です。
昨年はベランダ工事で全く出来なかった秋冬の園芸活動の反動が今きていて…毎日書くことがたくさんあります。
★関連過去記事:
2024年のクラシ手帳と回転スタンプvol.2 が届きました(来年も透明カバー使用予定)

測量野帳を使いはじめました。(革カバー、だいぶ前に作ってました!)

231024

それ以外では、ジャーナリングやCGなどの独習メモ、仕事のスケジュール表などは普通のノートやシステム手帳で管理中です。
日記帳は、今年2月からデジタルに切り替えています。
それまで使っていたNOLTYの3年日記、昨年同時期の(治療やら手術やらヘビーめな思い出の)記述が目に入り、辛くて挫折したのがこのころで。
心弱い人間には、日記帳は単年レイアウトに限ると学習。

寝る前にサーッと、考えたり喋ったりするのと同じ速さで書き流せるラクな道具は、私にとってはペンよりもキーボードです。
昔から使っていて世界にユーザーも多い人気の日記アプリですが、これならば毎日書けるのです。
Day One Journal App | Your Journal For Life
出力の設定も充実しているので、月末に印刷してA5のシステム手帳に綴じているのですよ。
(印刷すると読み返しに電気が要らず長く保管も出来るし、ペンで手書きしたような気分になってくるから…!
出来事を淡々とまとめること中心ならこれでいいやって思ってます 今のところは。)


あと1冊くらいは日付入りの手帳が欲しい件もあるけれど、そこにシステム手帳を当てはめられそうだな…
と、今号のシステム手帳STYLEをめくりながら計画している次第です。

バレットジャーナルのように
「全て1冊でまとめる!」
というやりかたは、非常に合理的な仕組みではあるとわかっているのですが。
実際のところ、憧れて何度試しても私には続きませんでした。
文具(集め)好きとしては、多手帳・多ノートで生きていけ...ということなのでしょう。

年末の足音が聞こえて来ると書店の手帳売り場も盛り上がってくるので、予定外の物欲が発散されて計画が総崩れになる可能性も無視できないのが怖いところですが。
来年の自分にぜひとも頑張ってもらいたい。
そんな思いで脳内の手帳会議を盛り上げていきたいと思います。

231024

[文房具--手帳・ノート] | 固定リンク | コメント(0) | ↑top