« 「週間方眼メモ」の手帳が使いやすいです(NOLTY B6 エクリ) | トップページ | 「オッペンハイマー」を観てきました。 »

2024.03.20

「デューン 砂の惑星PART2」を観てきました。


日曜日に行ってきました。

映画『デューン 砂の惑星PART2』公式サイト

字幕版でみてきました。
期待通り面白かったです。
166分という久々の長編なので、やや通路寄りに席指定していたのですけど…時間が過ぎるのはわりとあっという間でした。

前作直後の場面から始まりますし、前作中での出来事が鍵になる現象も多いので、可能な限りPart1の予習はお勧めします。
(現在時点ですとAmazonプライムビデオで配信中)

原作では、現在文庫3冊組で出ている「デューン 砂の惑星」のちょうど後半からの内容。
Part3は絶対あると思うんですが、そこから次巻の「砂漠の救世主」の内容に入るんだろうなという終わり方でした。

小説とすっかり同じという感じでもなく、わりと現代的な演出(女性の意思や心の動きが物語を左右していく…)もされているし、悪役の暴力性などは増幅されている感じ。
しかし撮影構図から衣装に至るまで、隅々まで配慮され凝ったデザインが施され、この監督らしい美しい世界だと思いました。


私は、リアルタイムで知ったわけではないけれど1984年のデヴィッド・リンチ版にかなりハマった時代があったので。
今YouTubeなどで見ても、ストーリーもやっつけ編集だし、気持ち悪い場面が多いし、変な映画ではあります。
(でも、カイル・マクラクランはティモシー・シャラメに負けてない。当時も、かっこよくて感動した←個人の感想です)
しかし私はどうしてもあっちのDUNEが原風景なので、ヴィルヌーヴ版の丁寧さとメッセージ性の重さに動揺してしまうんだよな。

そうそう、
主人公の妹であるアリアはリンチ版では幼児だったので、今作では(夢の中のシーンとはいえ)普通に大人の姿で出て来てわりと驚きだったのでした。
アニャ・テイラー・ジョイは売れっ子過ぎて、このごろは何の映画にでも出ている感じだな…
あと、かつてスティングが演じてそのインパクトに
「これは…コメディなのか?」とすら思ったフェイド・ラウサ役。
今回、オースティン・バトラーが更に上を行く存在感で熱演しています。
白黒の闘技場シーンと、空に弾ける花火の禍々しさはさすがヴィルヌーヴ監督で、その視覚効果に感動でした。


原作視点で言っても、今作Part2は、DUNE世界のなかでは非常に重要な橋渡しと転換があります。
今後Part3が作られ、それがほぼ原作通りであるならば、今回よりずっとダークで破滅的と言ってもよい展開となるし、現代に通じる内容の大きな教訓が提示されるはずです。
映画としては見たいような見たくないような、複雑な気分です。


新訳版の小説は、「砂の惑星」「砂漠の救世主」に続き、最近「砂丘の子供たち」が刊行されました。
DUNEは多くの世代と何千年もの期間を描く大河SFなので、まだまだ続きがあります。
このままどんどん読み進めていきたいと思います。
(現在「砂の惑星」はグラフィックノベルでも出ていて、これはけっこう読みやすいですよ。
大判のマンガ本なのに、わりと字が小さいのは予想外だったけど…)

ヴィルヌーヴ版、今後どこまで映像化してくれるのか…興味津々です。

あと、デューン世界が好きならプログラムは買ったほうがいいです。
インタビューや制作裏話、用語解説など、1000円のボリュームは充分あって大満足でした。

4910900047


原作小説(新訳版)はこちら。Kindleもあります。

デューン 砂の惑星〔新訳版〕 上 デューン・シリーズ (ハヤカワ文庫SF)

デューン 砂漠の救世主〔新訳版〕 上 デューン・シリーズ (ハヤカワ文庫SF)

デューン 砂丘の子供たち〔新訳版〕 上 (ハヤカワ文庫SF)

デューン 砂の惑星 グラフィックノベル1 デューン


|

« 「週間方眼メモ」の手帳が使いやすいです(NOLTY B6 エクリ) | トップページ | 「オッペンハイマー」を観てきました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「週間方眼メモ」の手帳が使いやすいです(NOLTY B6 エクリ) | トップページ | 「オッペンハイマー」を観てきました。 »