« 「デューン 砂の惑星PART2」を観てきました。 | トップページ | 4月現在のベランダ園芸まとめ »

2024.04.05

「オッペンハイマー」を観てきました。

4862465927
日曜日に行ってきました。

映画『オッペンハイマー』公式|3月29日(金)公開

席予約をするときに気付いたのですが、なんと3時間もあります。
しかし、最後まで全く集中力が途切れずに鑑賞出来たのは、さすがクリストファー・ノーラン監督の作品と言えましょう。
臨場感ある音楽も素晴らしかったです。
出演している方々も、おおこんなところにあの人が!という感じの錚々たる顔ぶれで。
しかも後から調べてみると、実在の本人とそれなりに顔が似ている俳優さんが選ばれているんですね。

オッペンハイマーの、学者としての研究からやがて核兵器開発へ繋がっていき、開発、実験、そして実際の投下となり、その後の責任や容疑追及の諸々までが描かれています。
大勢の人が関わっているので登場人物もけっこう多い。
ノーラン監督特有の時系列の複雑さはあるけれど、わりと素直にドキュメンタリーとしての理解は出来たように思いますし、個々の人間ドラマもしっかり描かれてはいました。

まあ褒めるのはここまで。

日本での公開がかなり遅れたのは、やはり理由が有るなあという感じは受けました。
もちろん、世界中での公開を想定して「敗戦した側」へ配慮がされているのは感じましたよ。
主人公も、自分の産物が大勢の日本人の命を奪ったことを悲しみ後悔し続けている描写がずっと続いてました。

しかし「核を作った側」に対してもやはり配慮がされているせいなのか、原爆の悲惨さは決して(目に見えるリアルな形では)描かれません。
そこから感じるぬるさを許せるかどうか?
で、この作品への評価が変わってくると思います。
投下する都市や実施回数を決めたエピソード、「戦争を終わらせるため」というお馴染みの大義名分。
現地の被害者数も言葉で淡々と語られるだけだし、爆心地での記録映像と思われる上映会の場面、ショックを受けているらしき研究者達の横顔だけで、その上映画面は決して映されない。
その席で気弱に目をそらし、震え俯く主人公を眺めていると
「砂漠に町作ってまで開発しておいて今さらそんな反応するなよ」
と苛々してくる私はきっと心が狭いし深読みする読解力もないのでしょう。

というわけでノーラン監督の芸術作品として傑作なのだと思いますし、多くの賞を獲得した理由ももちろんわかります。
直接的ではないけれど、非常に巧みな描写で核の恐ろしさは表現されているし。
「原爆の父」の足跡を描いたということで、後世に残る作品にはなるのだろうけれど…

核の投下は本当に起こってしまったことであり、
その後もずっと、国を強化するため更なる開発が続いていることがわかるこの重みは、これ以上ないほどのホラーだよなあと実感しました。
特に、日本においては観る人(特に世代)を選ぶことでしょう。
私は想定以上のストレスが来て後日けっこう弱ったので、そのあたりはどうぞご検討下さい。

|

« 「デューン 砂の惑星PART2」を観てきました。 | トップページ | 4月現在のベランダ園芸まとめ »

コメント

コメントを書く

コメントは一度保留され、管理者による承認の後に掲載されます。
書き込みから閲覧可能な状態になるまではお時間を頂きますことをご了承下さい。



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「デューン 砂の惑星PART2」を観てきました。 | トップページ | 4月現在のベランダ園芸まとめ »