2021.06.25

ラグランジア ブライダルシャワーを初めて育てたまとめ記録(3-6月)

3月頃の記事に、ラグランジア ブライダルシャワー というアジサイの育成モニターを始めたことを書きました。

●過去記事:園芸活動専用のシステム手帳を作っています。(ファイロファックス ヘリテージ)

→ PW社の品種紹介ページ : ラグランジア® ブライダルシャワー | PROVEN WINNERS (PW)

今は花が終わっている状態なのですが、せっかくなのでブログのほうでもこの時点までの経過をまとめておきたいと思います。
(リアルタイムなこまかい報告は、Instagramのほうで投稿しています。)

---

【3月22日】
1 210322

3月20日に届いた苗は5号(直径15センチ)鉢に入っていました。
さっそくホームセンターでもう少し大きめの鉢を購入。

リッチェル製のボタニーというシリーズから選びました。

ボタニ― | リッチェル公式ウェブショップ 園芸用品

プラスチック鉢なのですが、かなりの厚地。
表面加工も、石や素焼きで出来ているような質感。
持ってみてその軽さで「あっプラ鉢なの?」と気付くぐらい良く出来ています。
そのかわりプラスチック鉢としてはちょっとだけお値段するかな。
しかし、同じく「石みたいな質感だけど軽い」グラスファイバー製などと較べれば格安なので。
私はボタニーシリーズがけっこう好きでいくつか既に使っています。

今回植え込んだのは、20型の「プレーンポット」で土容量3.3リットルです。
格好いいし、これで一年育てたら見映えするだろう...
公式サイトには、最初の年は小鉢で楽しめると書いてあったし。

と張り切ったのですが!(終盤の記述につづく)
---

【4月11日】
3 210411

3週間目、順調に大きくなってきました。
他の植物に較べると、全体的にかなり明るい、蛍光色のようなライムグリーンになりました。
新しく出た葉っぱ特有の色なのか肥料不足ゆえなのか心配に。
(こういうときはSNSでハッシュタグ検索すると、他のお家の成長の様子もわかるので。
この時期はだいたいこんな感じみたい。)
---

【4月18日】
4 210418

粒々したつぼみが大きくなってきました。
うっすらですが葉っぱのライムグリーンが普通の緑色におちついてきました。
成長したから?肥料が効いてきたから?

植え込み後に土の上にばらまく置き肥として私は「プロミック 草花・鉢花用」を主に使っています。
株式会社ハイポネックスジャパン | プロミック 草花・鉢花用

錠剤の形状で、鉢の大きさによって土に置く基本個数が決まっているのでとてもラクです。
(例えばこの鉢なら、7号と考えて4個を鉢の縁に均等に置きます。)
粉や細かい粒の置き肥も持っているのですが、スプーンで量ったりしなくて済むのでプロミックは便利。
鉢花用は花に効くリン酸が多めになってるのですが、その他にも配合比によって観葉植物用やクリスマスローズ用 シンビジューム用などのこまかいラインナップがあります。

ハイポネックス プロミック 草花・鉢花用 150g ←Amazonではこちら。大容量もあります。

(成分比が均等になっている「いろいろな植物用」だったらダイソーで小さい袋を見たことがあり、お試しにおすすめです。
もちろん花にも問題なく、よく育つと思います)

その他、他の花鉢と一緒のタイミングで週一程度のペースで液肥をあげています。
ハイポネックスを1000倍に薄めたものに活力剤のリキダスを混ぜることもあり。
---

【4月18日】
4a 210422

もしかしたらこれが花なのかしらという形態を発見。
アジサイなので、花びらでなく正しくはガクなのですが、ライムグリーンの羽のようなものが出現しました。
---

【4月25日】
5 210425

急につぼみのまとまりが大きくなってきました。
---

【5月2日】
6 210502

葉っぱは濃い緑色に変化してなんとなく安心。
初期の花っぽいものも複数になり、ライムグリーン→白の美しいグラデーションが入っています。
風雨が当たらないようにベランダの奥に置いていたのですが、南向きばかりに茂り、住居側(後ろ側)が絶壁状に何も生えない状態になったのでベランダの中央に近い最前列へ場所を変更しました。

その後すぐに、花のついた枝が後ろ側にもクルッと廻ってきました。
こういう反応も早くて面白い植物です。
---

【5月9日】
7 210509

花がかなり咲いてきました。
中心部がライムグリーンで可愛い!

母の日に向けて今年はアジサイがカーネーションに以上にたくさん売っていた印象です。
発売2年目となるこのラグランジアも売場で見かけるようになりました。
この時期にあわせて出荷された開花鉢は、背が低くて花や葉の間も詰まっていて、コンパクトにまとまっている感じ。
プロが育てて整えるとこうなるんだなあ!
と感心しました。
(もはやペット感覚なので「それでもうちのがいちばん可愛い」という心境)
---

【5月20日】
8 210520

ヒラヒラした花びらが大きくなって、なかなかの花付きになってきました。
咲き進んだ花は、うっすらですがピンクがかってきています。
(土の状態により、青みがかることもあるとのこと)
咲いたばかりのライムグリーン系の花も混ざってとても綺麗です。
---

【5月30日】
10 210530

花も大きくなって、ほとんどが薄いピンク系に。
このころの天気は雨風が非常に強く、風で花びらが飛んでしまうこと多め。
葉っぱは元気に育ちつつあります。
---

【6月13日】
11 210613

すっかり花は終了し、変色してしまったものは摘み取りました。
入れ替わりに枝葉の成長が著しくなり、ググッと大きくなって来た感じ。

うしろの花々はサフィニアで、ちょうどこの頃が1回目の満開の時期でした。

その後、日が差して急に高温になった日があり
見るとぐったりとうつむいていたのを発見。
水やりで回復はしますが、そろそろ鉢の大きさが無理なんじゃないかと心配に。
(普通の)アジサイは育てるにあたって剪定などのお約束も多いので、生育旺盛なこの時期に植え替えて良いものなのか?
不安なのでいろいろと調べ始めました。
---

【6月22日】
12 210622

9号(土容量5リットル)の鉢へ植え替えました。

PW社の植物を育てている人が集うSNSのコミュニティに参加し、(最初から使ってる鉢に植えた状態の)画像を投稿したところ...
なんと この品種の生みの親である育種家の坂嵜(さかざき)さんからコメントをいただきました。

「(時期に関係なく)鉢が窮屈で、水切れしやすいと思ったときが植え替えのタイミング」
「二回り大きい鉢へすぐに植え替えましょう」
とのこと。
生育状況は良いですねと言って頂けました。肥料が効き過ぎかなとも心配してたのですけれど...!

感激してこのやりとりのすぐ後、ベランダに直行して在庫していた鉢にすぐ植え替えちゃった.

陶鉢シリーズ | アップルウェアー株式会社
このシリーズは直径と高さが同じ位の輪鉢という深すぎない形状。
軽くて使いやすく、7-10号くらいの大きさでたくさん使用中で、これの号数-容量の一覧表を手帳に貼り付けてあるくらいだったりします。

特筆すべきは底部の構造が非常に水はけ良くなっていて、穴の入れ方もほぼザル並み(笑)、空気の出入りも考慮された凹凸が入っています。
上で紹介したボタニー鉢のリアルさほどではありませんが、遠目に見るとそんなにプラ鉢っぽくない和風な感じも気に入ってます。

アップルウェアー 陶鉢 輪型 9号 きん茶 ← Amazonでも買えます。

順調にいけばですけれど、
この鉢のシリーズにするかわかりませんがもう一回、10号(直径30センチ)鉢規模へのサイズアップが来春までに必要かな?
とは思っています。

育て方取説には
「花後の7月~晩夏は特に肥料切れに注意してください」
と赤枠で囲ってあるので、まさにいま現在は栄養が必要な時。

ラグランジア ブライダルシャワーの育て方 | PROVEN WINNERS (PW) ガーデニング|園芸|花苗|低木|多肉植物|花|植物

その後は、剪定せずに枝を針金で誘引して枝垂れさせる or 9月上旬頃までに丸く整えてコンパクトに仕立てる
のどちらかの方針をとるのがよいそうです。
(何にもしなくても または どのあたりを切っても来年咲くというお手軽なアジサイとのことですが。)

私は、「枝垂れゴージャス型」より、すてきな大鉢へ「ドーム状に丸くこんもり」という写真が気に入っているんですけれど、そのほうがベランダ向けかとも思います。
これから夏に向けて大事に育てつつ、まだもうちょっと迷うことにします。
---

【6月25日】
210625

で、これが今日撮ったばかりの写真なのですが、どうやら二番花が咲く気満々です。
こんなツボミがまたあちこちに出現しはじめました。
取り囲む新しい葉のライムグリーンが輝くような明るい色で。
花のない緑の時期も良いなあと、しょっちゅう眺めています。

・・・というわけで
本日までの育て記録のまとめということで、ここに投稿しておきます。
---

※このアジサイもそうですが、品種登録されている植物は挿し芽などで増殖したものを他人に譲渡・売買が禁じられています。
(そういうのがたくさんあるみたいなんですが、メ○カリなどで取引するのも違法です。
- 剪定した枝に根っこが生えたからといってカジュアルに売りさばいてはいけないよ!)

映画や音楽や本をコピーしたものを勝手に売買するのがダメなのと同じく、生産者の権利と利益を侵害する行為なのでどうぞ気をつけて下さいね。

[ベランダ園芸のこまごま] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2021.05.14

「トタン豆バケツ」を買いました。(ダイソーの200円バケツもおすすめ)

つい最近なのですが、トタンで出来た小さなバケツを買いました。

トタンを見慣れていない世代の方もいらっしゃるかと思いますが、亜鉛めっきされた鋼板のことです。
屋根や壁に使われる建材として知られていますが、タライやバケツや保管箱などの実用系アイテムに使われることも多い素材です。
無印良品にもトタンのフタ付きボックスが売ってますよね。おしゃれで丈夫そうなので欲しい...。

210511

大阪の町工場で作っているもので、ひしゃくの頭部分のパーツから閃いた製品なんだそうです。
↓ 下記リンク先(製造元のInstagramアカウント)に詳しく書いてありました。
「#松野屋荒物図鑑 大阪トタンの豆バケツ」
B078YQY5G7

ふつうの金物バケツと違って、底は継ぎ目がなく丸っこいのが特徴です。
「プレス加工のため、製造上やむをえないヘコミや傷がつく場合があります。
あらかじめご了承下さい。」
というシールが貼ってありましたが、全く気にならず、おそろしいほどスベッスベです!
新しいうちだけとは思いますが、トタンの手触りがこんな滑らかだとは知りませんでした。
丸々した底面を撫でるのが楽しい...

210511

大小の2種類あり、うちのは容量2リットルの小さいほう。
直径が18センチくらいです。

「大」のほうは3.6リットル。直径は少しだけ大きく、高さがある感じ。
(レビューを眺めた感じでは、キャンプ用品として人気みたいです。)

○Amazonではこちら。→ 松野屋 トタン豆バケツ
本体定価は「小」の場合 税込1320円(「大」は税込1650円)です。
私は送料分追加で考えて「小」を1800円で購入しました。

園芸のちょっとした作業、たとえば花殻摘みや軽い切り戻しのときのくず入れ、一時的な水受けとして、ベランダに持ち出して使っています。
植え替え作業の時に、こまかい道具や肥料・薬剤の類をまとめておく場所としても便利でした。

210511

まあ正直言って、そういう用事のためだったら100円ショップに売ってるような容器で充分なんだと思いますし、そのうち探しに行く予定でした。
今回は完全に雰囲気勝ちというか...
たまたまネット上で、ステキな花壇を管理する庭仕事に使っているという場面を眺めてしまい。
「可愛い!これは私も真似させて頂こう」
という思考に陥ってしまったのでした。
自己満足ではありますが、届いて以来 毎日のように楽しくベランダで活用しています。

トタンですから、年月が経つにつれ見た目の変化は出てくるでしょう。
扱いようによっては錆びなども出てきそうだし、手触りスベスベな可愛い雑貨的感覚は今だけかもしれませんけれど。
良い感じに貫禄がつく方向で使っていこうと思います。

ぶら下げて移動するとき、持ち手と本体がこすれるときのカシャカシャという金属音、人によっては少し気になるかもしれません。
まあ(私の住環境で使う場合、)欠点ぽいものがあるとすればそれくらい?

210506

ちなみに、これはダイソーで200円で売っていた10リットル容量のバケツです。
直径30センチぐらいあります。
それなりにしっかりした本体の厚みと、持ち手の丸みが握りやすいのでお買い得な感じ。
大容量かつ可愛い絵柄なのでおそらく人気商品でしょう。
バケツ以外の使いみちも多そうです。
いざという時は非常用にも活躍しそうです。

私はベランダに常駐させて、小さな鉢を重ねて収納したり、この中で培養土を配合したり、大きな袋をかぶせて剪定時のゴミ箱にしたり。
とても重宝しています。(絵柄違いで2個持ってるのだ)
バケツ好きなのかな私...

[ベランダ園芸のこまごま] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2021.03.25

園芸活動専用のシステム手帳を作っています。(ファイロファックス ヘリテージ)

つい先日に届いたばかりなのですが、去年から発売された新品種のアジサイの育成モニターをすることになりました。
雑誌「趣味の園芸」で知って以来、憧れのおしゃれアジサイだったので、Instagram経由で応募してみたのです。嬉しい...

ラグランジア® ブライダルシャワー | PROVEN WINNERS (PW)

210325

新芽の青々とした小さな苗で届いたので、これからが楽しみです。
(時折の生育リポートをInstagram投稿で行う約束となっていますが、たまにこちらでも記録しておこうと思います。)


というわけで本題です。
以前に、趣味専用の手帳を作り始めたらとても楽しいという話を書きました。

●過去記事:ベランダ園芸専用手帳を作っています。

日々の観察ページ以外にも、肥料希釈倍率や鉢容量などの覚え書き、月間の生育状況まとめetc.
しょっちゅう確認する情報をタブごとに整理し、1冊にまとめて管理していく方法。
・・・となるとやっぱり、システム手帳が向いているよなぁ! を実感中です。

昨年秋ごろの入手になりますが、ファイロファックスのヘリテージというバインダーを園芸用に割り当ててみました。

ファイロファックス ヘリテージ システム手帳 コンパクト ブラウン 17-026023 正規輸入品 ←Amazon : 定価は税込19800円です。

96E1811E 96A7 4CD0 A79C 8A4D0EED2109

これ、とてもシンプルなデザインが特徴で、留め具なしはもちろんのこと、ポケットも存在しません。
ペンホルダーやポケットの役割をする革製パーツが付属していますが、6穴があいていてリフィル的に取り外しが可能。
いわゆる「リフィル保存用バインダー」並みに"何もない"仕様が特徴ですから、けっこう多めにリフィルを綴じ込んでも外観が膨れません。
そして嬉しいことに、使い始めて間もなくから水平にぺたんと開きっぱなしに出来ました。

革色は黒と茶があり、大きさはバイブルとA5の2種類。
そしてバイブルは更に、薄/厚 2通りのリングサイズがあります。
(15ミリ径の「コンパクト」と23ミリ径「バイブル」)←商品名がちょっと紛らわしい..

私のは15ミリのほうです。
1-6までの番号付の仕切りタブリフィル、定規目盛り付のページファインダーなど、オマケはそれほど多くありませんが必要にして充分というところ。

IMG 9250

「(表紙と同じ)革のリフィル」には、ゴムバンドのような素材で伸縮するペンループがついています。
ポケットは写真のように途中から差し込むことも出来ますが、上辺にも入り口がついているので長くて大きなものも収容可でなかなか便利。
(厚みが出ますが、ペンケースのように筆記具を並べて入れることも出来ました)

IMG 9563

そして肝心のバインダー本体の革ですが、バッファローレザーなんですよ。
シボは比較的凹凸大きめですが、カジュアルな雰囲気はあまりなく、特に黒は(店頭で見たとき)大人っぽく渋い印象を受けました。
私が選んだ茶革のほうは、新品のうちから「昔から愛用している革文具」っぽい貫禄を漂わせていて、暗すぎず明るすぎずのちょうどいい茶色です。
今後の経年変化で、刻々と変わっていきそうな予感も。

シボのおかげで傷や汚れは目立ちにくいです。
見た目の割に、すべすべと滑らかで柔らかみもあるのでバッファロー革は好きです。
手のひらに乗せたときの、肌にスッと馴染む背中のカーブもすごく良いな!と思いました。
なので私、システム手帳は丸背派なのです。
「手の上でここちよく収まる感じ」を重視したいというか...

IMG 1028

というわけで、このすっきりシンプルなバインダーの使い心地がとても気に入っちゃいました。
リフィルはどんどん増えていくので、23ミリの厚いほうでも良かったなあ...と思っている程。

リフィルの構成は、園芸手帳に関する過去記事(上方にリンク有)のほうをご参照下さい。
春夏の花苗育成がはじまった現在、毎日なにかしら書き込んで楽しくやってます。

●関連過去記事:
ブレイリオのシステム手帳が増えました(チョコ色のコードバン)

「システム手帳 STYLE vol.2」を読みました。(ノックスブレイン オーセンのバインダーも使ってます。)

B3DF9AD6 FEE9 4E90 AC01 49F9516FE50E

[文房具--手帳・ノートベランダ園芸のこまごま] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2021.02.26

園芸用のハサミが増えました。

昨年末のことですが、園芸用のハサミをひとつ買い足しました。
軽さがとても使いやすいので、これまでのと同じシリーズです。

高儀 TAKAGI 本刃付ステンレスR刃芽切剪定鋏 200mm ← Amazon

「芽切」と名前があるように、わりと細かいところまで刃が入る形状のものですが、切断能力は12mm直径の小枝までいけるとのこと。
ベランダ園芸で草花を育てる程度なら、充分過ぎるスペックであろうと判断しました。

210226

●過去記事:園芸用のハサミを使い始めました。

前回ここに書いた剪定鋏、その後大活躍したのですけれど...
先端が尖っているせいなのか怪我が絶えず。
(ちょっと手にぶつかったなと思っていたら、いつのまにか流血している・園芸用の手袋にもボコボコ穴が開くetc.)

今回の新しいハサミは、先端がやや丸みを帯びている上、刃を閉じるロック機構がついています。
また、持ち手にバネが入ってる! ← こういう感じの園芸ハサミに憧れていてた という理由も有り。
...なので、シャキシャキと軽い力で効率よくカットできそう。

210226

売場ですぐ隣に吊してあった革製のホルダーも一緒に買いました。
芽切り鋏の細長い刃の形状に合ったもので、1000円ぐらいだったかな?
けっこう分厚いので、危ないところはしっかりとカバーされて安心。
腰のベルトから吊すためのループもついていますが、今のところは保管時のキャップとして使います。

210226


たまたまその時点で食べ終わった菓子缶に入れてみたら、ハサミのセットがぴったりと収納できました。
先頭のピンクのハサミはもともとキャップ付、その後ろの剪定ばさみは缶の直径に引っかかって宙に浮くので刃先が底に届かない。
こういうの誰にも自慢できないのですけど...とても嬉しい...。
下の写真左側のミニバケツとハサミを手に、ほとんど毎日のように花がら摘みの作業でベランダに出ています。
(唯一のアウトドア活動!)

ピンセットは、込み入った場所の花茎を切るとき狙いを付けるのにとても役に立ちますし、土の上に落ちている枯れ葉などをつまみ取るのにも便利なんですよ。
当初はダイソーで買ってきた普通サイズのを使っていたのですが。
水草やハーバリウム用の長いのをAmazonで見つけ、結局こちらばかり愛用しています。
園芸用にひとつ用意するなら遠くのほうまで届く「長いほう」をおすすめしたいです。
(数百円のものでおそらくこれだと思うんですが、先が曲がってるのと真っ直ぐなのと2本セット。
安い..もしかしたらダイソー以外で探せば100均製品として存在するのかもしれない。) → AVIL ハーバリウム用ピンセット 27cm 2種類セット(ストレート・カーブ)

210226

昨年からのコロナ禍で園芸系YouTubeチャンネルなどで学習したのは、園芸において「切りとる作業(花がら摘み・摘芯・切り戻し)」はとても大切だということ。
カットすれば下から脇芽が出て株がこんもり充実するとか、開花が促進される などという理屈は全然知らなかったな...
(数年前のベランダ園芸の写真をみると、春を過ぎてひょろひょろに伸びて先端だけに花が付いたペチュニアや、伸びて真ん中に割れ目が出来たロベリアのプランターなどがいくつもあり、うぅむとなりました。)
だから、バッサリやるときに「可哀想」などと躊躇ってはいけない とのこと。
むしろこういうハサミは、余りにも良く切れるゆえに楽しすぎて「切り戻しハイ」状態に陥るんですよね...
再生不能なまでにカットしてしまうことにも気をつけねばなりません!

210226

2月という冬時期にもかかわらず、既に剪定鋏も大活躍しています。
うちのベランダは、夜間はまだまだ0度前後までいくのですが、陽当たりが大変に良いので晴れたときは温室のようにポカポカになります。
花によっては2ヶ月程度は先行して満開になったり巨大化したものもあり。

日曜ごとに何かしら剪定している状態かもしれません。
切れすぎるハサミを使う喜びを、静かにかみしめながら春本番に備えています。

下記は、非常にオススメしたい園芸関連本です。
剪定や植え方や肥料のやり方など、「なぜ、やったほうがいいのか」という理屈をとてもわかりやすく解説してくれます。
個々の植物についてのHow toではないのですが、初心者にはこれ1冊で園芸全般の常識と言われている件が無理なく頭に入ります。
ちょっとした物知りになれる上、春には美しいお庭(ベランダ)が作れますよ!

園芸 「コツ」の科学 植物栽培の「なぜ」がわかる ← Amazon

210226

当初Kindle版で読んでいたのですが、有用過ぎる本だったので紙でも購入したのでした。偉い...!
右側は、以前も言及した園芸手帳です。
撮影当時は、夜の気温がマイナス6度だったんだな...

●過去記事:ベランダ園芸専用手帳を作っています。

というわけで、今週末も剪定作業を予定しているので、春に向かってもくもくと頑張ります。

210222

[ベランダ園芸のこまごま] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2021.01.27

ベランダ園芸専用手帳を作っています。

昨年の春頃からベランダ園芸にハマり始めました。

210122

そろそろ体力的にこういうことも出来るんじゃないか?と、(療養中、まっさらに片付けていた)ベランダにチューリップのプランターをヨロヨロしながら置いてみたのが始まりなんですが。
20球ほどが土に埋めこみ済みのが980円くらいだったかな。
買ってきたら水をやるだけ...。

その後、身体能力回復 + コロナ禍で引き籠もらざるをえない流れで、もくもくとアウトドアで(といってもベランダですけど!)何かに打ち込んでいると大いに気が晴れることを発見し、近くのホームセンターで花苗を買い始めました。

育て方ってたくさんネットに上がってるんですよね。
特に、YouTubeでも園芸の動画発信している人がたくさんいるなんて知らなかった。
(生産者さんや園芸店の店長さんなど プロの人から、趣味でやってるだけの素人さんまで幅広い層がチャンネルを開設している....)
学びやすい上に新しい世界を発見した!という思いです。
これもコロナ禍でありがちな流れなんでしょうねー

210122

そんななかで、何かとメモを取ることも増えてきたのですが。
昨年5月頃からいよいよ、園芸活動に特化した手帳を作り始めたのです!
という本題をここから話したいと思います。

210127


手帳、というか園芸日誌ですね。
レフト式のウィークリーが基本レイアウトで、毎日の気温と天気、その日にやった世話、右ページには考察メモなど。
既製の手帳を使うには中途半端すぎる時期だったので、メモティに線を引いて自作したのです。
(メモティは日付入り手帳ではなく、方眼のメモ帳ですが。
7分割できる目印が各ページに入ってますので、レフト式や見開き2週間手帳が簡単に作れます。)

●過去記事:能率手帳70周年限定 デイリーブックとメモティを買いました。

春の終わり頃からは、初心者ゆえ育成情報を集めまくり、春夏の花苗を買っては植え...を繰り返していた時期。
観察日記をつける小学生のように、いろんなことをギッシリと書き込んでました。

210127


やがて書き足りず、この手帳は小さい...と思い始め、システム手帳バイブルサイズに移行したのが11月のことです。
綴じ手帳と違ってページの組み合わせが自在に出来るという利点を使い、バインダー内は現在のところ、下記の構成です。

●日誌
メモティ時代と同じくレフト式週間。能率手帳と同じ定番デザインのBindexリフィルです。
能率 バインデックス 手帳 リフィル 2021年 バイブル ウィークリー レフトタイプ 011 (2021年 1月始まり) ←Amazon

210127

●不定期更新で画像も貼る、総括メモ
鉢の並べ順などもしょっちゅう変わるので、その記録としても便利かと。

210127

●よく使う肥料の希釈濃度 / 鉢やプランターの号数ごとの土容量 一覧
メーカーや通販サイトなどに掲載のデータを、縮小印刷して貼ってます。

●購入品レシート
リフィルに貼りつけてから、植物名や植木鉢の号数etc.追記してます。
いつ何を買ったかというのは意外とよく見返す情報でした。



個々の植物については、YouTube動画などを眺めながら要点をメモすることはやってます。
NOLTYのデイリーブック、これは結局、手帳としては使いこなせず(ほぼ日手帳と競合)だったので、上記のメモ帳として、何年か掛けて使っていくつもりです。
巻頭の月間ブロックを目次にすると重宝しますね。

というわけで、「趣味の手帳を作るのって楽しいなあ」という話でした。
園芸という性質上、これ2年目から更に便利になると思うんです。
連用日記と同じで、過去の同シーズンに何をやったか がかなり参考になることでしょう。

210127


「植物ごとの育て方まとめ」みたいなものを当初手書きでリフィルを作ろうとしていたのですが。
面倒なので ( ← ここがダメなところだ...)
現在は主にデジタルで関連サイトへのリンク集を作ってます。

昔はEvernoteにWebクリップを送り込んでいたけれど、今はNotionにくら替えしました。
Notion – The all-in-one workspace for your notes, tasks, wikis, and databases.

植物ごとにブックマークなどのデータを貼ったページを作り、データベースにしている途中です。
もうちょっと形になったらここに詳細をレビューするかもしれません。
ほんっとこういうことにはマメだな自分!

↓ 現在の庭(という名のベランダ) ↓ 夜間はまだ氷点下が続いてますが、昼間の陽当たりに助けられてなかなかの咲きっぷりです。

210122

[文房具--手帳・ノートベランダ園芸のこまごま] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2020.07.14

園芸用のハサミを使い始めました。

このところ励んでいるベランダ園芸活動ですが、
(週末ごとに地元ホームセンターの植物売場に通ってます....)
梅雨の悪天候続きで今ひとつな生育具合です。
晴れの日がほとんど無くて、なかなか良い感じに花が咲かないんだよね。
というわけで、間延びした茎や葉などを刈り込んだりしつつ梅雨明け待機中です。

五月頃でしたが、剪定用のハサミを初めて購入しました。
これがまたよく切れるのなんの!
今まで愛用していた、お古のキッチン鋏とは雲泥の差です。
「切れてるのに気付かない」くらい切れます(笑)

売場でたくさん較べてみたのですが。
もっと高いのももっと安いのもたくさんあったという、家庭園芸系では中間的な価格のもの。
2000円くらい。

200604

高額な、いわゆる職人向けっぽい感じのものは私の手にはかなり重くて...

今回選んだのは、刃の部分は本格的ながら持ち手が樹脂なので軽快に動かせるのが気に入りました。
ステンレス刃なので錆などの心配もあまりせず洗ったりできるのも良いです。

このシリーズだけで8種類くらいの鋏ラインナップがありました。
硬い枝もほぼ無い草花系を効率よく刈り込む用途で使いたいので、 刃長木鋏という形状に。

高儀 TAKAGI 本刃付ステンレス刃長木鋏 195mm← Amazon

実際に使ってみた感想ですが、上に書いたとおりものすごい切れ味です。
触っただけのつもりでもスッパリ切れているといっても過言ではなく、生い茂ったペチュニアなどを切り戻すのが短時間で済み大活躍でした。
くれぐれも怪我にご注意を...。

また、付属はしていないので、刃先キャップというかハサミホルダーぽいものを用意することは必須になるかと思います。
(隣の売場にあった革のを買いました。)

欠点があるとすれば、やや大型かつ切れ味が良すぎるほどの刃なので、細い茎1本を狙ってチョイと摘むような作業がやりにくいです。
もうすこし小さいハサミもあれば。という万年筆脳が働き...
(太字と極細は使い分けられるはず!)

200713

買ってきたのがこれ。

アルスコーポレーション クラフトチョキ プリザ レッド FW-330HC-R← Amazon

いかにもお花用という感じで、小さく軽いです。
ワイヤーも切れるというフラワーアレンジメント向けな機能もついてとても便利。

切れ味の良さはもちろんですが、かなりこまかい場所に刃が入って行く感じが素晴らしい。
先端は尖っていますが、持ち運びにも重宝する樹脂製のキャップも付いていてありがたいです。
現在、このハサミを片手にベランダをうろうろしては何かを切ったり摘んだりの作業が日課になりました。

・・・というわけで、今のところ園芸に使うハサミは3本です。
・刃長木鋏 → 主にバッサリ刈り込んだり、ちょっと太めの茎を剪定したり用
・クラフトチョキ → 咲き終わった花茎を切り取ったり、日々のこまかい仕事用。摘芯にも便利。
(摘芯とは:茎の先端を切って脇芽を出し、その繰り返しで2倍づつ枝分かれさせ、こんもりとした株にする。花もいっぱい咲くようになる。)
・古いキッチン鋏 → 土や肥料の袋を切ったり、鉢底ネットを丸く切り抜いたりetc.、意外とはたらきものな雑用係。

200614

よく切れるハサミというのは本当に楽しいです。
同じ形のものが100円ショップにあるとしても、それは全くの別モノです。
園芸でも文具でも、切る道具はそれなりに良いものを選ぶと作業効率が違うことを実感中です。

●関連過去記事:
 ・ベランダ用のホースリールを買いました。(Takagi NANO NEXT)
 ここのホース関連商品は便利なものが多いです。
 先日、ホースの先に取り付けるロングノズル(水やり用)も買ってみたので使用機会をわくわくと待っているところです。梅雨時なのでしばらく出番がなさそう。

 ・ものすごく切れるハサミを買いました。(スーパーフェクション 事務用ばさみ 18cm)
 いまだに切れ味に驚きつつ、だいたい毎日使う用事があります。

[ベランダ園芸のこまごま] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top

2020.06.17

ベランダ用のホースリールを買いました。(Takagi NANO NEXT)

今のマンションに住んでだいぶ経ちますが、掃除が大変なので水道の蛇口付のベランダだったらいいなーと思ったことが何度か。
とはいえ、汚れがどうしても目につくときはバケツ往復+デッキブラシ、または豪雨の最中にカッパ着て...で何とかやってこれた程度の面積ではあります。

しかし!
この春以降、全国的外出自粛由来の現象としてベランダ園芸に熱心に取り組んだ結果、
いよいよ
「これきっとホースで水まいほうがラクだわ」
と立ち上がった次第です。
鉢植えが増えてくると、ふだんの水やりや植え替えなどの世話で発生する土汚れも加速します。
(写真撮ったりもするので)そこが気になってね...。

200614

今回購入したtakagiのnano nextシリーズ、巻いたホースが収まるケースの小ささは、ホームセンターのホース売場でも際だっていました。
(特に、10m巻きのサイズ感は完全に「これくらいのクッキー缶あるよね」レベル。)

ホースもみずまきもコンパクトに nano next←メーカーの解説ページ

蛇口とのジョイントも散水パーツも、ホースを巻くハンドルまでもが小さなボックス内へ綺麗に収まる仕組みは、トランスフォーマーのロボットを見ているよう。
箱のデザインも何かの小型家電(コンパクト型デスクトップパソコンの筐体とか...)みたいな感じです。
グレー系とブラウン系の色違い製品があるのもおしゃれ...。

ボックスのサイズ(WxDxH mm)はホース長さ別に以下の通り。
10M:137×226×227mm
15M、20M: 152×271×280mm
これぐらいなら、ベランダなどの隙間や凹みにも存在感を消して収納できますね。

どこにでも延ばせるよう20m巻きにしたのですが、バッグのように取っ手を握って楽に持ち運びできるのは、内径7.5mmとけっこう細めのホース(よくある普通タイプのものは内径12~15mm)だからかもしれません。

タカギ(takagi) ホースリール NANO NEXT 20m (BR) ブラウン RM1220BR 【安心の2年間保証】 ← Amazon

 うちのように蛇口のない場所に水を撒くことも出来るよう、洗濯機蛇口や混合水栓などの泡沫蛇口からの接続アダプターとのセット売りもあります。
 (一般的な"外の蛇口"形状に対応するアダプターは、ホースリールにもともと同梱されているので別途買う必要はないです。)

200614

細いホースで心配されるのは水圧です。
大量に付いているAmazonのレビューなど見ても「全然ダメ」から「問題なし」までバラバラ。
お宅の水道事情にも左右される件だから判断に難しかったです。
それに加えてYouTubeで検索した開封レビュー動画などいくつか視聴して、まあ大丈夫じゃないかなという結論に至りました。

購入後、少なくともうちの水圧
(築10年ちょいのマンション。上のほうの階だけど水道が「弱い」と思った経験は特にナシ。)
で判断しますと、このホースは
「洗車に使うにはこの水量では厳しいと言う人も多いかな。
 でも小さめの車ならいけそう。
 ガーデニングや掃除などには問題ないどころか超快適。」
という感じかな。

たとえば、最も水圧が高いであろう1直線で出る水形状「ストレート」だと3m程度先の壁まで水が届きました。
うちのベランダ程度ならこれでじゅうぶんですよ...。

200614

ノズルはスティックタイプで根本の角度が回るようになっており、握りを1回押して通水/もう1回押して止水。
水の出方は4種類ですが、切り替えの加減によってそれぞれの中間的な水形も出すことが出来るのを発見しました。
水圧が確保できる「ストレート」と、水の拡がりが一番大きい「キリ」の間で切り替えダイヤルを止めると床や窓ガラスの汚れ落としに最も効率的で狙いが定まる形状が得られ、とても便利でした!
鉢植え用には「ジョロ」の弱めな水圧が良い感じ。

細いホースなので、使用中のちょっとした折れなどですぐに水が止まってしまうので。
そのあたり気をつかう必要がありますけれど...
取り回しのしやすさや、20m分の巻き取りも意外とラクだったことは驚きでした。

200614

前述の通り、うちは蛇口のついてないベランダですので、家屋内のどこから水を引くか迷いました。
このホースの会社からはさまざまな接続アダプターが発売されています。

ベランダから同じような距離なので「洗濯機蛇口用」と迷ったのですが、風呂場の混合水栓の蛇口アダプターを購入。
万が一、ジョイント部分から水漏れしたりホースが外れたりで床が水浸しになる場合、風呂場なら被害ゼロと考えました。
(水栓を湯のままではなく水に切り替えるのを忘れてはならない。←自分に言い聞かせる)

タカギ(takagi) 泡沫蛇口用ニップル 泡沫蛇口にホースをつなぐ G063 ←Amazon

うちの風呂場の混合水栓は、三栄水栓というメーカーの外ねじ泡沫蛇口ですが、説明書通りに蛇口の泡沫キャップを外し、そのまま簡単に付け替えることが出来ました。
その後、ホースリールのコネクターをカチッとはめて通水も成功。

ちなみに洗濯機蛇口用もこんな感じのシンプルなパーツですが、
タカギ(takagi) 洗濯機蛇口用ニップル 洗濯機用蛇口につなぐ GWA44 ←Amazon

これだと洗濯機を使う都度つなぎ替える必要があるわけで、その手間をも省ける分岐栓(散水用と洗濯用を分水できる)というとても便利なものも売ってました。

タカギ(takagi) 全自動洗濯機用分岐栓 全自動洗濯機から散水用に分水 G490 ←Amazon

とにかく、ホースに関してはあらゆることが出来るコネクターが存在していると知り(自動水やりキットだとか...)ホームセンターでふむふむと眺めたり、通販ページで物色するのも楽しかったです。

200614

200614

というわけで、ベランダや壁・窓の水洗いが存分に出来る方法を確保できたので大満足です。
バケツで無駄な体力を使っていた年月を思うと、もっと早く揃えるべきでした。
とにかくこのコンパクトさ、かなりおすすめです。

(今までは、じょうろを持って何往復もしていた)私の園芸活動にも威力を発揮するといいな〜。

[ベランダ園芸のこまごま] | 固定リンク | コメント (2) | ↑top

2020.04.07

春の花を眺めたり育てたりのこまごま。

200325

自分を心配する程度にはこの一ヶ月程ちょっと元気がない(←ブログの更新頻度含む。)のですが。
非常事態宣言まで出てしまった本日ですから仕方ないですね。
なんとか細心の注意を払って乗り越えたいと思います。
皆さまもどうぞご自愛ください。

200325

200325

200325

体も元気になってきたので、一時休止していたベランダ園芸も小規模進行ではありますが今春から再開しています。
小花密集系が好きなので、いろいろと選んで植えていきたいです。
かわいい紫陽花も欲しいな...

200325

この春はチューリップを育てていたのですが
(ホームセンターの園芸売場に、15〜20球くらいが既に埋められているプランターが売ってるのです。1000円くらい。花色もさまざまに選べます。)
つぼみが出現した時点では茎が短すぎて異常気象のせいなのか、そういう品種なのか....悩みました。
Macのチューリップ絵文字並みに可愛かったけど。
しかし、つぼみ以降の背丈の伸びがめざましく、毎朝水をやるのが楽しみに。
開花時はすらっとチューリップらしくなりました。

200407

人の世界はこんなだけど、花は毎年変わらず元気で綺麗だなあ。
というわけで、まずは園芸ネタをまとめてみました。
物欲系の話はこの次に。

[ベランダ園芸のこまごま] | 固定リンク | コメント (0) | ↑top